フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 事業仕分け | トップページ | 寒い日のウダウダ話 »

2009年11月16日 (月)

岡田外相の偏屈ぶり

 初来日したオバマ大統領との会談で、沖縄の普天間基地移設問題で両首脳は「両国の作業部会での協議を持って解決に当たる」と発表した。
のちに鳩山さんが「日米合意が前提にあるのだったら、作業部会は必要ない」と発言した。これについて「ちゃぶ台をひっくり返すような言い方だ」と批判するマスゴミがあったようで。

 ところが今度は、岡田外相が沖縄で「日米合意白紙化は同盟に悪影響」とかってノタマッたそうですね。今度は身内の外相が、ひっくり返したものをもう一度、ちゃぶ台をひっくり返したみたいです。星飛雄馬の一家、「自虐の詩」の夫婦も真っ青(笑)。
しかし、これは何なんでしょうか?外相の偏屈の表れなのか。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>   2009/11/16

外相、普天間など視察 合意白紙化は「同盟に悪影響」

岡田克也外相は16日午前、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場や嘉手納町などにある米軍嘉手納基地を視察した。同飛行場では、伊波洋一市長から在沖米軍の訓練状況や騒音被害についての説明を聞き、嘉手納基地周辺自治体の首長らとも意見交換した。

 岡田氏は同日昼に会見し、米軍再編の日米合意が白紙に戻った場合は「日米同盟にさまざまな悪影響が出る。白紙に戻すという選択肢は事実上封じられている」と述べた。移設問題の解決がずれ込むことに強い懸念を示した。

岡田氏はこの日、普天間飛行場を一望できる高台から滑走路を見学。伊波氏は住宅街に隣接する飛行場の危険性を指摘し、「早めに閉鎖してもらいたい」と訴えた。

 また、嘉手納町役場で開かれた同町の宮城篤実(とくじつ)町長らとの懇談では、岡田氏が嘉手納統合案について「騒音レベルがいま以下になるというのが大前提」と強調。宮城氏は「騒音軽減の約束は全く守られなかった。今の状況をまず軽減してみせろというのが町の考えだ」と述べた。 

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 しかし、フランケン岡田もですね、アメリカとの同盟関係の方が、沖縄の人達の意思より重要だとでも言いたいのかな。日米合意を白紙にしないんだったら辺野古へ移設するのだろうか。それも言わずに合意が大事って。意味不明です。悪影響ってなんだ。
アメリカは沖縄の海兵隊基地移設問題で、すぐにでも同盟破棄するとでも言うのでしょうか。

 鳩山さんの意見と食い違っているのは、このニュースを信じる限り間違いないですね。ここまで総理の言葉をひっくり返す外相の発言はいかがなものか。そこまで意見が食い違うのなら、お辞めになれば如何か?

« 事業仕分け | トップページ | 寒い日のウダウダ話 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
事業仕分けとか、この米軍基地問題、JAL問題とか
民主党のキリッとしない動静にはちょっとゲンナリですよね。

閑話休題。ところで、チラシの件ですが、新聞購読止めても
チラシチェックできるサイトがあるようですよ。知らなかった
のですが、今日の産經新聞が記事にしてました。
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/091116/sty0911160815000-n1.htm

その紹介しているチラシサイトは
http://www.shufoo.net/
です。

kabumasaさん、コメントありがとうございます。

仰るように、民主党のキリッとしない姿勢には、5月病を超えて11月病になりそうです。

ところで、チラシのサイトありがとうございます!こういうのがあるんですね。
早速嫁ハンに教えてやります。

こんばんは

国土庁事務次官だった下河辺氏のインタビュー記事をTBをしておきます。

彼は、沖縄返還前から沖縄と関係があり、佐藤内閣の筆頭秘書官・楠田實氏も沖縄については聞きに行っていたという方で、普天間の問題のときの橋本内閣の内閣官房長官・梶山静六氏に命じられ実際に普天間の基地へ出かけ基地内部や機器まで見ています。もっとも本人は、普天間の跡地の問題や移転先にも関わったものと自分は考えています。

普天間返還が決まった時の事情と嘉手納統合案がつぶれた理由もブログにも書いてあります。その後アメリカの民主党が野党時代に一時期嘉手納統合案容認ありましたが、アメリカの民主党・日本の民主党ともに野党時代の話ですから(笑

2004年の年末には、又米空軍嘉手納基地の第18航空団司令官のジャンマーク・ジュアス准将が無理だと明言をして今に至っています。

つまり、両方とも野党時代の話を真に受けた岡田って「お馬鹿さん」以外の何者でもありません。現実に、ブッシュ時代の国防長官であるロバート・ゲーツ氏がオバマ政権でも国防長官なのですから、ある意味では岡田の行動と発言は「信じられない」です(笑

udonenogureさん、ありがとうございます。

いつも詳しい解説、感謝です。ということは嘉手納統合案なんて、地元にも反対され、アメリカにもNOと言われ。
フランケン岡田は四面楚歌ではないですか。引っ込みがつかないんでしょうねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46780329

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田外相の偏屈ぶり:

» 普天間問題の認識違い [雑感]
  「 普天間は返してくれ 」というのが当たり前である。なぜなら日本の領土であるからなのですから。 普天間基地を返してもらうために、辺野古に基地を移転をする。それが、今までの自民党(日本政府?)とアメリカ側の合意であるという。でもこの理屈は正しいのだろうか? なぜに「日本政府?」と書いたというと、13年かけていながら、いまだに進展しないからである。それは、 日本国内にいろいろな思惑があったから他ならない。 アメリカ側は、一貫しているのであるが、最近は、事情が微妙に変わってきたこともこれもまた事実では... [続きを読む]

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/11/17 09:51) [ケノーベル エージェント]
宜野湾市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 事業仕分け | トップページ | 寒い日のウダウダ話 »