フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 普天間移転問題 | トップページ | 日本郵政人事 »

2009年10月25日 (日)

本当に、どのツラ下げて、だね

 よく知らないが、ウルトラセブン?か何かの吹き替えにあの恥知らずペテン師コイズミが出演とか。少し前のネットニュースで見た。
よくもまあ、国民に痛みだけ押し付け、自分はクソガキにさっさと跡目を譲り、悠々自適の楽隠居を決め込んでいる、そんなお気楽生活ぶり。それを眺めるだけでもむかっ腹が立つ日曜の昼下がり。

 ま、そんなガキ向けの番組、どうせ見ないからほっとけ、と思っていれば、今度はそのペテン師を芸能界が、そのたぐい稀な厚かましいキャラを巡って、争奪戦を繰り広げているそうだ。
ま、世も末ですな。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

リアルスポーツ   2009/10/24

小泉純一郎元総理大臣(67)の争奪戦がぼっ発している。といっても、もちろん政界の話ではない。人心を集めることにかけては天下一品の同氏を、タレントとして獲得すべく大手芸能事務所が争っているというのだ。「契約金に億を払っても惜しくない逸材」(大手事務所関係者)という前評判の高さだけに、“カリスマ政治家”の人生第二幕が注目されそうだ。

 「タレント業に転身、とまでいかなくてもいい。本人に少しでもテレビに出るつもりがあるのなら、業界にとってはかつてないほどの逸材となる」
 こうささやくのは大手芸能プロ関係者。政治家を引退した後も国民人気の高い小泉元総理をタレントとして迎えるべく、芸能事務所が水面下で争奪戦を繰り広げているという。
 小泉元総理といえば、2001年から5年半にも及ぶ長期政権を維持した名首相。「劇場型政治」を駆使し、「自民党をぶっ壊す!」「痛みを伴う改革」など自分の言葉で国民を鼓舞する術にたけていたことも記憶に新しい。「政治家として彼がやったことは、実はほとんどが改悪。にもかかわらず国民人気は最高で、総選挙のときなど彼が選挙カーの上に立っただけで聴衆が集まって、ありがたくお言葉を拝聴するわけです。時代が時代なら『独裁者』になれたかもしれない、何かを持っている」(政治部記者)

(くだらんから後略)

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 この記事は「小泉首相といえば、2001年から5年半にも及ぶ長期政権を維持した名首相」と、信じられない持ち上げ方をしながら、片や「彼がやったことは、実はほとんどが改悪」と叩き落とすという両論併記をしていて笑わせる。

 ゴミウリ系のくだらんタブロイド紙のことだから、トンデモ記事なんだろうけども。しかし、あの厚かましい御仁のことだから、コウタロウと共にお笑いコンビでも組むつもりかもしれない。「人生いろいろだねー、首相からお笑いになった人は私だけ」なんて言いながら(笑)。

 この前のウルトラなんとかの吹き替えってさ、私が見てた頃のウルトラセブンは「シュワッチ」ぐらいしか言わなかったもんだ。何をグチャグチャ喋る必要があるっていうのだ。

 まあしかし、これだけ国民が疲弊する原因を造っておきながら、よくもまあ、のうのうと出てこれるもんだ。昔なら閉門蟄居、お家取りつぶし、市中引き回しの上、獄門打ち首、さらにさらに~、遠島申しつけるものなり~。(打ち首の後、遠島は変だな)ぐらいの沙汰が待っている筈。

 本当に「どの面下げて」と言いたいところだ。
「どの面」で思い出したけれど。昨日も書いたが、いしいひさいちさんの4コマ漫画(サンデー毎日連載「お笑い いしい商店)に出てるアベシンゾーの顔が(爆笑)。

おでこに    「どの」

左頬に     「ツラ」

右頬に     「さげて」

と大きく、墨痕鮮やかに描いてあるのには、心底笑わせて貰いましたね。

 

« 普天間移転問題 | トップページ | 日本郵政人事 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46580137

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に、どのツラ下げて、だね:

» 民主単独過半数への道筋 [kimekime25]
アクセスに 深く 深く 感謝いたしております。 さて 神奈川&静岡の参院補選は 民主の勝利になり 参院での民主議席数が 限りなく過半数に近くなりました。 自民と民主による 無所属議員の切り崩しで 国民新党と社民の議席を当てにしなくとも 何とか過半数に持ち込みたい戦略で この補選の結果 切り崩しが加速されそうです。 これで 民主会派が過半数までは2議席と思ったが・・・。 ********「朝日新聞」************@参院補選、民主2勝 衆院選の勢い維持2009... [続きを読む]

» サンプロを選挙違反で訴えろ! [雑感]
  日曜は、参議院の補選であった。7時から投票開始なので、時事放談をみてから自宅を出て投票場へ向かった。 今朝の、テレビの討論番組は郵政社長人事での 「斉藤氏起用問題」 一色であった。果たして、参議院補選の日に流す番組として適切な内容であったのか疑問がわく。 「番組内容が選挙結果に影響を与えかねない」 ということは考慮はしないのであろうか。もし自民党政権下であったなら、局にクレームが入ったのではなかろうかとさえ思える内容であった。 「選挙結果に影響を与えかねない」内容であっても「言論の自由を押し通す... [続きを読む]

» 谷垣と大島 おまけで阿比留 [雑感]
昨日、鳩山(由)首相の所信表明演説を見ていた。 その前に、 コラ! 国会に居眠りに来るんじゃない! 内容の部分については、後ほど述べるとするが鳩山(由)首相・表明演説の国会内での雰囲気(感想) を、早速自民党の谷垣自民党総裁と大島自民党幹事長が、コメントで批判ともならない批判ををしている。 谷垣は、 「ヒトラーの演説のときにヒトラー・ユーゲント(ナチスの青少年組織)が賛成しているような印象を受けた」 というものである。また、大島は 「郵政選挙後、小泉元首相の演説に自民党新人議員が拍手していたが、それ... [続きを読む]

« 普天間移転問題 | トップページ | 日本郵政人事 »