フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 自民 苦しい台所事情 | トップページ | 長い目で見守るにも、「程度」というものがあります »

2009年11月24日 (火)

新旧官房長官会話

 <新旧官房長官会談>

K:あのー・・、大変叩かれてますねぇ。

H:ハ?なんのことですか?そんなものあるんですか?承知していないですね。

K:とぼけるのは如何なものかと。

H:あのね、かばってあげたでしょ。2憶5千万。鳩山さんにも「とやかく言わない」って、言わせたんスから。

K:答える立場にありませんから。

H:調べる立場にありませんから。

K:話が終わってしまうじゃないですか(笑)。ま、しかし。自民党も苦しいのでね少しばかり機密費を、機密に処理して。

H:しかし、2憶5千万て、郷ひろみじゃあるまいし。あれは2億4千万か(笑)。ホントのところ何に使ったんですか?

K:本部の光熱費と、あとは・・マスコミに配ったんだったかなぁ。麻生さんの悪口書かないようにって。人気なかったからねえ。そんなとこだったような気が・・忘れた。

H:忘れたって(笑)。

K:アンタもそのうち、そうなるから。

H:それについては、答えを差し控えたいですね。

K:「答えを差し控えたい」言いすぎ、使い過ぎ。機密費とおんなじ(笑)。

H:アナタに言われたくない。ワタシャまだ1億2千万しか使ってないってえの。でもねぇ、気の利いた、他の言い方知りませんからねぇ。後は「ガンバロー」ですかね。

K:そうかあ、マネシタ電器の御用組合出身だったね。

H:そうそう、組合費バンバン使い放題って・・違うっちゅうねん!(笑)

K:おっ、さすが関西出身。ノリツッコミが。

H:ところで、こちらも追求しないんだから、国会の方もお手柔らかに、たのんまっせ。

K:それについては機密費から一億ほど回してくれないかな・・。

H:もうええちゅうねん。君とはやっとれんわ。

(やっぱり漫才調になってしまう)

PAT:謙遜と謙譲の音楽

« 自民 苦しい台所事情 | トップページ | 長い目で見守るにも、「程度」というものがあります »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、とうとう漫談、いや、皮肉が出ちゃいましたね(笑)

さとしさん、どうもです。

うーん、いまいちですね。やきとりさんに怒られそう(笑)。

お見事でございます。この組合せはまったく思いつかなかったなあ。双方ともに曖昧な物言いが、実にリアルで気持ち悪いです(笑)。それにしても民主党がコロッと態度を変えちゃうほど、機密費というのはよっぽど使い勝手が良いのでしょうね。私も民主党に投票したんだから、2、3万円ほど融通してくれないかしら?

やきとりさん、どうもです。

恐縮です、切れ味が悪いですね。やはり、本家の「会話」を読みとうございます。

使い勝手が良いんでしょうね、なにしろ領収書が要らないのだそうでございましてよ、奥様。
私も民主党に投票しましたから、2、3万円と言わずに、どーんと。
5、6万円は頂けませんかしら(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46848801

この記事へのトラックバック一覧です: 新旧官房長官会話:

» 便所紙のむちゃくちゃ面白い記事 [雑感]
  いよいよ 便所紙産経も末期 のようである。早朝というか 深夜に流される記事は、主に民主党のネガキャン記事 であるかまたは 民主党にとって有利な出来事があった場合には、芸能ネタをトップに据え て置く事が多い。 今朝も、眼が覚めWEBニュースを見たのだが相変わらずの状態である。今朝は、 小沢氏側に接待攻勢 水谷建設元会長「計1億 渡す というニュースである。 そもそも、「水谷建設が1億円渡した」とされる記事は、 産経が19日に第一報 を流している。 ” 「小沢氏側に5000万円」水谷建設元会長、ダム... [続きを読む]

» 地方紙の砲身が一斉に火を噴く 「機密費」 国民に説明出来ない血税を使うな!! [ブログ blog で 情報交換]
「これは『公表』ではない」(信濃毎日新聞)、「非公表なら自民と同じだ」(琉球新報 [続きを読む]

« 自民 苦しい台所事情 | トップページ | 長い目で見守るにも、「程度」というものがあります »