フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ベンツのハイブリッドカー? | トップページ | やっぱりあった 国交省のデータ »

2009年9月 4日 (金)

民主党小沢幹事長就任へ

 民主党本部から出てくる小沢一郎。それを待ち構える報道陣。またたくフラッシュの閃光、殺到する人垣、「押すな!離れろ!」飛び交う怒号。
差し出されるマイクの束、小沢本人の声もかき消され、聞き取れない。

そこでのマスコミの人達は仕事だろうし、遂行しなければならないのだろうけど。
テレビを見てる視聴者から言わせると、情けないこと。
アホか。

 昨夜、テレビ画面で見てるとなんの一大事かと思えば、鳩山代表は小沢一郎に民主党の幹事長を要請した。そして受諾した。
それだけのことである。曰く「小沢氏の幹事長登用に関しては、『権力の二重構造』になるので、慎重論があった」
小沢が要職に就かなければ影で操り、小沢の傀儡体制だと批判するし、表舞台に出れば、二重構造だという。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

(毎日・jp)  9月4日

>民主党の小沢一郎代表代行の幹事長就任が決まったことに対し、4日午前の閣議後の記者会見で、各閣僚から批判や警戒する意見が相次いだ。河村建夫官房長官は、西松建設による違法献金事件を挙げ、「一連の事件はまだ解決されていない。説明責任をどう果たすかということは、当然あり得る」と指摘。甘利明行革担当相は「閣内に入らないなら、当然(政府と党の)二元体制になる」と述べ、民主党が掲げる「政策決定の政府への一元化」に疑問を呈した。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 くされマスコミとクソ馬鹿なTVコメンテーターの常套句でもあります。そこまで小沢が嫌なのか、或いは怖いのか知りませんが、いわゆる「小沢アレルギー」が蔓延していますね。その尻馬に乗るクサレ自民党。他人の批判してる暇があるのか?自民党に。

 別に私は小沢信者じゃありませんが、民主党に小沢さんが在籍する限り、有形無形の影響力がるのは当たり前で。なけりゃおかしいだろが。幹事長で良いじゃないの。
幹事長で頻繁に記者会見してもらって、いつも考えを聞けば安心じゃないの?小沢恐怖症のマスコミとしても。

 で、今になって細川政権時代のムーミンパパこと、武村正義とか田中秀征などが、当時のことは小沢の剛腕で失敗したと、テレビにしゃしゃり出てきては、あれこれ述べています。「いまだに小沢さんに対しての怨念が、心の中におんねん」ということでしょうか。
ま、小沢さんも敵も多いでしょうから、色々言われるとは思いますが、マスコミはまだ発足もしていない政権をも、引きずりおろそうとしているかのような報道ぶり。

 権力を批判するのがジャーナリズムだろうけど。もう批判の嵐(笑)。
んで、まだ与党は自民党と錯覚しているのか?今となっては全く関係ない、これっぽっちの影響もない自民党の総裁選挙のことをほじくりかえし、今度の首班指名では自民党議員は「首相の名前を誰と書くのか」などと、大層に、繰り返し放送している。
だから、【マスゴミ】と言われるのだ。アホタレ共が。

 自民党の議員がどんな名前を記入しようが、最大で119票しか入らないのだ。そんな分かり切ったことを、政治家の周りを取り囲んでインタビューする。まだ残暑は厳しいのだ。暑苦しい。
「てめえの名前でも書いておけ!」と言ってやればいいのです。

 それに、自民党の御用外人がアメリカで鳩山論文の批判を垂れ流し、これに飛びつく日本のマスゴミ。マスゴミも御用学者も自民党応援団の田原総一朗などの腐れコメンテーターも自民党と一緒に、下野して消えてしまえば良いのに。

2009/09/04   13:55

« ベンツのハイブリッドカー? | トップページ | やっぱりあった 国交省のデータ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethinさん、皆さん、こんばんは

甘利大臣は、民主党のマニフェストの目玉施策を、閉店前の店終いセールと言っていました。
ピッタリの表現です。
それも自分たちの緊急経済のこと、まさに自民党の閉店セールのバラマキでした。
自分たちのことが全く見えていない、国民が自民党をどう見ているか、さっぱり気付いていない、それが自民党の慢性疾患で、致命傷です。

二元体制、政治と金は、自民党の専売特許でしょう。
あんたたちが言うセリフではない、と国民の大半が思っています。

政策以外の所でしか、追求できなくなった自民党の凋落は目を覆うばかりです。
健全な与党を演じきれなかった自民党が、建設的な野党になれるはずがありません。
その批判の第一弾が枝葉末節の話です。

政権につく前から、マスコミは民主党批判????、アメリカでは100日間はハネムーンと称して、新政権を暖かく見守るのが習わしです。
日本で初めての政権交代、民主党は新米、それであら探しするのはマスコミのレベルの低さ、まるで三流の芸能誌のようです。
来年度予算を作る年内が正念場、マスコミも国民も民主党を応援して、官僚や自民党族議員から既得権益を奪って、国民の予算にするよう、協力すべきように思います。
民主党の足を引っ張って、得するのは官僚であり、自民党議員であり、癒着する企業で、損するのは大多数の国民です。
もう腐りきった自民党政治には戻れません。

愛てんぐさん、コメントありがとうございます。

>二元体制、政治と金は、自民党の専売特許でしょう。
あんたたちが言うセリフではない、と国民の大半が思っています。
 
仰る通りです。まず自分たちの頭の蝿でも追い払えば、ということですね。相も変わらず、マスコミの民主党批判。これまでの自民党政権にこれ程のシビアな見方が有ったか?もしそうであればもっといい世の中になっていたでしょうね。
民主党はそんな酷いことは言わないでしょうから、私が代わりに言ってあげます。

「記者クラブの廃止は当然。くだらんテレビの放送免許を取り上げるぞ」とね。

一発でしょうね(笑)。昔、細川政権の誕生の後、自民党がテレ朝を国会に招致してつるしあげていましたね。
そのトラウマが有るのでしょうか、テレ朝なんていまだに自民党の狗状態ですから(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46117995

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党小沢幹事長就任へ:

« ベンツのハイブリッドカー? | トップページ | やっぱりあった 国交省のデータ »