フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 延岡 洋食「おぐら」で食べたチキン南蛮 | トップページ | 長期政権後の大掃除 »

2009年9月16日 (水)

記者クラブ解体に暗雲か

 昨日自民党政府の最後の閣議とやらが行われ、各閣僚が感想などをマスゴミに語っている。感想ぐらいであれば、まあ分からんこともないが、馬鹿記者は「新政権への注文を」と質問する。それに乗ってあれこれ言うのも勝手だと思うが、中には「なに言ってんだか」という答えをのたまう自民党の政治家。

 防衛オタクの石破(前)農水大臣。
「新政権において、私たちが進めてきたことが、成就することを期待します」と語っている。ハア???なんで、新政権であんたらが進めてきたことを、成就させなければならないのか?継続するのなら政権交代は必要ないじゃん。おかしいんじゃないの?あんたは解党寸前の自民党でのたうちまわっていれば?ま、どうでも良いけど。

 ところで、いよいよ今日連立新政権が発足します。内閣の各閣僚が決まり、正式に船出ということですが、ひとつ心配な種が。
今まで通り新閣僚の記者会見において、内閣記者クラブの主催だからという理由でフリーランスの記者や外国メディアを排除するそうで、昨夜の朝日ニュースター「ニュースの深層」で(司会、ジャーナリストの上杉隆氏、重信メイ氏)神保哲生氏達が非常に憤慨していました。

 今まで、民主党は記者会見をオープンにして来たのだが、今度の記者会見はそうはいかないのだそう。これは今までの「記者クラブ」という、マスゴミの既得権益が存続するということなのか、非常に危惧する事態で。
今回も政府側(民主党)は「記者クラブの主催だから、私たちは何も言えない」と言い、マスゴミ側は「政府がそう言うから」と責任をなすりあっているそうだ。

 神保氏に言わせれば、「いつものことの繰り返しだ」そうで、民主党政権になれば、既得権益団体である記者クラブが解体されると思っていた向きには非常に残念な事態だ。私もそう思っていた一人で、民主党がこのまま進むのか危惧している。民主党は次の政策を掲げている。

▼政府の記者会見をすべてのメディアに開放し、既存のマスメディアの記者クラブ権益を剥奪する。
▼クロスメディア(新聞社とテレビ局の系列化)のあり方を見直す。
▼日本版FCC(米連邦通信委員会のように行政から独立した通信・放送委員会)を設立し、放送免許の付与権限を総務省から切り離す。

 マニフェストには載せていないらしいが、鳩山代表は「これは載せるまでもない政策で、当然実施していく」と述べていたそうで、それなのに早速記者クラブに負けたのか?と言われてもしようがないです。
一応民主党内の記者会見は今まで通りオープンだそうで、そこで矛盾を追及して行くべきでしょう。本当にこのままなし崩しになるようなら、ネットでも声を上げていくべきだと思います。

2009/09/16   12:20

« 延岡 洋食「おぐら」で食べたチキン南蛮 | トップページ | 長期政権後の大掃除 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん。 今日は。
>今まで通り新閣僚の記者会見において、内閣記者クラブの主催だからという理由でフリーランスの記者や外国メディアを排除するそうで、

「記者クラブ」なるものは、主権者国民の「知る権利」にかかわる重大な問題だと認識しております。

hamhamさん、コメントありがとうございます。

仰るように記者クラブはマスメディアの権益互助会です。今までのような情報操作のしやすい体制が温存されるのか?
国民の知る権利を蔑ろにして来たのはこの制度だと思います。THE JOURNALでの週刊朝日編集長、山口さんのエントリーをご一読ください。良く分かる話で書いています。
http://www.the-journal.jp/contents/yamaguchi/2009/09/post_90.html

今、新閣僚記者会見を見ていますが、時間帯の関係もあり時間に追われているような拙速な記者会見となっています。これではフリーランスやネット関係に開放したとしても質問出来る状態ではありません。
一応、抗議メールは送りましたが徐々に開放に向けた動きに変わるのではないでしょうか?少し長い目で見守りましょう。

よんじゃるさん、コメントありがとうございます。

>少し長い目で見守りましょう。

私もそうは思います、ますが・・。安全、会場のキャパ等々、クリアしなければならない問題も沢山あり、簡単にはいかないと。ただ、民主党からの何らかのアナウンスがなかったことが残念ですね。

somethingさん、皆さん、こんばんは

ネットを利用していなければ、この情報は把握できませんでした。
役人のレクを受けず、自前の原稿で喋ったことは、最初が肝心とする姿勢で良かったのですが、対官僚だけでなく、対マスコミについても、最初が大事と、フルオープンにするという主張を押し通して欲しかったです。
早急に、記者クラブを廃止するよう、民主党に意見を送りました。

今晩は、愛てんぐさん。コメントありがとうございます。

>対マスコミについても、最初が大事と、フルオープンにするという主張を押し通して欲しかったです。

そうですね、そうあって欲しかったですが、政権発足という、一大事で浮足立っていたのかな?
民主党さんには、とりあえず善処を望みますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46226091

この記事へのトラックバック一覧です: 記者クラブ解体に暗雲か:

» 記者クラブ開放の夢はうらぎられるのか? [PiichanのBlog]
livedoor ニュース - 民主党と記者クラブが密約、首相会見出席は特例かつ限定的にと via kwout 今回の総選挙では記者クラブ全面開放の夢をたくして民主党に投票した人もおおかったとおもいますが、彼らの願いをうらぎるようなことをすれば、1年後にせまった参議院選挙に影響....... [続きを読む]

» 二重構造 [謙遜と謙譲の音楽]
新聞を読んでいると「権力の二重構造化を懸念する声もあがっている」という文言をよく見かける。小沢さんが党幹事長に内定したことが、マスコミはよほどお気に召さないらしい。なぜ民主党にだけそれを言うのだ? キングメイカー気取りの森喜朗さんが闇将軍として派閥に君臨... [続きを読む]

« 延岡 洋食「おぐら」で食べたチキン南蛮 | トップページ | 長期政権後の大掃除 »