フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« エコカー減税、補助金も。 (先食いでね) | トップページ | もっとビシッと、毅然にやってよ »

2009年11月 6日 (金)

ヒラノくせに官房長官 パート2

 だからですね、言ってるんですよ。ヒラノ官房長官を首にしろって。
この「機密費」を前河村“ポソポソ”官房長官から引き継いでいるくせに「そんなものあるんですか」とおとぼけ、それでかわせると思っている方がどうかしています。

 いま、国会の予算委員会で鳩山首相の個人献金問題や過去の発言で、それこそ苦しい答弁をしています。で、自民党のアホタレにですね、追求されて陳謝や過去の発言の撤回を強いられているんでしょうが。

 そこへ持ってきて、新たにクサレ自民党にエサを与えるようなヒラノの「さあ、ドウゾ突っ込んでさい」的な言動で、自分で自分の首を絞める。ワタシャ怒りを通り越して笑ってしまいます。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日.jp

平野官房長官:官房機密費、公表せず 首相「私は一切触らない」

平野博文官房長官は5日の記者会見で、首相や官房長官の判断に基づき領収書なしで自由に使えるとされる内閣官房報償費(官房機密費)について「オープンにしていくことは考えていない」と使途や金額を公表しない方針を明らかにした。鳩山由紀夫首相もこれに同調。野党時代に機密費の透明化を求めてきた民主党の方針転換に共産党からは「政権交代したのだから公表すべきだ」と批判の声があがった。【横田愛、岡田英】

 平野氏は政権発足翌日の9月17日の記者会見で機密費について「そんなのあるんですか」などと述べていたが、5日の会見では、麻生政権の河村建夫前官房長官から引き継ぎを受けたことを認めた。

 「過去の民主党が透明化を言ってきたのは事実だが、報償費という性格上、相手のあることだ」。平野氏は機密費を「内閣にとって重要な情報収集の対価」との認識を示し、支出の適正さについては「私が責任を持って判断する。信頼いただきたい」と述べた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 野党時代に機密費の透明化を言ってたんなら、すんなり透明化すれば良いだけじゃないか。そう思いません?「相手があることだ」って金を渡した相手に気を使うってことでしょうか。変な使い方をするって、自分で告白してるようなもんだ。しかも2002年からは官官接待の飲食費には使っていないって、前政権の言い訳までしちゃっているし。自民党は大助かりだわ。

 てゆーか、このお金よっぽど使い勝手が良いんだろうな、と国民に疑惑をもたれるだけでして。ヒラノがいくら「信頼して頂きたい」って言っても、あんただから余計信頼できないんだってえの。

 国民はこういう部分の公正・透明性というのを、一番民主党に求めてるんでしょうが。でなけりゃ、今までのクサレ自民党と同じように、疑心と暗鬼を持たれてしまい、結局政治はこんなもんだという不信につながると思いますがね。

 そりゃ、いろんなマニフェストや公約の実現も大事だけど、政治への信頼を取り戻すのが最優先で、それをやらなきゃ下野した自民党と同じ運命を辿る事になりましょうぞ。

« エコカー減税、補助金も。 (先食いでね) | トップページ | もっとビシッと、毅然にやってよ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、皆さん、こんばんは

民主党もブーメランに悩んでいますね。
身から出た錆なのですが。
それは、自民党が政権を担ってきて、その失政の責任を棚に上げて、鳩山政権を追及するのとは、次元が違いますが。
野党の発言には政権を担当していないという意味で責任はないですが、自民党の失政には無数の犠牲者がいるのとは、月とすっぽんほどの差があります。
自民党のやり方、自民党の予算、自民党の制度を追認していると、国民の支持は段々低下していくでしょう。
臆せず、野党時代の方針、マニフェストを貫いて欲しいものだと思います。

鳩山政権は野党時代の発言と、与党になったときの行動が変わってきました。
特に、平野官房長官の機密費発言は許せないですね。
青森県で職員の旅行などに餞別を贈っていたのが問題となっていますが、機密費でも似たようなことがあったと言われています。
民主党議員もその恩恵に預かっているから、発表できないのかも知れません。
引き継ぎのときに、河村前官房長官に釘を刺されたのかも知れません。
民主党議員も貰っていれば誤りを認めればよいのです。
自らの過ちを隠そうとしていて、大胆な改革はできないと思います。
恐らく、自民党への無節操な使い方が遥かに多いでしょう。
できれば、即時の情報開示、最低でも10年経てば、すべてオープンにするくらいことにするのが当然です。
ソウすれば、開示を前提とした健全な機密費(褒賞費)の使い方になるでしょう。

機密費だけでなく、後期高齢者医療制度、年金機構、消費者庁も引き継ぐ、自民党の予算を大胆にカットできない、普天間の国外移転を表明できないなど、大事なことが決定できていません。
本当に命がけでやっているのか疑問です。
平成維新、無血革命といわれていますが、革命なので、自民党政治で潤ってきた人などで出血があるのは当然です。
激変緩和は弱者だけです。

悪政の自民党にも戻せないし、新自由主義の河野派自民党にも政権は渡せません。
鳩山政権に頑張って貰うしかなく、中途半端でなく当初の予定通り大胆に実行して欲しいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46689655

この記事へのトラックバック一覧です: ヒラノくせに官房長官 パート2:

« エコカー減税、補助金も。 (先食いでね) | トップページ | もっとビシッと、毅然にやってよ »