フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 民主党小沢幹事長就任へ | トップページ | 民主党さん 派遣法改正も忘れずに »

2009年9月 6日 (日)

やっぱりあった 国交省のデータ

 国交省が高速道路無料化をした場合、経済波及効果などの試算をしながら、民主党の主張に有利になるからといって、その公表どころか存在すら認めなかったデータが、存在していたそうで。
これなんかも、別に驚くほどのこともなく。ああそう、やはりね。という感想でしかない。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「高速無料化の経済効果 国交省、一転試算認める」

<asahi.com>   2009年9月6日5時5分

高速道路を無料化した場合の経済効果について国土交通省が2年前に試算を行っていたことが明らかになった。一般道の渋滞が解消されることなどから、直接の経済効果を2.7兆円と見込んでいる。これまで政府は「試算は存在しない」として隠してきた。民主党の公約に有利な結果だったため、公表しなかった可能性がある。

 試算は07年度に国交省の国土技術政策総合研究所が実施した。政府が08年度以降に検討していた高速料金値下げの影響を調べるためだった。だが、政府は国会答弁や質問主意書への答弁書などで高速道路無料化の経済効果に関する試算について「国交省が取りまとめたものは存在しない」などと存在を否定してきた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 なぜ公表しなかったかについて「検討段階だったから」と国交省では言っているとのことですね。そりゃね、野党民主党(当時)の主張に有利なデータは発表したくはないわな。官僚と政権側とのズブズブな関係になっていたことは明らかな話で、癒着ベッタリを指摘されても仕方がないですね。
だから、長期の政権には弊害があるという、ひとつの証明でしょうか。

 高速道路の無料化について、いろんな意見があります。CO2が増えるということについて、このデータでも出ていないらしいんですが、自動車の全国保有台数の総和が無料化によって増えるとは考えにくいと思います。結果、二酸化炭素が増大するとは思えないのですが。無料化の導入当初は、「ミーちゃん、ハーちゃん」のお陰で混雑しても、そのうち、「高速が渋滞するから、一般道を走ろうか」ということになるのは分かり切った話で、いずれ高速、一般道双方の平準化がなされると考えます。

 ただ、私は無料化に全面的に賛成では有りません。ただでさえひっ迫している財政。識者に言わせると、料金の二重取りになっているという話ですが、まあ少しでも家計の足しにでもなればという意味で、全国一律の料金を設定すれば良いのに、と考えています。
例えば、青森から鹿児島まで高速を利用しても、1000円で通行できるとか。首都高と阪神高速は除いて良いし。

 もちろん【ETC利用のみ】なんて姑息なことはせずに、現金でもOKにすればいいし、もちろんETCも利用できる。そうすれば現在の料金所の収受システムも存続できるし、なんといってもそこで働いている方の雇用も確保出来るのではないのでしょうか。収受システムの撤去だけでも相当な額が必要な筈です。せっかく、ETCをつけたのに、という向きにも良い話(笑)。

 私んちは人混みが大嫌いな家庭で、混雑を避けるのが当然のような行動をするのですが、世の中にはわざわざ、混むであろう場所と時間に出掛ける人の多いこと。(多いから混雑するんでしょうが)
いくら無料になったとしても、混雑する道路は利用しないぞと考えている私んちは、変わっているのでしょうかね。

2009/09/06    11:18

« 民主党小沢幹事長就任へ | トップページ | 民主党さん 派遣法改正も忘れずに »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>混雑する道路は利用しないぞと考えている私んちは、変わっているのでしょうかね。<
常識的な正当な考え方だと思いますよ。無料とか有料に囚われず「利便性・疲れず楽をする」が人間の欲求ですから‥
>(現状維持)なんといってもそこで働いている方の雇用も確保出来るのではないのでしょうか。<
無料化後の構想としてインターの増設を民主党は主張していますから、インターに関連する民間企業で雇用の受け皿は確保されます。
>全国一律の料金を設定すれば良いのに、と考えています。<
原則無料化が民主党の主張であり、高速道路建設当初の主旨も無料化だったはずです。料金課算するとすれば、渋滞道路とか日祭日限定有料とか渋滞緩和に限る方法も在るのではと思います。
>CO2が増えるということについて、このデータでも出ていないらしいんですが<
山崎養世日本列島快走論Q&Aより
http://www.yamazaki-online.jp/kaisoron/q_a/06.html
■無料化は理想的な「クルマ社会」の実現にもつながります。排気ガスや交通事故が減ることが期待されるのです。
日本全体の二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)の排出量の1割程度は、交通渋滞が原因で発生しているといわれています。つまり、アイドリング状態が環境には一番いけないわけですね。無料化は、高速道路の渋滞原因の30%を占める料金所をなくしますから、その分渋滞も緩和されます。
もうひとつ。意外な効果があります。交通事故の80%は市街地で発生するのです。無料化と出入口の増設で、高速道路の利用がいまより格段に高まれば、いわゆる営業車などは市街地を迂回して目的地に直行するようになるでしょう。その分、市街地の交通がスムーズになり、事故のリスクが下がるでしょうね。

よんじゃるさん、コメントありがとうございます。
山崎氏のことは存じております。私も本文に書いてますように、保有台数に急な増大がない以上、CO2が増えるとは考えてはおりません。

>無料化後の構想としてインターの増設を民主党は主張していますから、インターに関連する民間企業で雇用の受け皿は確保されます。

よんじゃるさんのご意見は良く分かりました。
ただ、無料道路のインター(出入口)に雇用が有るのでしょうか?私はその図が描けません。SAならば別ですが。
収受システムの撤去や、構築したその費用がもったいない、という考えからの意見です。そして、書いてますように「家計の足しに」なればという私の貧乏症からの発想でして、それ以上でも以下でも有りません。前も書いてますように、総論賛成各論反対という立場がそれぞれに有るということは分かっていますし、それが民主主義でしょうしね。

インターの周辺には必ず利便性を求めて住宅や商店等生活の場としての町が出来ます。短期で様変わりする事は無理がありますが、中長期的に雇用の場が生まれることは間違いないと思います。
山崎養世日本列島快走論Q&Aより
■ 公団の道路事業に支えられてきた民間企業は無料化に伴って生まれる“新たなサービス業”で雇用を吸収します。
問題は、ご指摘いただいたように公団から受注する道路事業を中心に成り立っていた建設業界の雇用です。大変裾野の広い分野ですから、地方の経済にも影響を与えます。こうした業界で働くみなさんは、SA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)と出入り口周辺を民間に開放することで生まれる“新たな高速道路周辺ビジネス”が積極的に受け入れていくべきだと考えます。ショッピングセンター、アミューズメント施設、ガソリンスタンドとコンビニの併設店舗、学校や病院、物流基地など、業態は無数に考えられます。
加えて、いまの高速バスや一般のバス事業が無料化を機に非常に有望なビジネス分野に成長します。こうした運輸業界も頼もしい受け入れ先になってくれるでしょう。

somethingさん。今日は。

国民と諸野党の協力で政権を交代させたら、活気のある、新鮮な、展望を持てる事柄、話題等がだんだんと出て来ていますね。やる気も出てきます。情報公開、草の根からの意見の噴出・・・、元気が一番です。理念があり、豊富な内容がある日本国憲法がありますから、これを活かしたら皆が幸せになれると思います。(^O^;


よんじゃるさん、コメントありがとうございます。

山崎養世氏が仰ることは、なるほど、中長期的にいろんな事業が集まってくるかもしれませんね。

そういうことだけじゃなく、私の言ってるのは、今現在ある料金収受システムがもったいない、と言いたいのです。そして雇用の面で、料金収受業務の人達が明日から、SAで「うどん」でも売ればいいって言うことでしょうか。
しかし「やればいい」というのは、机上の目線で、現場レベルの話では有りません。

そして口はばったいですが、ご承知のように日本の高速道路は山間を通っているところが大半です。偉い人の考えるような事業が集まればいいんですが。(インターも辺鄙な場所が多い)

そして、最後に言っておきますが、私は無料化を全否定しているのでは有りません。

>私は無料化に全面的に賛成では有りません。

と本文にも書いてますように、「全面的に」と言ってる訳でして、高速無料化にするくらいなら、こうすれば良いのにと、素人の意見を述べているのに過ぎません。

すべてをカヴァーするほどの収入の確保を言っているのではなく、「少し」財政の足しになればと言いたいだけです。それがいくらの収入になるのか知りませんが、道路の維持管理費用の「足し」にはなるだろうという、それだけの発想ですので。

hamhamさん、コメントありがとうございます。
いま、マスコミでは今までの自公政権の「反省」からか、民主党に非常に「シビアな目」が注がれています。
財源論から、担当能力、経験など。今までの自民党にこれほどシビアなら、もっと良い日本が築けたのに。そんな冷笑を浴びせたい気分ですね。ともあれ、国民の政治への関心という意味では非常に良いことです。これも民主党の通過儀礼でしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46134423

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりあった 国交省のデータ:

« 民主党小沢幹事長就任へ | トップページ | 民主党さん 派遣法改正も忘れずに »