フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

「総務省顧問に橋下知事ら」って

 原口総務大臣が、地方分権改革の顧問に御存じ大阪のトッチャンボーヤや横浜の女性スキャンダル→逃亡市長や、埼玉のドーカツ知事などに要請したそうで。
なんじゃそら。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日.jp   2009/10/30

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091030k0000e010036000c.html

原口一博総務相は30日、地方分権改革について総務相に助言する顧問に、橋下徹大阪府知事ら首長14人(前職含む)を充てる人事を発令した。原口氏は既に郵政民営化見直しなどにかかわる顧問9人を任命しており、これで顧問は計23人。各府省の顧問は通例では事務次官経験者ら1~2人程度で、いない場合もある。原口氏はさらに言論の自由に関する顧問を数人指名する意向で、異例の大顧問団が誕生しそうだ。

 今回起用されたのは、上田清司埼玉県知事や松沢成文神奈川県知事、河村たかし名古屋市長ら民主党の衆院議員出身者や、橋下氏らが結成した「首長連合」の中田宏前横浜市長、中村時広松山市長ら。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 この地方分権改革で、原口はこのあいだ、経団連の便所野郎と意見交換会を開き「経団連と同じ考えを共有している」とノタマッタみたいだ。道州制の推進で一致したような事を言って。

 民主党の公約に道州制への移行というもんがあったのか?(昔はそうだったみたいだけど。)300の基礎自治体に再編し・・とか云うのを見たような気がしますが。もう止めたのかな。気に入らないのは、経団連の道州制と同じか?という点だ。

 それを強力に後押しするハシゲなどの「なんとか連合」とかいう奴らの暴走メンバーだと思うけど。経団連の道州制って今の土建、社会保障の既得権益を国から奪い取り、独裁みたいな知事を操って、またもや我田引水しようってことじゃないのか?

 原口総務相はやっぱり、そんな連中とツルむおつもりか。やはり松下政経塾の出身らしく、PHPのエグチ某の息がかかっていると思うのは間違いかな。私が反対してもごまめの歯ぎしりだけど。

原口さんよ、ワシャ、反対じゃ。

2009年10月29日 (木)

派遣から有期雇用へ

 自公政権やマスゴミ等が昨年来、金融と経済の危機を煽り、「百年に一度」をどれだけ流布してきたか。結果、近視眼的な経営戦略しか持ち合わせていないアホな経営者が大量の派遣、非正規雇用の人々。それに正社員も数多く解雇しました。

 ただ、マスゴミや当時の自公政権が盛んに強調するほどの危機だったのか?私にはそんな疑問が渦巻くのです。
労働力の過剰感の処理方法、政府からの補助金の引き出しのアリバイ作り、理由づけ。そういったものが、経済界をして「百年に一度」と言われる危機に便乗しなかったか?これは天の邪鬼な考えでしょうし、トンデモ陰謀説の部類かもしれません。

 でも、たった一年で半期の黒字企業が続出する今、それを検証する経済評論家っていないもんでしょうか?私ごとき素人ブログには、ただ疑問を書き連ねることしかできません。なんだか、春先に吹き荒れた新型インフルエンザの大騒ぎと同質のものを見るような気がして仕方がないのです。
そんな中で実行された、昨年来の非正規雇用の24万人と言われる「首切り」が「百年に一度の危機」というワンフレーズで行われたとしたら、それは犯罪だと言えるでしょう。

 そしていま、新政権になり民主党や連立与党は「製造業への派遣禁止」を打ち出し法制化に動き出しました。盛んに派遣の問題点は指摘されています。私自身も派遣で生計を立てていたことも有り、この問題について深く関心を持っています。
コイズミ・竹中路線で原則自由化された労働者派遣法は安全網を外され、労働者の使い捨てを許してきました。

 派遣法の改正は、早晩是正されて行くでしょうが、将来の問題は派遣だけじゃなく非正規雇用労働者すべてに広がっていくものと予想されます。
ずる賢い企業は派遣というものが規制されることを予見して、すでに着々と手を打っています。
派遣から【期間従業員、契約社員、有期雇用】へという流れです。

 今や三人に一人は非正規雇用労働者です。これは先日、厚労省が発表した貧困率と強くリンクしています。細切れの有期雇用が招く、不安定な生活は容易に想像できるでしょう。つまり、派遣法改正だけではこの不安定な労働環境が、良くならないことは火を見るより明らかです。

 派遣法改正だけでは細切れ雇用と貧困の問題点をカバーできないことは明白で、抜け穴探しの得意な企業は、製造業の派遣禁止が法制化された時、困らないように期間工や契約社員などに逃げるつもりです。

 朝日新聞の「政策ウオッチ」というコラムでこの非正規雇用の問題点を取り上げています。以下に転載します。

朝日新聞    2009/10/29 「政策ウオッチ」

 期間従業員や期間社員など、期限つきの雇用契約で働く人たちの法規制を考えようと、厚生労働省が立ち上げた研究会の議論が盛り上がらない。23日は8人の学識経験者のうち半数が欠席し、出席委員の自発的な発言もほとんどなかった。同じ非正社員でも、派遣労働の規制に向けては白熱した審議が続いており、落差が気になる。

 研究会に示された論点は意欲的だ。有期契約で雇える理由を制限するか、勤続年数や更新回数に上限を設けるか、正社員との均衡待遇を義務づけるかなどで、働き方を根本から変える可能性がある。

 昨秋以降の不況で、仕事を失う24万人の非正社員を見ても、期間従業員や契約社員などが4割を占める。派遣社員が6割と最も多いが、派遣だけを規制しても不安定な働き方はなくならない。

 非正社員については、民主党も政策集で「労働条件確保に取り組む」とうたっていたはずだ。働く人の3割を占めるまでに増えた人たちを、労働市場でどう位置づけていくのか。政治も交え、もっと積極的な議論が聞きたい。             
(林恒樹)

                                                                         

 林記者の意見に全く同感です。新政権もこの事をよく踏まえ、派遣法だけじゃなく非正規雇用全体に規制を設けなければ、仏を造って魂入れずということになりかねないと思うのです。

 したがって、企業側の都合のよい働き手、非正規雇用(繁忙期は雇い、暇になれば契約解除)という雇用形態はジャストインタイムで人間を利用しようということで、いつまで経っても、企業の労働者に対するモノ扱いは改善されないということです。

 そして、規制法だけでは有効ではなく、正社員を雇用する企業の法人税を割り引くとか、或いは非正規雇用の割合が多い企業に対するペナルティ(罰則規定)を導入しないと駄目だということは、今までの労働政策が物語っています。

2009年10月28日 (水)

百年に一度って、こんなもんですか

 去年の9月、リーマンショックとかで、「ミゾウユーの危機、百年に一度の経済危機」って、確かその時のアホーアッソー総理がノタマッていましね。スワッ、大変だ!会社が危ない、日本経済はどうなる?!言ってましたね。なにしろ「百年に一度」だから。くどいけど「百年に一度」ですよ。ひゃくねんにいちど。

 自然現象で百年に一度といえば、大変なものだ。例えば台風なんかだと百年前の記録がないだろうから、近い歴史でいうと、昭和34年に襲来した伊勢湾台風。その時の死者数4697人、行方不明者数401人、負傷者数38921人。災害対策基本法というものが、この台風を教訓として出来たと言うぐらい、大変な被害をもたらした台風だ。
その、未曾有の台風が、今からちょうど50年前ですな。百年という年月だと、もっとすごい記録があるかも。

で、この、「リーマンショック」による経済危機。
その1年後。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com >     2009/10/28

ホンダは27日、10年3月期の連結営業利益の見通しを、7月下旬の前回予想より1200億円多い1900億円に上方修正した。経費削減に加え、各国のエコカー購入支援策による販売台数増が寄与した。上方修正は2回目。計1800億円の上積みで、前期(1896億円)より0.2%の増益予想に転じた。

 売上高は前回予想より1700億円多い8兆4500億円(前期比15.6%減)、純利益は1千億円多い1550億円(同13.1%増)とした。四輪車の世界販売台数予想もアジアと国内を中心に計10万5千台積み増し、340万台(前期比11万7千台減)に引き上げた。

 営業利益を押し上げる最大の要因は、広告宣伝費や研究開発費などの経費を想定より500億円多く削れることだ。四輪車と二輪車の販売増が320億円の押し上げ効果となる。米ドルの下期の想定レートは前回想定より5円の円高ドル安となる1ドル=85円としたが、ほかの通貨に対する円安で影響をほぼ相殺できるという。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 ほほー。
ま、これはホンダのケースだけど、他にも東芝も黒字を出したとか。
御同慶の至りですね。エコポイント、エコカー減税が寄与した?へー。誰の金で?各国国民のねぇ。そうですかー。トヨタはまだ発表してないのですか。
で、再配分は?あっ、しないのね。そうですなー、いつもですからね。

 その他、300億円の公的資金注入を受けた、DRAM大手のエルピーダメモリね。半導体市況の回復で、もうすでに、2年ぶりの黒字だって。
金返せよな、オイ。
全ての半導体企業の経営陣のツラを、TEL(東京エレクトロン)の装置の中に突っ込んで、60度に熱したイソプロピルアルコールで洗浄したいですな。

 前代未聞で“ミゾウユー”の、百年に一度の経済危機でもさ。1年足らずで黒字になるんですか(笑)。やはり不断の努力と、労働者苛めの賜物ですな。
労働力が不要になれば契約を切れば良いのだしね。労働者は「モノ」だし。さすが、世界に冠たる日本企業です。

結構な商売だな。え?

普天間、辺野古への移転が民主党のマニフェストかよ。

 最近、時事ネタというか、このブログで展開しているオヤジ政治談議の扱いに困る事が多い。今までの腐敗自公政権だと舌鋒鋭く(笑)追求できるんだけど。連立新政権の閣僚の中にやっぱり変な奴もいる訳で、それに対して突っ込みを入れたいのは山々だが、そこはそれ。変に遠慮してしまうところが出てくる。まあ、政権交代を支持してきた身としては自然な心理だと思うのだ。これは書かずに穏便に・・と思ったりしてね。

 だけどここ最近、閣僚の発言に「おかしいだろ!」ということが多くなってきた。言いたかないけど書かずにおれない。
オイオイオイ、しっかりしろよな新政権!ということだ。

 何度か批判しているヒラノ官房長官。このアホな策士は再三指摘しているように、すぐに馬脚を現す。昨日も国会答弁メモの作成指示を【勝手に】官僚が行ったと言い、私は関与していないと言ってるが、本当にそうなのか?何も指示されていないのに、官僚が自ら率先して気を使ってやったというが怪しいもんだ。マスゴミに嗅ぎつけられ、苦しい言い訳をしている。

 ヒラノ官房長官は、記者会見のオープン化でも、ナベツネに脅かされ腰砕け、官房機密費での「そんなものあるんですか?」発言。概算予算要求でも金額を少なく見せようとした。そして今回でイエローカード4枚目だ。
サッカーなら2枚で退場だ、分かっているのか?当然、即退場だな。

                     (北沢防衛大臣)

 そしてこれが一番憂慮する問題だ。
北沢防衛相、この人は防衛省の伏魔殿体制に完全に取り込まれている。沖縄の普天間基地移設問題で「今の合意計画でもおかしくない」と言い、さらに自衛隊の海上給油を継続するようなことを言いだした。
だいたい、辺野古に座り込んでる反対派の人達にも会わなかったそうだから、初めからそういう人だったかもしれないが。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日.jp   2009/10/27

 北沢俊美防衛相は27日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)をキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)へ移設する現計画について「国外移設や県外移設という我々(民主党)の選挙公約をまったく満たしていないと認識するのは間違いだ」と述べ、容認する姿勢を改めて示唆した。

 日米政府が合意した在日米軍再編計画には沖縄の米海兵隊の一部をグアムへ移すほか、普天間飛行場のKC130空中給油機を岩国基地(山口県)に移転することが盛り込まれており、北沢防衛相は鳩山由紀夫首相が衆院選で公約した「国外・県外移設」に当たるとの見方を示した。しかし、同党は衆院選マニフェスト(政権公約)で米軍再編計画について「見直しの方向で臨む」としており、現行の再編計画をそのまま認めることはこれと矛盾する。

 普天間飛行場の移設計画をめぐっては、鳩山首相が県外移設の可能性を否定していないほか、岡田克也外相が米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)への統合を軸に検討する考えを示している。首相と関係閣僚の見解が分かれている状況は、臨時国会で野党から追及されそうだ。

 北沢防衛相はまた、インド洋での海上自衛隊の給油活動を継続する可能性について「それはない」と否定し、東アフリカ・ソマリア沖の海賊対策への転用を検討していることを明言した。【仙石恭】

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 北沢大臣が言うように、普天間移設の辺野古への現移転計画が、民主党の国外や県外移設という公約に反していない、というのはどう考えても無理筋だ。日本語が読めないか、意味を理解できないとしか思えない。

 さらに、海上自衛隊の海上ガソリンスタンドもソマリア海賊対策でやるってか?結局それは、どう考えても給油活動の継続だろ。
北沢さん、そんなにガソリンスタンドやりたいか?危険物の乙四でも持っているのかよ。

 北沢大臣、防衛省のヘドロに早くもどっぷりとつかってしまった格好だ。防衛官僚に懐柔されてしまったな。或いは北沢さん、長島昭久の毒気にでも当てられたか。鳩山さんも岡田さんも火消しに躍起だ。
もう、罷免を考えるべきだろう。

 鳩山さん、リーダーシップをもっと発揮しろよな。
だいたい、他にも閣僚の口が軽い。
政権公約と連立合意の整合性を持たせた内容ぐらい、閣僚の皆さんはさぞかし頭が良いんだろうから考えて発言しろって。
他にも言いたいことが沢山あるが、今日はこれぐらいにしとったるわ。

2009年10月27日 (火)

日本郵政人事

 昨日の鳩山所信表明、52分の演説で異例の長さだったそう。初めから終わりまで拝聴した。総理が信ずるところを申し述べる、という意味でこの演説は大変良かったと思う。いつものように、自民党やマスゴミは具体性に欠けるだとか、為にする批判を繰り返している。

 でも、自民党の「あれもします、これもします」と言いながら、その実なーんにもしない、しかも挙句に「公約なんて守らなくても、たいしたこたーない」と開き直るより余程ましだ。アホーアッソーなんて、去年は逆質問してたし。

 話変わって、これだけ政治的な「民間」企業はないと思われる、日本郵政の社外取締役に作家の曽野綾子を内定との、ニュースが流れていた。あのバアサンを?極右の三浦朱門の嫁の。

 被災した人々に対して、「避難所で救援物資を当てにして待っている避難者は甘え過ぎだ」と言いながら、ペルーのフジモリ元大統領が亡命した時には住居を提供し「クリスチャンとして、困窮している隣人に手を貸すのは当たり前」と著名人と庶民に対する見解がこれだけはっきりと、ダブルスタンダードな右翼バアサンにねぇ。(wikipediaより)

 それが、社外とはいえ取締役か。この意向は次期社長の斉藤氏のものだということで、その他、トヨタの奥田碩も残り、私の感想として、なんなんだ?この人事は、と言うしかない。
まさか、奥谷禮子も残ったりしないだろうね。
斉藤次期社長ってそういう人だったか。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日.jp  

日本郵政グループの持ち株会社、日本郵政の取締役に作家の曽野綾子氏(78)が内定した。28日にも開かれる同社取締役会で正式に決定する。関係者によると、次期社長に内定している元大蔵事務次官の斎藤次郎・東京金融取引所社長が就任を要請し、曽野氏の内諾を得たという。

 曽野氏は聖心女子大学卒のクリスチャンで、保守系論客として知られる。代表的な著作に「誰のために愛するか」「貧困の僻地」「哀歌」などがある。日本財団(財団法人・日本船舶振興会)の会長を95年から05年まで務め、貧困、格差問題などに力を入れた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 日本財団で格差や貧困に力を入れたって書いてるけども、戸締りと火の用心を推進していたのかと思っていた。

 疑問なんですが、虚業という誹りもある作家という職業の人が、実際に何が出来るのでしょうかね?例えば他にも、東京都副知事のイノセ某とか。作家業だけやっていれば、と思う。
率直に言って、そんな人が役に立つのでしょうか。グチャグチャ言いながら金だけ貰っている、という印象なんですな。

 

 

2009年10月25日 (日)

本当に、どのツラ下げて、だね

 よく知らないが、ウルトラセブン?か何かの吹き替えにあの恥知らずペテン師コイズミが出演とか。少し前のネットニュースで見た。
よくもまあ、国民に痛みだけ押し付け、自分はクソガキにさっさと跡目を譲り、悠々自適の楽隠居を決め込んでいる、そんなお気楽生活ぶり。それを眺めるだけでもむかっ腹が立つ日曜の昼下がり。

 ま、そんなガキ向けの番組、どうせ見ないからほっとけ、と思っていれば、今度はそのペテン師を芸能界が、そのたぐい稀な厚かましいキャラを巡って、争奪戦を繰り広げているそうだ。
ま、世も末ですな。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

リアルスポーツ   2009/10/24

小泉純一郎元総理大臣(67)の争奪戦がぼっ発している。といっても、もちろん政界の話ではない。人心を集めることにかけては天下一品の同氏を、タレントとして獲得すべく大手芸能事務所が争っているというのだ。「契約金に億を払っても惜しくない逸材」(大手事務所関係者)という前評判の高さだけに、“カリスマ政治家”の人生第二幕が注目されそうだ。

 「タレント業に転身、とまでいかなくてもいい。本人に少しでもテレビに出るつもりがあるのなら、業界にとってはかつてないほどの逸材となる」
 こうささやくのは大手芸能プロ関係者。政治家を引退した後も国民人気の高い小泉元総理をタレントとして迎えるべく、芸能事務所が水面下で争奪戦を繰り広げているという。
 小泉元総理といえば、2001年から5年半にも及ぶ長期政権を維持した名首相。「劇場型政治」を駆使し、「自民党をぶっ壊す!」「痛みを伴う改革」など自分の言葉で国民を鼓舞する術にたけていたことも記憶に新しい。「政治家として彼がやったことは、実はほとんどが改悪。にもかかわらず国民人気は最高で、総選挙のときなど彼が選挙カーの上に立っただけで聴衆が集まって、ありがたくお言葉を拝聴するわけです。時代が時代なら『独裁者』になれたかもしれない、何かを持っている」(政治部記者)

(くだらんから後略)

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 この記事は「小泉首相といえば、2001年から5年半にも及ぶ長期政権を維持した名首相」と、信じられない持ち上げ方をしながら、片や「彼がやったことは、実はほとんどが改悪」と叩き落とすという両論併記をしていて笑わせる。

 ゴミウリ系のくだらんタブロイド紙のことだから、トンデモ記事なんだろうけども。しかし、あの厚かましい御仁のことだから、コウタロウと共にお笑いコンビでも組むつもりかもしれない。「人生いろいろだねー、首相からお笑いになった人は私だけ」なんて言いながら(笑)。

 この前のウルトラなんとかの吹き替えってさ、私が見てた頃のウルトラセブンは「シュワッチ」ぐらいしか言わなかったもんだ。何をグチャグチャ喋る必要があるっていうのだ。

 まあしかし、これだけ国民が疲弊する原因を造っておきながら、よくもまあ、のうのうと出てこれるもんだ。昔なら閉門蟄居、お家取りつぶし、市中引き回しの上、獄門打ち首、さらにさらに~、遠島申しつけるものなり~。(打ち首の後、遠島は変だな)ぐらいの沙汰が待っている筈。

 本当に「どの面下げて」と言いたいところだ。
「どの面」で思い出したけれど。昨日も書いたが、いしいひさいちさんの4コマ漫画(サンデー毎日連載「お笑い いしい商店)に出てるアベシンゾーの顔が(爆笑)。

おでこに    「どの」

左頬に     「ツラ」

右頬に     「さげて」

と大きく、墨痕鮮やかに描いてあるのには、心底笑わせて貰いましたね。

 

2009年10月24日 (土)

普天間移転問題

 アメリカのオバマ大統領がノーベル平和賞を受賞したことについて、口さがない人たちは「オバマが何をしたっていうんだい?何もしていないじゃないか」と言う。だが選定したノーベル賞の選定委員会では「なにもしていないからだよ。就任後10か月も新たな戦争をしていない唯一のアメリカの大統領だから」と言ったという。

 これはサンデー毎日に連載されている、私の大好きなマンガ家、いしいひさいちさんの「お笑い いしい商店」という4コマ漫画のネタなんだが、痛烈で面白く、しかも有りそうで頷ける話です。

 オバマさんはリベラルかもしれないがやはり、強大な軍事力を持っているのは事実で、それを背景に「属国ニッポン」を恫喝したりするのは当然でありますな。「ゆーこと聞かないと守ってやらないぞ」という訳ですね。マスゴミも危機感を煽ります。アメリカを怒らせたら大変だぞと。
沖縄県名護市の普天間基地移転問題について「ゲーッ」とか言うゲロみたいな名前(ゲーツか)の国防長官が、さんざん「警告」しています。

 基地が集中する沖縄の負担軽減を言うのであれば、普天間移転を履行しないと、グアムに移転の話も無くなるという恫喝ですね。
このグアム移転の費用はおよそ1兆円と云われ、日本側が6割負担アメリカが4割負担という話で、その負担を嫌がっている?なんていう訳でグアムを持ち出し、「日本のせいだ」と云うアメリカの口実作りみたいです。

 そもそも、自社さ政権下の95年に移転計画が日米合意して、その後5年~7年かけて完了させようと言うことだったのに、ここでもまた(笑)、基地移転にかかる工事の工法やら(埋め立て、浮島等)などで結論が出ず、住民の反対も根強く、その他ゼネコンの争いなんかで、ズルズル引き延ばされてきたことが大きな原因だそうです。

 05年には移転が遅々として進まないことに芋を煮やし、いや、業を煮やし、アメリカはその時「普天間を嘉手納基地か岩国基地に統合でもOK」と云ったらしいんですよ。でも、おバカな自公政権はそれで決着せず。何故かと言えば、土建工事がパーになるからだったのか?と言われています。

http://www.geocities.jp/unepeace/table-fh.html(普天間問題年表)

 上記のリンクは普天間問題の年表で、これを読むとその時の首相や県知事、市長なんかがアレコレ言い、市民や県民が反対運動を繰り返していることがよく分かります。

で、これを読んでの素直な感想。
14年間もこんなに問題を引きずって来たものをですね、今すぐに決着せよというのは、どう考えても無理がある。無理がとおれば道理が引っ込む。

 これも結局、土建権益に絡む守銭奴の話だな。八ッ場ダムとおんなじ。それで遅れちまって、今まで延び延びになり、アメちゃんから恫喝と警告を受ける新政権はいい迷惑だわな。

 ただ、普天間基地は住宅地に隣接していて本当に危険だから移転は必要だそうで、なんとか早くしなくてはいけないんだけど、沖縄以外となると、移転先候補になった街が当然反対するだろうしね。

 ジュゴンが生息するという、きれいな自然の問題も相まって、余計問題を複雑化している。例えばアメリカ基地はゴミの処分場みたいなもので、どういう決着がベターなのか私ごときが分かりません。

 ただ、沖縄の人達はこのあいだの総選挙で、自民党にNOを突き付けたんだから、脅かしに屈したようなやり方で決着するのは、民意を反映していないと思いますが。

 

2009年10月23日 (金)

成長戦略ってなんやねん

 新自由主義・市場原理主義に毒されたマスゴミや経済評論家は民主党の政策に「成長戦略がない」とすぐに言う。要するに、こいつらの言いたいことは「貧乏人に金をばらまいても何になるのだ、金持ち、大企業にこそ金をばらまけ」簡単に言えばそういうことみたい。

 そもそも企業や金持ちが、得た利益をきちんと再配分してくれるなら、そういう論法も有り得るだろうが、自分の懐や企業の内部留保に血道を上げる守銭奴が、そんな適正なことをしてくれる筈もなく。トリクルダウンってありえない仮説を振りまわしているようなもんで。

 内需主導に転換して産業構造を変えるということが言えない。大企業(輸出型企業)や大金持ちに遠慮してね。自民党がやって来たことは正にそれで、一部の大企業と自分たちだけが潤ってきた。
でも不思議なのは、今でも日本の輸出の割合は、GDPの15%しか占めていないけども。「声のでかい企業」トヨタとかキャノンだとかが幅を利かせているからでしょうね。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日刊ゲンダイ   2009/10/23

 リポートが、押し上げ効果をもたらす政策としてあげているのは「子ども手当・出産支援」「公立高校の実質無償化」「暫定税率廃止」「高速道路無料化」だ。

 たとえば、子ども手当の実施により、家計は平成22年度に1.5兆円、23年度以降に3.1兆円の所得増加となる。この結果から、マクロ計量モデルを用いて試算すると、押し上げ効果は来年度以降、プラス0.20ポイント、同0.24ポイント、同0.10ポイント、同0.06ポイントとなる。高校無償化も家計所得の増加(0.5兆円)をもたらす。

 暫定税率廃止や高速道路無料化は、家計や企業の税負担などを軽減することで、やはり成長率を押し上げる。一方、1.3兆円の公共事業節約と公務員人件費などの削減や租税特別措置の見直しは確実にマイナス要因となる。

 リポートはこれらの政策が実現すると仮定して試算すると、「(成長率は)今年度は0.27ポイント押し下げられるものの、来年度以降は0.27ポイント、0.49ポイント、0.30ポイント、0.16ポイント(成長率を)押し上げる」としている。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 輸出が好調でも、個人消費が振るわずって、何時もニュースで流すくせに。それになんといっても、コンクリートばかりの新規公共事業は役に立たないって、今までの施策が証明してるじゃないか。
民主党の政策も当然経済効果があるのは分かっているのに、それは言わないのですね。

 例えば高校無償化で少し楽になった家計は、当然その他の消費に向かうでしょう。それらの効果は必ず現れると、私は思うけどなあ。
貿易黒字がいくら増えても国民は実感できないし、幸せにならない。
景気浮揚は内需主導では出来ないのでしょうか。

2009年10月21日 (水)

子ども手当は全額国費で

 民主党の目玉政権公約、子ども手当についてこの間、平野官房長官がまたしても、やらかしましてね。平野が嫌いな私としては「ほらね、やっぱり」と危惧したとおり。

 子ども手当の財源は「自治体にご協力して貰うことも、選択肢としてなきにしもあらずだ」なんてやったもんだから、目立ちたがりの大阪府の橋下“トッチャンボーヤ”知事に、待ってましたとばかりに食いつかれる始末。

 「国が勝手に決めたこと。それを地方に負担しろって言うのは独裁だ、共産主義だ」とガーガー、言いたい放題。
ね、つっ込まれるでしょ。ハシゲに言われると余計に腹立つんですな(笑)。

 原口総務相も「全額国費でやることが前提だ」と言う。
この件は原口の言う通りで、(決して原口も信用してないけど)またもや平野が悪いと思うけどなー。

鳩山総理が火消しに躍起になったそう。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>   2009/10/21

鳩山首相は20日、閣内から「子ども手当」の財源負担を地方自治体にも求める案が出ていることについて、「財務省発でそういう話が今出ているが、本来、国ががんばらなきゃいけない話で、地方に負担をさせるということは今、私の頭の中にあるわけではない」と述べ、全額国費で負担すべきだとの考えを示した。川崎市内で記者団に語った。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 基本的には国費で賄うと、その思いでみんな選挙を戦って来たはず、と鳩山さん。それでもまだ、平野官房長官は「どういう風な財源でやっていくかは政府が真剣に考えることだ」と強情を張っている。

 雑感さんがコメントで、平野は守口駅前で、ボランティアで自転車整理して残りの人生を過ごす、なんてコメントを寄せて頂いたけども(笑)、京阪電鉄なら次の「西三荘駅」が良いと思いますよ。なんといってもマネシタ電器の本社があるし。

 平野は出身企業前で、ボランティアをするつもりだから、こんなに強気なのですかね(笑)。

 財源なら一般会計と特別会計を、総組み替えするって言ってたでしょ。これを最近言わないんですよね。財務の藤井大臣も。かろうじてこの間、亀井金融相が言ってたみたいだけど。

隠し玉にしているのかな。そんな変化球投げる余裕があるのでしょうか。

 

 

2009年10月20日 (火)

厚生労働省が相対的貧困率を発表

 厚生労働省が初めて日本の貧困率を発表した。
10月5日に、長妻厚労相が調査発表するように指示する、と言ってから、早くも発表されたみたいで、そもそもデータは握ってたんじゃないのかな。お役所仕事にしては、早いですね。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【共同通信】   2009/10/20

http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102001000333.html

 厚生労働省は20日、全国民の中で生活に苦しむ人の割合を示す「相対的貧困率」を初めて発表した。2007年は15・7%で、7人に1人以上が貧困状態ということになる。18歳未満の子どもの貧困率は14・2%だった。

 厚労省は国民生活基礎調査の既存データを使い、1998、2001、04、07の各年(調査の対象は前年)にさかのぼり、経済協力開発機構(OECD)が採用している計算方式で算出。07年の全体の貧困率は98年以降で最悪、子どもは01年に次ぐ水準だった。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 7人に一人の割合で貧困状態だそうです。
しかも、この数字は07年のものですから、去年の金融危機以後の数字となると、空恐ろしい気がします。

 可処分年収が114万円未満の人だそうで、そんな方が2千万人弱。
こうなると、「すべて国民は、健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する」という憲法25条1項は、在って無きが如き。

 08年のOECD発表数字だと、日本の貧困率は4番目に高いそうですから、いかに格差が広がっているか、如実に表している。
世界第2位の経済大国って云っても、意味ないですね。

 社会主義じゃないから格差は当然、と言う人がいますな。
なにも、皆の年収を同じにしてくれと、云うことではない。

憲法に書いてある通りにしてくれっていうだけの話なのだ。

2009年10月19日 (月)

八ッ場ダム中止反対の六知事が視察

 東京都の石原都ジジを筆頭に八ッ場ダムの工事現場を視察したそうで、この6人で国に建設を求めていくとか。
この人々をミスド、「ミスター・ドーカツ」って命名してあげます。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>   2009/10/19

八ツ場ダム予定地、中止反対の6知事が視察

6都県はダム完成後に利水や治水の受益者となることを前提に、建設事業費4600億円のうち、これまでに計約2千億円を負担した。6知事は中止の場合、関係都県に負担金を返還しなければならず、建設続行よりも事業費が増える▽水需要に応えられなくなる▽洪水への備えに不安がある――といった主張を続けている。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 建設続行よりも金がかかるとか言ってるけれど、主張に隔たりがあるので六知事の見解として、その試算を見せてくれれば良いのだ。
国交省は中止しても新たな負担は増えないと、明言しているそうですから。

 で、ここへきて、建設が7割済んでるとか言わなくなりましたね。その嘘はもう世間にばれているからね。今度は利水と治水だそうで、だったら、強酸性の水質を石灰で中和したような水、あんたらが真っ先に飲んでみれば良いのだ。

 それに、石原都ジジはオリンピック招致の失敗でドブに捨てた150億円について「都にとって痛くも痒くもない」と豪語していたのだから、事業費が増えるも何も関係ないだろ。
しかも、招致費用の民間部分をスポンサーからまだ集めているって言うから(笑)。失敗したものに、誰が今更、金を出すもんか。

 結局税金で埋めることになるのは必至で、そんな無駄使いをしている、おまえさんたちに言われたかないね。
どうせこんな、ロク(でなし)知事達。前原さんだから文句言ってるんじゃないですかね。「若ゾウが、誰に断って言ってるんだよ」という。そんな「メンツ」みたいなもんしか頭にない連中でしょ。

 鳩山総理の出番じゃないですか?鳩山さん、夫婦でお出掛けばかりしてないで、逆にドーカツしてやれば?造ってもいいけど補助金カットって(笑)。

追記

 石原都ジジが昨日、「東京は取水制限が何日もあるんだ」とぬかしてましたが、何千億円かけてダムを造ろうが、雨が降らなきゃ結局取水制限だよ!
このクソ馬鹿ジジイ。

 

2009年10月17日 (土)

呆れた自民党谷垣のアホな批判

 かつてのお仲間公明党からも冷たくされ、孤立を深める自民党。
共産党に挨拶に行ったけど、野党だからって言うだけで共闘するつもりはない、と袖にされたり(笑)、淋しい限りだが。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【共同通信】   2009/10/16

谷垣氏、「鳩山政権は社会主義」街頭演説で保守の理念強調

自民党の谷垣禎一総裁は16日、横浜市などで街頭演説した。鳩山政権が掲げる子ども手当創設や公立高校の実質無償化などの施策に関し「ゆとりのある人は自分で頑張らないといけない。社会主義のような国を目指しているのではないか」と批判し、同日初会合を開いた党政権構想会議で保守政治の原点に立ち返り基本理念づくりを進める考えを示した。

 参院神奈川補選の応援で演説した谷垣氏は「頑張れる人は頑張り、助け合い、それでもできない人には政治が手を差し伸べるという順序でなければいけない」と強調。

 鳩山由紀夫首相に論戦を挑む次期臨時国会に関し「マニフェスト(政権公約)が実行できるか問い掛けたい。全部実行して財政は持つのか」と訴えた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 批判するんだったらさ、素人が聞いてもナルホドなあ、というようなことを言えよな。私みたいなオッサンでも、今はネットで調べればすぐわかるんだよ。公立高校の無償化などは社会主義だってか。
アホが。

 ということは、君たちが尻尾を振りまくっていた、アメリカやイギリスが社会主義だって言うんだな?その他主要国でもほとんど無償だそうですよ。
アメリカの公立高校は無償なのだ。

 OECD加盟国の比較対象になる、28カ国の下から2番目の教育費がGDPの3.3%の日本が、民主主義の先進国ってか。
笑わせるのー。

 国際人権規約A規約とは、高校大学の授業料を段階的に無償化していくという規約だけども、この規約の批准を保留しているのは、日本とルワンダの二カ国だけだそうですよ。

 つまり、この国は高校有償なので、人権を無視しているということだな。
新政権によって、それがようやく世界標準並みになろうとしてる。
それをアホな批判する、究極アホタレ新総裁が率いる、自民党はやはり、潰れて無くなる運命でしかないね。

 

「ひらの」くせに、官房長官

「ひらの」くせに、官房長官。

 平野官房長官。鳩山さんの信頼厚い人らしいけども。国民に信頼があるのかどうか、そこが問題じゃないのか。
もともと、裏方にいた人で、政権交代後突然表舞台に出てきたようですね。私はそれまで知りませんでしたね。

 自公政権の「しらしむべからず」、という体質がそのまま残ったかのような人間が政府のスポークスマンである官房長官になっているのが問題だと考える訳でして。いくら新政権を応援したくってもね。

 この男の発言で、今でも許せんと思っているのが「そんなものあるんですか?」という発言で、これは官房長官が管理する「官房機密費」の存在を記者会見で問われた時の返答である。

 ふざけてますねー。ほんと、許せん。今まで、民主党で追及してきたカネの問題でありますよ。それを「そんなものあるんですか」?
他に言いようがないのか!と思います。

 そいつが、2010年度の予算概算要求で、またもや姑息な考えを画策したのかどうか、要求額を少なく見せようとしたのか?なんてマスコミに書かれている。

 調べるとこの男ですね、あの、偽装請負の先駆者、マネシタ電器(現パナ○ニック)の労組専従から政治家になった、お手盛り御用組合出身者です。偉そうに言うんだったら、出身関連企業の法律違反を解決してくれ、と言いたいですな。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【共同通信】  2009/10/16

長妻昭厚生労働相は16日の記者会見で、2010年度予算概算要求で要求額を明示しない「事項要求」をしたことについて、平野博文官房長官から前日夕に指示があったため、事業内容の項目だけ提示したことを明らかにした。

 各省庁から事項要求が相次いだ背景には、要求段階の金額を小さく見せる狙いもあるとみられ、各閣僚は最終的な「復活」を目指している。これに対し藤井裕久財務相は同日の記者会見で、事項要求について「ほとんど(実現)できないという想定は当たっている」と述べ、年末までの予算編成過程で削減するよう求めた。

 長妻氏は会見で「平野官房長官の指示は、以前の閣僚懇談会で示された方針に基づくものだ」と述べた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 で、これに突っ込みが入れば、「決してそう言う風にしなさいということではない」と言い訳している。
典型的な「策士策に溺れる」タイプの人間でしょうね。

 官房長官の記者会見でも、「私には情報が入ってない、差し控えたい」の多いこと。それに未だ、官邸の記者会見のオープン化について、なんの見解も言ってない。

 政権交代を熱望し、連立新政権を応援する立場だけど、こんな不見識な奴まで応援したくないね。

 

2009年10月16日 (金)

何か愚かなこと

 Something Stupid

邦題は「恋のひとこと」 

Frank Sinatra duet

2009年10月15日 (木)

国家戦略室の参与に「派遣村」湯浅さん起用へ

 新政権発足一カ月。各大臣がいろんな発言をし、土権益が損なわれる、各県知事がそれらに噛みつき、マスコミが「早くも新政権内の意見が割れる」とか煽るし、私ごときの弱小ブログも文句を言う(笑)。

 ま、政府与党も大変でしょうな。権力に就くと言うことは、そういうもんかもしれない。今日も政府に言いたいことが沢山あるけれど。

 例えば、エコポイントの期限問題で、経産相の慎重意見に対して、小沢鋭仁環境相が延長したい、なんて言ってるし。
こんな経団連御用達の政策。なんで延長しなければならないのだ?

 これは、発言者が逆のような気がする。経産相が延長と言うなら「バカヤロ」と思うだけだが、環境相が言うか?名前は【エコポイント】かも知れんが、【エコ】でも何でもないし。エコポイントと言う名の経済対策だろ、どう見たって。

 それと、原口総務相が「子ども応援特別手当の執行停止、長妻厚労相に異論」とか。原口さんよ、これは前政権の政策だよ。しかも一回こっきりの支給に、12月の執行手続きが近いから、自治体が混乱するなんて、官僚の言い訳を丸のみしたようなことを言ってる。

 どうせ来年、民主党の子ども手当が施行されるんだろ。しかも単年度だけじゃなく。だったら良いじゃん。役人の「えーっ、邪魔くさいですよ」とか言う意見に取り込まれてんじゃないか?

 近かろうがなんだろうが、それは仕事なんだからやるしかないだろう。嫌なら役人辞めればいいんだ。未だ予算執行してないんだったら。
この原口大臣はさ、たかじんのテレビ番組で橋下大阪府知事とお友達になってるらしいから、ワタシャ信用してないんだけど。

 それとこれは、下世話な意見で申し訳ないのだが。
鳩山さんが首脳外交に行きますよね。幸夫人同伴で。ほんで、飛行機のタラップを降りてくるとき(上がる時もそうなんだろうが)、お手々つなぐのはやめて欲しいのだけど(笑)。

「仲よきことは美しき哉」なんだろう。でもさ、もう60歳過ぎてんだし、見てるこちらが赤面するんだけど。ま、こんなこと思うのは、私だけだろうね(笑)。
やはり、アベシンゾーが嫁はんとお手々つないでいたのを思い出すからさ。

 おっと、批判ばかりに(笑)。前フリが長くなりました。
そんな文句タレの私が一押しのニュース。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>   2009/10/14

http://www.asahi.com/politics/update/1014/TKY200910140235.html

反貧困ネットワークの湯浅氏、国家戦略室の参与に起用へ

菅直人副総理兼国家戦略担当相は14日、国家戦略室の政策参与として、「反貧困ネットワーク」事務局長の湯浅誠氏(40)を起用する方針を固めた。湯浅氏は昨年末に東京・日比谷公園にできた「年越し派遣村」で村長を務めるなど、貧困対策に取り組んできた。現場からの意見を踏まえた失業者・貧困対策面での政策提言が期待されている。

 政策参与は非常勤で専門知識を生かして助言する。湯浅氏は同日、朝日新聞の取材に対し、「現場は昨年よりもひどい状況だ。再び派遣村を実施しなくてもすむよう、年末まで精いっぱいつとめたい」と述べた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 前の腐敗政権だったら、こんな起用は絶対に有り得ないでしょうね。
セーフティーネットなき規制外しが生んだ、滑り台社会の是正に、湯浅さんの貴重な提言が政府の政策に反映されることを期待いたしますね。

2009年10月13日 (火)

てめえ勝手な「ドケンエキ」知事ども

 新政権になり、国土交通省前原大臣の「中止、廃止、見直し」それらの言葉で、地元住民や特に知事、県会議員、市長、町会議員、etc 色めき立つこと。ダムを造れ、道路を広げろ、新幹線を通せ、空港の扱いを今まで通りにしろ、でないと金は払わん、路線を増やせ。

 うるせーよ。やかましいことこの上ない。
全国色んなところで「俺んとこに持ってこい」「その他のこと?知るもんか」という態度である。
土建屋と天下り団体が、住民や県知事の背中をつついて、中止を反対させている。その応援団がマスコミである。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

朝日新聞   2009/10/12

八ツ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)を巡り、朝日新聞社は、同町の水没予定5地区の住民にアンケートを実施し、215人から回答を得た。建設中止に「反対」が7割弱に上った。地元住民の代表は前原国交相との意見交換会への出席を拒否したが、アンケートでは4割が「会って話をしたい」と回答した。

 アンケートは今月5~10日、移転対象の9割が集中する長野原町の5地区(川原湯、川原畑、横壁、林、長野原=約500世帯、約1400人)で実施。記者が訪問して面談する形式で185世帯の215人から回答を得た。

 ダム建設中止への賛否では、「反対」は7割弱、「どちらでもない」が2割強、「賛成」は1割弱だった。

http://www.asahi.com/national/update/1012/TKY200910110302.html

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 このアンケート。記者が面談しておこなったとある。しかも1400人中の215人の結果だ。面談という方法が果たして正しい結果を反映するのか?怪しいものである。何が中止反対7割だ。

 言っておくが、群馬県と長野原町だけの税金でダムを造るんであればそれでも良いだろう、ドーゾご自由にだ。だけど、国民すべての金が投入されるのだ。しかも既に3200億円も突っ込んでいる。

 利水だと言うなら、強酸性の水を石灰で中和したような水を飲めるのか?
保坂展人のどこどこ日記に詳しく載っている。あんな水は、地元の人間なら余計飲めないと思うが。
工業用水?あれ?国内ではコストが高くて製造できないとかで海外へ拠点を移すんじゃなかったの?不要じゃないの(笑)。

 鳩山さん、前原さん、土建屋御用達知事や、それに引っ付いてる奴らに「この国は借金大国なので、皆さんのご要望をすべて聞いておれば破綻するのです」、と言ってやれば。
そしてその借金は、すべてあんたたちが応援してきた、前政権が作ったんだとね。

 

2009年10月12日 (月)

広島と長崎五輪招致へ

 東京がオリンピック招致に敗れ、その歓喜、残念ムードが漂う中、早くも2020年のオリンピック招致レースに名乗りを上げた、広島市と長崎市。

 核廃絶を訴えるには、平和の祭典であるオリンピック開催が有意義だということですが。へそ曲がりの私は?マークがつきますね。

 核廃絶を訴え続けることは大切です。やらなきゃいけないと思います。
でもねぇ、それとオリンピックと別物だと考えるのですけども。

 思い出して下さい。2002年のサッカーワールドカップ。日本と韓国の共同開催でした。単独開催じゃなくて、日本国内での開催都市数は減りました。

 でも、招致活動の中、時のFIFA会長アベランジェさんは、ぜひ広島でやって欲しいと希望を述べていた。世界で唯一の被爆地でやる事は有意義であると。

 その時の広島市の態度は、サッカー会場の「広島ビッグアーチ」の改修にかなり費用がかかることで難色を示したのです。

 ワールドカップの規格で言うと、観客席の3/4だったかな?(うろ覚えですけど)屋根で覆わなければならないのですね。今も広島ビッグアーチの屋根はメインの一部にしかありません。

 で、当時の平岡市長は費用が150億円もかかる事を理由に拒否をしたのですね。そんな歴史もあるのです。市長は今の方と違うとはいえですよ、いまさら何だと言う考え方も出てくるかも。

 高齢ですけれど、今もIOCに当時のFIFA会長のアベランジェさんもいるんですよね。ま、これの意趣返しはないと思いますが。

 厳しい言い方になりますが、そんな経緯もある都市は立候補の資格はないと考えますがどうでしょうか。核廃絶とスポーツゲームとは別物だと言うのが私の考えです。

 それに所詮、今のオリンピックは平和の祭典と言うより、経済の発展を目標にしているようなもんですから。私は最近賛同できません。

 五輪より規模の大きい、サッカーのW杯を日本人は知らなかったのでしょうが、それを軽んじておいて五輪を、というのは?

 うがった見方ですけれど、五輪の方がハコモノも沢山いるだろうし、経済、土建効果もあるという思惑があるんじゃないのでしょうかね。

 

2009年10月11日 (日)

奥谷禮子が出てやがった

 購読を止めよう止めようと思いながらも、ダラダラとり続けている朝日新聞の本日(10月11日)の朝刊に気分が悪くなるような人物が約二名出ていた。奥谷禮子とそのまんま東。

 朝から気分の悪いもん見せるな!とブチブチ言いながら読むと(読まなきゃ良いのに)【どうする 自民再生】と題して3人のインタビューを載せている。

 茨城県医師会長という方は知らないので横に置いておく。そして、宮崎県知事、マンゴー売りの“O・J・シンプソン”によく似た方にも今回は遠慮してもらう。

 気分が悪かったのは、財界の「爺ペット」と評論家の佐高信氏が言い放った奥谷禮子が出ていたこと。
この元スッチャーデスのおばはん。1950年生まれらしいから「ペット」にするには無理があるのだが(笑)。

引用始まり

 私は、自民党が再生するのは不可能だと思う。この半世紀、ほとんど政権を担ってきた自民党は慢心の病にかかっている。症状は、時代の空気が全く読めない。

(中略)

 私は小泉政権時代、内閣府の総合規制改革会議に入っていた。小泉さんは「小さな政府を徹底して作る。痛みは伴うが、これ以上の財政赤字は増やさない」と時代の潮流を読んで構造改革を進めた。

 改革は緒に就いたばかりなのに、少し痛みが出たからと、安倍、福田、麻生の三政権でぶっ壊してしまった。

引用終わり

上記は奥谷のインタビュー抜粋である。

 今の自民党は再生できないと、民主党にすり寄りつつ、ペテン師コイズミ改革をマンセーしているアンタこそが「時代の空気が読めない」のだ。それに「空気を読む」とかまだ言ってんのかよ。

 相も変わらず「小さな政府」を喚き散らしている。政府の市場介入を無くし、自分たちの取り分を増やすことしか頭にない、私は強欲経営者だということの証明をしているのかよ。

 規制緩和して、市場に任せたから今の現状があるんだろうが。それを、道半ばだったから失敗したのだ、と言うのは竹中ヘーゾーの言い訳を補完していることでしかなく、やはり郵政会社の社外取締役になって、寄生生活を送っている人間らしいわい。

 自身の経営する派遣会社のピンハネ仕事が染み付いていて、人の生血を吸いながら生きている人間の思考回路だな。
安倍政権の時にも「ホワイトカラーエグゼンプション」とかで吠えまくっていたくせに、今になれば安倍がぶっ壊したってか。片腹痛いわ。

 祝日も日曜も廃止しろとか言ってたのはどちらさんでしたっけ?割増賃金を払うのが嫌で、そんなセコイことを言う人間に政治とか経済とかを語る資格はないね。

 以前には、「産業のグローバル化の波で競争が激しくなり、企業はその中で派遣を使って雇用の調整をするのは当たり前」と、派遣切りを是認する支離滅裂を言い、究極の「お前が言うな!」状態の【派遣会社】の経営者がほざくなって言うのだ。

 朝日新聞も今度こんなゴキブリおばはんを出してみろ。本当に購読を止めてやる。(と言っても「ドーゾ」と言われるだけだろうが)

 

 

 

 

 

2009年10月10日 (土)

松沢知事に脅迫メールした男

 神奈川県の禁煙条例が可決されたことで、何故か、愛媛県今治市の男が危機感を抱き、松沢知事に脅迫メールを送り付け、書類送検されている。

毎日jp   2009/10/10

県が来年4月に施行する受動喫煙防止条例に反対し、インターネットサイトに松沢成文知事を脅す書き込みをしたとして、県警捜査1課と山手署は9日、愛媛県今治市の造船作業員の男(49)を脅迫容疑で横浜地検に書類送検した。

 送検容疑は、県議会で条例が成立した翌日の3月25日午前5時55分ごろ、携帯電話から首相官邸ホームページの意見募集欄にアクセスし、「タバコ禁煙を決めたため神奈川県知事を狙撃する」と書き込んだとしている。男は「条例成立のニュースをテレビで見てカッとなった。禁煙ブームで肩身が狭い思いをしていた。同じ条例が愛媛で成立したらまずいと思った」と容疑を認めているという。

 県警は書き込みを受け、6月初旬まで松沢知事の警備を強化していたという。

 この男性は二つ間違いを犯している。

①いまどき、脅迫メールを送りつけ、自分が特定されないと思っていたのか?

②神奈川県の条例が、彼の在住している【愛媛県】に飛び火すると、思うことの愚かさ。

 愛媛県の加戸知事は愛煙家で有名である。それが証拠に加戸知事は病院(しかも県立病院)の禁煙場所での喫煙を市民に目撃され、謝罪する羽目になるほど。

 愛媛県の加戸守行知事(71)は19日の定例記者会見で、昨年11月に同県立中央病院で人間ドックの検査を受けた際、全面禁煙の病室で喫煙していたことを明らかにし、「県立病院設置者として極めて不適切だったと反省している」と陳謝した。県庁に17日夕、男性の声で知事の喫煙を指摘する匿名電話があったといい、加戸知事は「健康増進法に基づく公共施設禁煙を進める立場なのに申し訳ない」と話した。

 病院内は健康増進法に伴い、昨年3月から全面禁煙だった。知事は会見で「つい吸ってしまった。本数は覚えていない」と話した。県庁も分煙が進んでおり、報道陣から「これを機に禁煙しては」とも言われたが、それについては、やんわりと否定した。【古谷秀綱】

毎日新聞 2006年1月20日 9時50分
 加戸知事は「私に禁煙しろと言うことは極論すれば死ねということ」 と言うほどの愛煙家だそうで、新聞記事は「やんわり」なんて表現だが、きっぱりと否定されている。この男、今のところ安心しておればよかったのに、危機感は生半可なものじゃなかったようだ。
短気はソンキだ。

2009年10月 9日 (金)

伝統の自民党まんじゅう(笑)

 一応政治ネタだけれども、テレビニュースで言えばアナウンサーのお姉さんがニッコリ笑顔で「各地からの話題です」と言うような、そんな話題です。
政権から滑り落ちると、こんな扱いなんですね。

谷垣まんじゅうの宣伝に一役=自民総裁

(時事ドットコム)

自民党の谷垣禎一総裁は9日、党本部で表紙に自身が描かれたまんじゅうを試食し「みんなで食べようぜ」と宣伝に一役買った。
 小泉政権の誕生以降、歴代総裁の似顔絵を表紙に載せており、永田町では知られたまんじゅう。今回は、サイクリング姿の谷垣氏に「よみがえれ!自民闘」「政権奪還まんじゅう」といった文字が並ぶ。谷垣氏は「頑張らなきゃいけないな」と党再生への決意を示すと、クリのあんこが入ったまんじゅうをほお張った。 (2009/10/09-19:06)

 そうかぁ、自民党は沢山の負債を抱えているそうで一説によると119億円だとかで、衆院議員一人当たりちょうど1億円。
なので、総裁ご自身が、饅頭をお売り歩く訳でございますね。

 物販なら、(元)自民党の総裁候補。宮崎方面に“地鶏、マンゴー”売りのオーソリティーがいらっしゃるではありませんか。何もタニガキさんが武士の商法でおやりにならなくても(笑)。「まんじゅうを・お売りに・なられる・御覚悟は・おありでしょうか?」と懇切丁寧にご指導して頂けると思いますね。

 でもさあ、このお饅頭って、ジュンちゃんからシンゾウ、フクダちゃん、タロウ君と中身がどう違うのか。ちゃんと変わっていると言うのならお示しくださいませね。売れ残ったタロウ君バージョンの包み紙を変えただけ、とか言われない為にも。

 で、タニガキさん。「みんなで」というフレーズが大変お好きなようで。あれ?党名は「みんなの党」でしたっけ?
最後にもひとつ、「総裁」という肩書が余計、物悲しいですね。

2009/10/09   22;46

春もみじ

 台風が各地で猛威をふるったようです。被害を受けられた方にはお見舞い申し上げます。

 台風一過、すっきりした晴れの天気になるかと思いきや、こちら愛媛ではなんだかど~んよりした天気で、さんざん国民を泣かせた揚句ついこの間、下野しちまった自民党の現状みたいな天気でした。

 早くも体育の日が近づいて、行楽シーズンになりますな。
秋の行楽と言えばこうよう、とばかり紅葉が主役ですか。

004_2

秋の紅葉みたいですが、実はこの写真、5月に撮ったものです。

春もみじと言うらしいんです。知りませんでしたねー。

2009年10月 8日 (木)

石原負け犬の遠吠えで抗議され、代わりに他人が謝る構図

 オリンピック誘致に無残というか、順当と言うか(笑)。失敗した東京都知事の石原クソジジイです。日本に帰って来て、急に気が大きくなったのか、世界に報道されないと踏んだのか、IOCへの不満をぶちまけました。

 負けた腹いせなんだろうが、悔し紛れにこんなことを言うあたり、普段偉そうな、そして勇ましい発言の多い極右クサレジジイだが、精神構造は5歳児以下でしょうね。

 【コペンハーゲン=結城和香子】2016年夏季五輪の開催都市に選ばれたリオデジャネイロが、国際オリンピック委員会(IOC)委員の票を得るために裏で働きかけをしたと取れる石原都知事の発言が、ブラジルで問題視されていることが明らかになった。当地にいる関係者が5日語った。

 石原都知事は、帰国直後の4日の記者会見で、「ブラジルの大統領が、聞くところ、アフリカの人にかなり思い切った約束をしたというようです。(フランスの)サルコジ大統領もフランスの戦闘機を買ってくれるなら、ブラジルを支持するとか」などと語っていた。

読売新聞    2009/10/06

 それが早速海外に報道され、ブラジルのリオから批判されていた。
この情報化社会の実態が分かっているのか。まさか、アホーアッソーと同じように、「ネットはフロッピーでつなぐ」ぐらいの知識レベルだったのか。

 日本で発言すりゃ、まさかブラジルまで届かんだろ、と思ってたんじゃ(笑)?で、ブラジルが正式にIOCに抗議した。
そりゃするわな。

 さらに、情けない限りだが、この件で今日、猪谷千春氏がIOCに謝罪したそうです。

【コペンハーゲン共同】国際オリンピック委員会(IOC)の猪谷千春は7日、2016年夏季五輪招致に成功したリオデジャネイロから反発を受けた東京都の石原慎太郎知事の発言について、ロゲIOC会長ら関係者に謝罪したことを明らかにした。

 猪谷氏は、リオの招致委員会会長を務めたIOCのヌズマン委員やブラジル人委員のアベランジェ前国際サッカー連盟会長にも謝った。「みんな心配はないと言ってくれた」と話した。

 石原知事は、招致に失敗して帰国した4日の記者会見で「目に見えない政治的な動きがある」などと発言した。裏取引があったことを示唆したとみたブラジル側が「IOCに正式に提訴する。発言は非常に不適切で、謝罪を求める」と強く反発した。

【共同通信】     2009/10/08

http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100801000105.html

 本人のコメントは報じられていないが、石原都ジジは謝罪したのだろうか?他人に謝らせておいて、何も言ってないのか?
していないとすれば、それこそ、年だけとったジジイのくせに潔さの欠片もない、唯の拗ねまくっている、ガキ以下のクソジジイであることは間違いないですな。

2009/10/08   14:03

2009年10月 7日 (水)

亀井金融相発言

 亀井金融相が経団連の御手洗会長に「家庭内殺人が増えたのは、あなた方のせいですよ」と言ったので波紋を広げたみたいだ。

 家族間の犯罪が増えたこととの因果関係は、検証してみないと不明だろうけども、亀井さんの発言は政権交代を印象づけたのは間違いない。

 こんな風に、「経団連のポチ」自公政権が言えただろうか。絶対に言えない。自民党などは、年間29億円も献金を受け取って、経団連の意向に沿った政策を実行してきたのだから。

 私は拍手喝采した。特に亀井発言で的を得ているのは、「人間を人間として扱わなかったからだ」と言ったこと。それを延々とやって来たのは紛れもなく経団連を中心とした企業だからだ。

亀井氏は5日、東京都内であった講演会で、日本経団連の御手洗冨士夫会長と面談した際、「家族間の殺人事件が増えたのは(大企業が)日本型経営を捨てて人間を人間として扱わなくなったからだ」などと批判したことを明かしていた。

(毎日新聞)   10月7日

 人を人とも思わないやり方の典型が「派遣労働」だろう。端的な例が派遣会社(派遣元)と大企業(派遣先)とのやり取りの窓口は、人事部だとか、総務部なんかじゃないのだ。(何度も書くけども)

 「資材調達課」だとか「購買課」になっている。云わば、部品、什器、消耗品の扱いなのだ。法制上そうするのだとか、何とか言うのだろうが、企業の姿勢がよく表れた事例である。

 ここ最近、派遣で批判されたものだから、製造業は【派遣から期間工へ】と転換してる。結局、細切れの有期雇用で抜本的な解決策でもないし、問題だらけなんだが、それはまたいずれ。

 ともかく、市場原理主義に毒された、経団連や大企業は「労働コスト」と称し、自国民や、人間を消耗してきた(いる)。それだけは間違いないと言えよう。

 

 

 

2009年10月 6日 (火)

長島昭久を罷免しろ

 インド洋沖の給油活動の延長を巡って、鳩山総理、岡田外務が繰り返し「単純延長はしない」と言っている。
野党時代の民主党はこれについて反対してきた。ところが、党内の獅子身中の虫みたいな奴がふざけたことを言ってます。

 評論家の山崎行太郎氏が「立川の恥」と言っていた、長島昭久防衛政務官。保守派からも(恥)、なんて言われている馬鹿ウヨですが。
こいつが、給油延長も有り得るみたいなことを、言っています。

北沢俊美防衛相は6日の記者会見で、来年1月で期限切れとなる海上自衛隊のインド洋給油活動をめぐり長島昭久防衛政務官が根拠法に国会事前承認条項を盛り込むことで活動延長を認める考えを示したことに対し「延長という選択肢はあり得ない」と明言した。

 同時に「大臣と政務官の間で意見が分かれている誤解を生むといけないので、大きな政策の方向性に関する発言は、事前調整が必要ではないか」と長島氏へ不快感を示した。

 北沢氏は6日午前の閣議後、発言の真意をめぐり長島氏と協議したことを明らかにした。長島氏はその場で「岡田克也外相が給油活動について『単純延長しない』と発言した意味を説明した」と釈明したという。

 また、社民党党首の福島瑞穂消費者行政担当相も会見で「社民党は延長反対だ。条件付きであれ延長されないよう協議していく」と述べた。

【共同通信】   2009/10/06

 北沢防衛大臣が不快感を示すのは当然の話ですね。こんなことを言う輩がいるだけでも、自民党に「閣内不一致だ」と突っ込まれるのに。
この長島昭久。自身のブログにこう書いてます。

「簡単に起きるな!」左の耳に悪魔のささやきが。
しかし、有権者の叫びは、右耳に響く。
「面舵いっぱい!」
そうだ、左へ左へ流された『民主党丸』の針路を思いっきり右へ戻さねばならないのだ

2006/11/20

 お恥ずかしい。私知らなかったんですが、かなり前からいたんですね。
こんな奴、叩き出せば良い。何が「思いっきり右へ戻さねばならないのだ」クソ馬鹿が。
さっさと罷免しろ、民主党。

2009年10月 5日 (月)

余野川ダム?目立ちたがり屋の橋下&3K新聞

 またもやクソ馬鹿のハシゲが、目立とうとして首を突っ込んでいます。新政権で無駄なダムの見直しをしているのは承知の通りですが。

 なんか知らんが、マスゴミに登場する為だけと思いますけど。吠えていますね。こいつは目立ってナンボしかないのですか。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

MSN産経ニュース   橋下日記「府民の金を取り戻すために国と戦う」

午前9時40分 登庁し報道陣の取材に応じる。箕面市が、建設中止が決まった余野川ダムの負担金約11億円を国に求めていることに関連して、「府民の金を取り戻すために国と戦うのが僕の役目」。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 えらく、勇ましいことを言ってますけれど。
この「余野川ダム」ですね、2005年に中止が決まっているんですけどもね。
それを今更、何をごちゃごちゃ言ってるんでしょうか。

<wikipedia>

余野川ダム(よのがわダム)は大阪府箕面市、一級河川・淀川水系余野川に建設が進められていたダム計画である。

2005年(平成17年)に国土交通省河川局の諮問機関である淀川水系流域委員会より中止が妥当とする答申が出されしばらく凍結していたが、2008年(平成20年)の財務省予算計上が見送られたことにより、事業の継続が困難となって中止が決定したダム事業である。

 おかしくないか?じゃあ、いったい今まで、何をしていたのか。2005年だ。遅くとも去年(2008年)には返還請求するべきでしょ。自民党政権の時に!

 いま、八ッ場ダムとかで国と地方がもめてるからそれに乗じようって魂胆かい。あつかましいやっちゃの。そんなことより、箕面の滝を人工の滝にした責任は誰が取るのだ。

 同人誌と揶揄されている3K新聞もはやし立てています。「中止が決まった」と、まるで今、決まったかのような書き方をしています。全く恣意的な報道だ。自民党と一緒に下野したような新聞はこんなものだろうね。
馬鹿がそろってなにをかいわんや。

今度の国会で参考人招致して欲しい人達

Konezumi_001

 「小泉純一郎と竹中平蔵の罪」

 佐高信  著      毎日新聞社

 第一刷        2009年2月25日

読まれた方も多いかと思いますが、この本面白いですね。

第一章から惹きつける。

「ギルティ・ペアの小泉と竹中」と題して、こ奴らをいじっている訳ですが、「ギルティ・ペア」って、昔の女子プロレスの「ビューティー・ペア」から来てるんですね(笑)。ちと古いけども。

アメリカのポチと言われた、ケツ舐めペテン師の小泉をして、佐高さんは次のように。

小泉はアメリカ一辺倒で、アメリカと中国という二次方程式になると解けない。ちなみに、小泉の後の安倍晋三は一次方程式も解けず、福田康夫に至っては、そもそも解く気がなかった。麻生太郎は「方程式」という文字も読めないかもしれない

ぶった切ってますねー。痛快ですねー。

太郎は、「ほうていしき」も読めないか(笑)。

民主党さん、亀井さん。今度の臨時国会で小泉と竹中を参考人招致して下さい。

2009年10月 4日 (日)

八ッ場ダム工事の中止は独裁だと言う群馬県知事

 八ッ場ダム工事中止問題です。
群馬県の大沢知事が、この国は将軍様が支配している、どこかの国と同じだ!みたいな言い方をなさっています。

それについて前原さんとは違う方向で、グダグダと戯言を書いてみました。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【共同通信】   2009/10/02

入札中止、独裁以外何物でもない 八ッ場ダムで群馬知事

大沢正明群馬県知事は2日、八ツ場ダム(群馬県長野原町)本体工事の入札手続き取りやめについて「地元にも1都5県にも一言もなく進めるのは、独裁以外の何物でもない」と述べ、前原誠司国土交通相に対する憤りをあらわにした。

 さらに「きめ細やかな議論を積み重ねて、地方が国を信頼できるような環境を組み立ててほしい」と注文を付けた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 アレレ?中止ありきでは話し合いのテーブルに着くことができない、と仰りながら、「きめ細かな議論を積み重ねて・・・」とはこれいかに?

 そうですね、まあ、独裁はいけません。どーしても、治水と利水の両面で必要なダムであると仰るならば、4600億円の予算内で完成することが条件でどうでしょうか?

 いま現在、総予算の7割、3200億円を拠出していますね。
で、工事状況はダム本体未着工で、付帯工事も2割程度の進捗。
2100億円から4600億に増額したのは、2004年。その時のお仲間、自民党政権でしたっけ。

 出来るでしょう!さぞかし、綿密な計画と積算によってはじき出された立派な予算でしょうから。えっ?まさかドンブリ勘定なんて言いませんよねー。

 なーに、心配ご無用です。あと、1400億円で完成すればいいのです。群馬県やその他、埼玉の上田“ドーカツ”知事、千葉の“青春の虚像”知事などが協力してくれるでしょう。だけど、石原ゴーマン都ジジは最近お元気がありませんから協力は無理かもしれませんね。

 だけど、ゆめゆめ国の援助をご期待しないでくださいね。国は予算の増額は一切認めないし、それに関しての補助金の支出も認めない。という条件でですよ。簡単に言うと、それ以上(ビタ一文出しません)とゆーことで。

 であれば、【どうしても】ダムを作りたい、利益を受ける地元、土建関係者も納得でしょう。その辺が落としどころじゃないですか。

 あっ、そうそう。言い忘れていましたが、完成予定の2015年も守ってくれなきゃ駄目ですからね。完工予定日を過ぎれば、ペナルティーで予算削減ですよ。

だけど、その条件を飲む勇気が、この群馬県知事にありますでしょうかねえ。

2009年10月 3日 (土)

東京 きっちり落選

 そうですかあ。やったッス。

 一回目のシカゴ落選は意外でしたが。

 二回目できっちりと。

 傲慢ジジの顔が見たいもんだわ(笑)。

 ジジはこの結果を受けて、やっぱり逃げるのかな?

追記:

 石原都ジジですが、かってはカジノ構想をぶち上げたり、マン島のオートバイレースを模したものをやろうとしたり、このオリンピック招致も同じ思考から出てるのでしょうかね。

 この人の独断専行、都政の私物化と言っていいほどの傲慢ぶりは、巨額の税金を投入した(150億円以上?)、今回の招致失敗で責任を追及されなければならないですね。

              <決定の瞬間喜ぶリオの招致関係者>

2009年10月 1日 (木)

IOC総会招致決定へ PR役はヒデ?

 今日の夕方、ウダウダとテレビを見ていたら、デンマークのコペンハーゲンで行われているIOC総会のニュースが流れていました。10月2日、金曜日(日本時間3日)の開催都市決定に向けての話題です。

 会場に向かう石原ゴーマン都ジジ。追いすがるテレビ記者。緊迫する画面ですね。

記者:「今日の招致ロビー活動に対する意気ごみなどを・・・」

ジジ:「うるさい」

記者:「アメリカのミシェル・オバマ夫人も行かれるそうですが・・・」

ジジ:「だーら、今、行くんだよ」

 これですから(笑)。これ本当の話ですよ。
もう相手にするな、こんな傲慢ジジイ。相手にするからつけ上がるんです。
しかも負けを覚悟しているからなのか、ご機嫌斜めですな(笑)。

で、鳩山さんも国内に沢山の難問があるのに、今日の夜コペンハーゲンに向かって出発するそうです。やめりゃいいのに。

 開催する都市の提出された計画だとか、財政が一番重要な筈。
それなのに、招致活動のプレゼンを誰が行うか?なんてのが決定に大きく作用するんだそうですね。そもそも、これがおかしいですよね。

 で、シカゴはオバマさんが出席するんだとか、リオのプレゼンはサッカーの王様ペレがするんじゃないか、などと言われています。マドリードもサッカー選手のラウル。

 わが日本は隠し玉で、元サッカー選手の中田“旅人”ヒデが浮上していると、夕刊フジが流しています。

                           ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

夕刊フジ   2009/10/01

一方、鳩山由紀夫首相の現地入りは総会前日の10月1日夜で、東京の招致委員会幹部は「うちだけできていない。痛い」と頭を抱えている。あるIOC委員は「東京は難しくなっている」と話しているほどだ。

 それでも、東京の招致委員会関係者は「自信あり」と胸を張る。「投票当日にサプライズを用意している」というのだ。その候補の一番手が、サッカー元日本代表の中田英寿氏(32)だ。

 IOC委員はサッカーが盛んな欧州出身者が多いということで、リオは王様ペレ氏、マドリードは元スペイン代表FWラウルを起用してPR。それに対抗するため、欧州でプレーし、知名度のある中田氏を切り札としようという作戦だ。

                           ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 夕刊フジが言ってることですから、まあ、話半分かな?
それでもいまさら、ヒデって(笑)。それのどこがサプライズかなー?よう分からん。

どうせ、リオデジャネエノ?

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »