フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

民主党もこれだもんな

 岡田外務大臣が記者会見のオープン化を実施した。これは以前に言及していたことで早速実行したみたいですな。カタ物で原理主義者と評判の岡田さんの面目躍如といったところですか。

【共同通信】    2009/09/29

岡田克也外相は29日、記者会見を外務省記者クラブ所属の報道機関に限らず全メディアに開放した。事前登録したフリーランスやインターネットメディアの記者ら約20人が今回初めて参加し、会見は約50分間に及んだ。

 岡田氏は「従来の状態を続ければ、記者クラブ以外の記者の取材機会を奪い、国民の知る権利にもかかわる問題になる」と開放の意義を強調した。

 良く知られたところでは、贈り物は一切受け取らない主義だそうでして、送料とともに送り主に返還するとか。これぐらいが政治家にとってはちょうど良いんじゃないかと思いますが。それが、自己防衛にもなり得るでしょうしね。

 これは良いんですけれども。ところがですねぇ、こういうこともあるんですな。

毎日jp    2009/09/30   

民主5議員団体:クラブ、キャバクラ・・・政治活動費で飲食

 政権交代を受け、毎日新聞が要職に就いた民主党議員の政治資金を調べたところ、江田五月参院議長(岡山選挙区)=会派離脱中=や川端達夫文部科学相(衆院滋賀1区)ら5議員の政治団体が、女性従業員らに接客される「キャバクラ」などへの支払いを「政治活動費」として計上していたことが分かった。支出は03~07年に計500万円超。支出した政治団体には党本部からの寄付を主な収入源とする団体もあり、原資には国庫から支出される政党交付金が含まれ、使途の妥当性を巡って議論を呼びそうだ。

(中略)

▽江田事務所の話 議員は(接客飲食店での会合に)参加しておらず、会員や支持者、秘書らが参加した。(不適切との)指摘にかんがみ、支出のあり方を(五月会の)役員会で検討してみたい。

 ▽川端事務所の話 法に基づいて正確、適切に記載している。それ以上は答えられない。

 ▽直嶋事務所の話 収支報告書の記載通りで間違いない。それ以外は答えられない。

 ▽松野氏の代理人弁護士の話 いかがわしい風俗店とは違い、打ち合わせの場所として活用している。不適切とは思わない。

 ▽松本事務所の話 このような費用は個人負担せよとのご指摘はごもっとも。議員から相当額の寄付を(返還分として)受けることを検討したい。

 民主党は、「政党交付金ハンドブック」で、交付金の支出で飲食を伴う接待を禁止しているそうで。何やってるんでしょうか、バカヤロが。

 それを受けて、今日、平野官房長官は「法に照らして適切に処理されていると思っている。使途については、国民の皆さんが御判断されることだと思います」と語っていた。

 いやね、この官房長官駄目ですな。さっさと更迭しろ、ホントに。
曰く、きちんと収支報告をしているし法的に問題がないと言ってるのですが、オメエところの党の内規で禁止してるんだろが。

 おかしくないのか?少なくとも党規違反じゃないのかよ。
それより、テレビで見ていたが、こ奴の言い方が。なんか腹立ちます。

 それにしても、誰が実際にキャバクラに行ったのか知らんが、「ええ年して」よく行くよな、と思いますがね。私も30代ぐらいまではそれなりに遊びましたよ(わがカネで)。だけど齢50歳を過ぎればそーんなもん。行きたくもないわ、邪魔くさい。

 行ってもさ、そこのお姉ちゃんを喜ばせようと、馬鹿なギャグを言ったりするだけで。なんで金を払ってまで、お姉ちゃんの歓心を引かなきゃならないのだ。あほらしい。(今だから言えるんですがね。笑)

 政治家はタフって言いますけど、そういう方面でも精力的な輩が多いんでしょうかね。

2009年9月29日 (火)

焼きそば焼きうどん

 この前B級グルメの祭典、B-1グランプリのエントリを書いたのだが、その追記を致しますです。今年のグランプリは「横手焼そば」だそうですが、食べたことがないので、はっきり言えないのですけども。

 トッピングの目玉焼き(サニーサイドアップ)と「福神漬け」が横手焼きそばの特徴だそうです。目玉焼きは良いとして。

 ごめんなさい。全国1000万人(笑)の福神漬けファンには、申し訳ないけれど、私は福神漬けが駄目なのだ。

 正確に言うと、福神漬けそのものには罪がない。単体で食べる分には別にこれと言って拒絶反応は起きないのだが、何かの料理の横に添えてあるのが許せない。

 一般に広く認知されている福神漬けの利用方法としては、カレーライスの皿の淵に寄り添っていますよね。
そもそも、あれがダメ(笑)。おしゃれなお店だと、ステンレスの箱にラッキョウと別に入っているから、それは無視すりゃいいんだけど。

 なぜにカレーライスの横なのか?道理的じゃないと思う。ぴりっと辛いカレーの合間に、甘い福神漬けという位置づけなのだろうね。
ふん、軟弱な。
福神漬けは白いご飯のみに有効です。

 カレーの味に福神漬けは合わないと、強く主張したいですね。
これは私の嗜好だから、反論は受け付けませんよ(笑)。

 お店で出されるときにも、お皿に乗ってくるんですが、気の弱い私は黙って食べずに横にズラすだけ。これを何時もしている身にもなってみろ(笑)。

ま、店の人に「福神漬けはいらないからね」とひとこと言えばいいのだが。

 カレーライスよりも、焼きそばが好物の私にとって、その横に福神漬けを添えるなんて、暴挙に等しいですな。違うと言うなら論拠を示せと(笑)。

 ところで、グランプリ3位の「津山のホルモンうどん」というのは、だし汁うどんじゃなくて「焼きうどん」らしいですね。これも食べたことがないので分からないのですが、醤油味かな、ソース味かな?

 焼きうどんは絶対的に「醤油味」だと、主張するものでございますが、そのお話はまたの機会に。

 

 

2009年9月28日 (月)

やっぱり行くんですかね?IOC総会

 この前、オリンピック招致のIOC総会に鳩山さん行くのか?というエントリを立ち上げたのですが。やっぱり、行かないで欲しいなあ。
どうせ、リオ!決まり。イパネマの娘好きだし。唄はカンケイないか(笑)。

 万が一ですよ、東京に決まったら、ファシスト傲慢石原都ジジが自分の手柄にするだけ。そして、そのまま知事を続けるだろうし。だけど、招致失敗で、辞任させて責任逃れさせるのも。うーん、悩ましい。

 ところで、鳩山出席の方針決めたの誰ですかね?ご本人?それとも、鳩山首相の側近ウラノ官房長官ですかね。

 民主党は記者会見はオープンだったのに、初の閣僚記者会見で、記者クラブだけ(一部外国メディアと週刊誌は出席)の記者会見を主導したんじゃないかと、もっぱらの噂です。
ま、別の噂ではゴミウリのナベツネが恫喝したというのもあるんですがね。

 それにもう一つ、このウラノさんね、あ、平野さんか。官房長官が管理する官房機密費でも「そんなものがあるんですか、承知していない」と寝とぼけ発言している。

 <asahi.com>    2009年9月17日

「そんなものがあるんですか」

平野官房長官は17日の記者会見で、官房長官が管理する官房機密費(内閣官房報償費)について、「そんなものがあるんですか。全く承知していない。承知していないからコメントできない」と述べた。官房機密費がある場合はどう対応するのかと問われても「『たられば』の話はできない。まだ、全く承知していない」と語るにとどめた。

 官房機密費は、官房長官が自由裁量で使える予算で、何に使ったかは一切公表されない。このため、民主党は03年に政権運営の基本方針として「官房機密費の流用を厳格に制限し、使途は厳正な公開基準の下で一定期間後に公表する」と決めている。

 なんかふざけていますね、この物言い。
自民党の政治家を彷彿とさせますが。このほかにもいろいろとウラで動いてるそうで。名前通りじゃん。
そのほか、菅 国家戦略相の位置づけにも冷淡だと言われてたり。

もう少し酷くなれば、黙ってへんでぇ、ワタシャ。

2009/09/28   15:05

2009年9月26日 (土)

八ッ場ダム問題であれこれ考える

 大型の公共工事事業って、【大型】なんだから膨大な時間と人、お金がかかるのは当然だろうけども。アレですな、素人が素朴に考えて、そもそもの計画から40~50年たっても完成しない、という事業はもはや「会社」ですな。

 大卒の人がその会社へ入社して、60歳で定年退職しても、なお完成していない。もう立派な会社です。毎年、新卒を20年ぐらい採用しないと追いつかない。それぐらい時間と金がかかっている。

 八ッ場ダムで言えば昭和27年の計画策定から56年間経てもなお全体の工事の進捗は平成20年度の時点で、20数パーセント。
一番進んでいる鉄道工事(75%)を除けば、10%未満だそうで。しかもダム本体は未着工なんですね。

 そりゃ、ひとつの会社が無くなるかどうかと同じで。その「企業」がある地域は「止めないで」、となりますわな。働き場が無くなるんですからね。
治水だ利水だと言ってますが、これって、結局、地域経済の話でしょ。

  話変わって、テレビのドキュメンタリーで(ダム湖の底のわが故郷)というの感じの番組を何度も(それこそ何度も)、見たような気がします。「ふるさと」をBGMにして古い小学校の校門の二宮尊徳の銅像、そんな写真をかぶせたり、そこの地元住民の人が涙を流したりしてさ。

前のエントリにコメントを寄せて頂いた、愛てんぐさんが仰っていました。

>自分たちのふるさとが湖底に沈み、一生訪れることができないという思いがあるのが普通で、ふるさとを破壊することを積極的に公言できないと思います。

 ほんと、そう思いますね。そんなに昔を懐かしむんだったら、今ある故郷をなぜ大事にしないんだろうか?ていうか、すっかり全部、ダムの底に沈ませないと、そんな郷愁も出てこないというのだろうか。

 ところで、アホなマスコミがやらせみたいな偏向報道するもんだから、地元の町役場には批判や抗議のメールが殺到したんだそうで。一日に4千件もあったそうで、中には中傷メールもあったとか。

 私は矛先が違うと思うのですが。
恣意的な報道してきた、マスコミにこそ批判のメールすれば良いのに、と思うけどなあ。なんか、豚インフルで罹患した患者の学校を批判するのと根っこが同じような気がしますけども。

 ともあれ、選挙中、鳩山さんが「政権交代して、日本の大掃除」と言ってたけど、前政権の負の遺産というものが、いかに多くて大きいか。

 50年以上居座った前の住民が出て行ったあとの借家みたいなもんで、あちこち痛んでて、【大掃除】ぐらいでは簡単に片付かないですね。アパートの賃貸契約なら「原状回復」が通常だけどな。

2009/09/26     14:18

2009年9月25日 (金)

オリンピック招致のIOC総会に鳩山さん行くのか?

 16年のオリンピック招致で、東京都が立候補しているのはご存じのとおり。ゴーマン石原都ジジがチカラ入れてますよね。築地移転と共に。

 コペンハーゲンで行われるIOC総会に出発の際の記者会見でも、石原都ジジは元気がなかったですな(笑)。

 招致の見通しについて「先行きが不透明で、皆さん方に胸を張って言えないが」といつもの強気はどこへやら。負けるもんねぇ。

 プレゼン用のビデオの出来にも、ご立腹の様子で「ありゃ全然ダメだ、立派な広告代理店が作ったんだろうから、もう少しましなものを」と。

 で、このIOC総会出席でも、出席者一人当たり1000万円の渡航費用!がかかるとかで、人員を減らしたそうです。人減らすのも良いけど、1000万円って。

 いい加減にしろよ、飛行機はファーストクラスかい!で、コペンハーゲンのどんなホテルに泊まるのだ?五つ星ホテルの、スーパーロイヤルスイートか?費用を削るという発想はないのか?

 聞きかじっただけなんだが、おそらく間違いない。庶民の感覚から著しく外れていると思うのは変だろうか?

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日jp

訪米中の鳩山由紀夫首相は24日夜(日本時間25日午後)、16年夏季五輪の開催都市を決めるため10月2日にデンマークのコペンハーゲンで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会への出席について「首相としての役割があるとすれば、日程的に都合がつけばうかがうことも真剣に考えたい」と前向きに検討する考えを示した。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 鳩山さんは行くのかな?行かないほうが良いと思うけども。こんなにも予算を使ってもさ、リオデジャネイロかシカゴなのに。

 だけど、招致に敗れた時、クサレ石原都ジジはきっと「首相が行かなかったからだよ」なんて責任をなすりつけるだろうしな。うーん難しいですな。

 でも、開催の政府保証は良いとして、財政保証は当時野党だった民主党も反対していたそうだからね。

2009/09/25    19:32

進次郎が盛り上げたって(笑)

 今日は少しバカバカしい話題をひとつ。(と言っても、いつも書いてることはバカバカしいんだから、始末に困るが)自民党の総裁選?(語尾上げ)やってますよね、どうでもいいけど。

 そこで、この国をここまで貶めた、ペテン師の息子、シンジローとか言う輩が、めでたく代議士となっているそうで、そいつが総裁選?(語尾上げ)で、盛り上げた?(語尾上げ)みたいな?(語尾上げ)

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>    2009/09/25  7:08

歴代の自民党総裁で最も模範としているのは誰ですか。私に対するお気遣いは全く必要ありません」。小泉純一郎元首相の次男で総選挙に初当選した進次郎氏(28)が24日、自民党総裁選の討論会で登壇、3候補に質問した。

 この質問は、党の会員制動画投稿サイトで募集した内容の代読。しかし、「お気遣い不要」の部分は進次郎氏のアドリブで、会場は笑いに包まれた。谷垣禎一氏は「吉田茂と宮沢喜一」、西村康稔氏は「吉田と岸信介」を挙げ、河野太郎氏は「新総裁・河野太郎が模範になれるように」と答えた。進次郎氏は「率直なお答え、ありがとうございました」と淡々と締めた。

 総裁選は民主党政権の影に隠れて低調だ。しかも河野氏の重鎮批判でとげとげしさが覆う中、久々に朗らかなムードが漂った。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 そうですかー、コーノタローが「腐ったリンゴを樽に戻せば、みんな腐るんだよ」言って、とげとげしさが漂う中、久々に朗らかで、牧歌的なムード?(語尾上げ)でしたか。

 良かったですねー。このまま、敗北しても渡辺喜美が両手を広げて待っている言いたい放題のコーノタローの発言でギスギスしましたもんねー。

 自民党をシンジローと言われても、信じられまへん。(昔からだけど)

 

2009年9月24日 (木)

八ッ場ダム建設中止であれこれ言う人たち

 群馬県の八ッ場ダムの建設中止の方向を受けて、各土建屋知事が吠えること。埼玉県の上田知事は、自治体の負担金を返還することについても「金を返せば良いってもんじゃない」とまるで、「や」のつく自由業の方のような、恫喝ともとれる発言をしている。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【共同通信】   2009/09/24  13:23

前原誠司国土交通相が八ツ場ダム予定地を視察し、建設中止を撤回しない考えを強調したことについて、事業費を負担している埼玉県の上田清司知事と千葉県の森田健作知事が24日、中止にあらためて反対の姿勢を示した。それぞれ記者団の質問に答えた。

 上田知事は「代替案の開示がなく、極めて無責任だ」と批判。国が関係自治体に負担金を返還する意向を示したことには「金を返せばいいというものではない。(他の方法と比べて)時間とコストがかからないことで、ダム建設が決まった経過がある」と反発した。

 森田知事も「だめだと言うなら『治水・利水の面でこういう構想がある』というのを示していただきたい。確かに(民主党の)マニフェストに載っているが、これでは問答無用になってしまう。話し合いが大事だ」と述べた。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「金返してアカンかったら、どうしたらええんじゃい」と聞いてるこちらも、その筋のような言い方になってしまうけれど(笑)。

 で、千葉県の(青春の虚像)知事が、「水戸黄門みたいですね。このマニフェストが目に入らぬか~、という感じですね」とくだらんことを言ってるし。

民主党のホームページに次のように載っている。

民主党『次の内閣』ネクスト国土交通大臣 長浜博行
民主党公共事業検討小委員会座長 枝野幸男

 7月13日の上毛新聞において、八ッ場ダム建設事業について、建設を中止した場合、建設を継続した場合の事業費4,600億円を840億円程上回るとの報道がなされた。これを受けて、民主党『次の内閣』国土交通部門・公共事業検討小委員会は15日、国土交通省よりヒアリングを行い事実関係を確認した。

 国土交通省担当者は「特定多目的ダム法は、ダム使用権設定を希望する自治体が多かった時期に作られた法律であり、同法12条(建設費負担金の還付)は申請を退ける場合に使われる。国が事業計画をやめるときは、もともと全額還付があたりまえだが、これまでには1例もない。法第12条の還付金の額について定めた施行令は、平成16年度のダム事業見直しの際に、撤退ルールとともに制定されたもの。還付金については、新たに支出が増えるという話ではない」との見解を示した。

 すなわち、事業を中止した場合、これまでに支払済みの利水関連事業費1460億円(厚生労働省からの補助金を含む)が利水者である東京都、埼玉県、千葉県等の負担から国が負担することになるという、公会計内での負担者の変更に他ならず、結果として、事業を中止しても、継続した場合の事業費を上回ることはないことが判明した。
 加えて、利水者にとっては、これまでに支払済みの利水関連事業費が還付されるので、事業の中止によって新たな負担は発生しないことも確認された。

 なお、今年度以降に実施される生活関連事業費約770億円は、事業の継続、中止を問わず必要とされるものであることは言うまでもないことである。また、民主党は、八ッ場ダム建設事業の中止を訴えるものであるが、ダム水没地周辺地域の住民等の生活再建支援は特別措置法の制定等で対応していきたい。

以 上

 これは、今年の7月に民主党が国交省にヒヤリングした時の話で、要するに、支払う公共体が国か、都県かということを、国交省が明言している訳で、新たに負担金は増えないと、その時点で国交省がお墨付きを与えているみたいですね。

 なんか、利水の関係で各自治体の利権の思惑が交錯しているみたいでして。金を返してもらっても、うま味がないからなのか。

「まず中止ありきでは、テーブルに着くこともできない」と言ってるのも矛盾した話で。「まず、ダム建設ありき」をごり押ししている君らの方もおかしいんじゃないか、と思うけどね。

 最後に、馬鹿マスコミは今になって急に、「かわいそうな地元住民」というスタンスで報道しているけど。その地元住民も町会議員だとか県会議員ばかりがテレビに出てきてブーたれてるそうで。(きっこのブログ

 権力を批判するのがジャーナリズムだとばかり、今までの自公政権がやってきた、くだらん政策はロクに批判しなかったくせに、やっと、ジャーナリズムに目覚めたか(笑)。

2009/09/24   18:00

 

2009年9月23日 (水)

ホントは嫌いだけど、グヮンバレ前原!

 国土交通大臣の前原さん。私、この人は嫌いでしてね。
ジミントウの、アベシンゾーさんもお友達だし、日本会議のメンバーだしね。ウヨウヨだもんね。

 でも今回の八ッ場ダム中止の件では応援します。
なんといっても、民主党の政権公約です。そしてまだ発足して間もない政権において、まだ何にも実績がない段階での、この逆風。

 例によって、マスゴミの偏向報道付き。
中止反対派のオッサンばかりを画面に出す。建設中止派の報道が少ないこと。地元住民も土建国家に洗脳されてますね。

 そして、「57年間も地元住民は、国に翻弄されてきた」などとのたまう。
あのね、翻弄してきたのは民主党じゃないんですよ。
クサレ自民党。分かってますか?

 予算執行の7割を、あたかも「工事着工7割」みたいな恣意的な報道をする馬鹿マスゴミ。この詳しいエントリを「雑感」さんが、取り上げていらっしゃいます。

http://udonenogure.iza.ne.jp/blog/entry/1230873/

ぜひご一読を。

                          ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2009/09/23   【共同通信】

前原誠司国土交通相は23日、群馬県長野原町の八ツ場ダム予定地を視察、地元知事らとの意見交換会で、現地訪問前に建設中止を表明したことに批判が相次いだことを受け「配慮に欠けていた面が多々あったことをおわびしたい」と陳謝した。ただ中止方針は「白紙に戻すことは考えていない」として、撤回しない考えを強調した。

                          ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2009年9月22日 (火)

田中良紹氏もそう言うんだからやっぱりバカなんでしょうね

 よく拝見するサイト「THE JOURNAL」、田中良紹氏のコラムが好きで。今日読んだコラムは「なぜ記者はバカになるか」というもので、大変面白く読んだ。

 既得権益に守られてきたマスゴミは、新規参入もなく、視聴率と販売部数などにのみ、血道をあげてきたからだ、と。

 まことにその通りで、本当に記者のレベルが低いすね。だから、下野して消えてしまった、アホーアッソー前総理にすら「整理できた?」「裏取ってるわけね」とバカにされるのだ。

 質問する記者は、俺は賢いんだぞ、と思っているかどうか知らないが、うすらボンヤリ手枕で、ゴロンと横になってテレビを見ているこちとらにも「バカか?」とすぐ分かるような質問ばかり。

 私が最近見ていて気になるのが、鳩山総理の朝の出勤時、玄関先に詰めてる(出待ちって言うんですか)記者のうちのひとり、女性の声だ。(言わされてんだろうな)

「鳩山代表!政権交代がいよいよ現実のものになりましたが、今のお気持ちは?」

「鳩山代表!いよいよ今日は首班指名の日になりました。今のお気持ちは?」

「鳩山総理!今日はいよいよアメリカへ行き、各国首脳との外交デビューです。今のお気持ちは?」

 毎日、毎日「今のお気持ちは?」と確認される方もたまったもんじゃないな。
必ず最後に「今のお気持ちは?」と聞くんですな。「ムニャムニャペケペケ、ペラペラですが、今のお気持ちは?」で良いんだったらさ、前フリは何でもいい訳で。

「鳩山総理!今日はワタクシ、もう何にも言うことがないのですけれど。今のお気持ちは?」しまいにゃネタが無くなって、そう聞くことになるぞ。

 それと、ぶら下がり会見した後、記者が車座になって「メモ合わせ」ってやるんだそうですな。これは上杉隆さんの本「ジャーナリズム崩壊」でも読んだ。

 自分が聞いた言葉が正しいか、或いはぬけていないかを確認するんだってさ。まるで、テストの答え合わせするようなもんで、ジャーナリズムの欠片もないって言ってましたな。

 あっ、そうそう。昨日の総理のぶら下がりだったと思うけど、記者が「カミカミ」で何を言ってるのか分からなくて、鳩山さんが「そう、緊張しなくてもいいですよ」と慰めていたのが滑稽でしたね。

2009年9月21日 (月)

ギター弾きの恋

 前に見た映画だが、昨日の夜風呂に入りながら、ふと、思い出したので、忘れないうちに書いておこう。

「ギター弾きの恋」

監督:ウディ・アレン

主演:ショーン・ペン

1999年 アメリカ

自称、世界で二番目に上手いギタリスト、エメット・レイ(ショーン・ペン)の少し破滅型の人生を描いた秀作。

「悪ガキという感じのショーン・ペンの印象が一変した作品で、なぜか印象に残っている。なんというタイトルだったかな、と思いだして、ググった次第。
主人公は架空の人物だが、彼が世界で一番上手いと尊敬している実在した天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの時代。良い映画です」

<ジャンゴ・ラインハルト&ステファン・グラッベリ>

改めて、ハンディを乗り越えた彼の素晴らしい演奏は驚愕。

B級グルメの祭典 B-1グランプリ

 全国のB級グルメの祭典が、B-1グランプリだそうで。よく知らなかったのだが、今年で4回目の大会が行われていたそうですね。
今年は秋田県横手市で開催され、地元の「横手焼そば」がグランプリだそう。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

河北新報  2009年9月21日

秋田県横手市の2会場で開かれていたB級ご当地グルメの祭典「B―1グランプリ」は20日、閉幕した。2日間の入場者数は、これまでで最多の26万7000人を記録した。

 B―1グランプリでは、食べた中で気に入った料理にはしを「投票」して順位を決める。

 最終日の表彰式で、ゴールドグランプリに横手やきそば暖簾(のれん)会、シルバーグランプリに八戸せんべい汁研究所、ブロンズグランプリに津山ホルモンうどん研究会(岡山県津山市)がそれぞれ選ばれた。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Yokote yakisoba by Hyougushi in Akita.jpg
横手焼そば

 「B級」というから、焼きそばだとか、ギョーザ、おでん、カレーなどが多いみたいですな。あんまり取り澄ました料理、「フォアグラとキャビアのムース、オレンジソース添え」なんてものは出てこないのは分かり切ったことで。

 この大会にエントリーしている団体の料理ということなんだろうが、有名どころで言うと、富士宮の焼きそばなんてのは私も知っているが、八戸せんべい汁なんて見たことないし、津山のホルモンうどんも知らない。

 全国的に有名な御当地グルメと言えば、札幌ラーメン、宇都宮のギョーザ、大阪のお好み焼き、たこ焼き、讃岐うどん・・・etc ここに書ききれないぐらいある訳ですが、あんまりそういう超有名どころは参加していないみたいすね。

 私の住んでる愛媛では、なんだろ?すぐに思い浮かばないが、「五色ソーメン」なんてのがあるが、真鯛がドーンと乗っていて、あれはちと高級ですな。

 うーん。「今治のやきとり」ですかね。普通、焼き鳥というと串に刺した鶏肉を炭火の上で焼く、というものですが「今治のやきとり」は鉄板の上で鶏肉をジュウジュウ焼くというか、炒めるんですね。

 私も二回ほどしか食べたことがないですが、これも結構旨いですね。
で、私が長く住んでた大阪は「イカ焼き」ですかね。タコ焼きに比べて、マイナーな印象です。ご存知の向きもあろうかと思いますが、イカそのもを焼くんじゃなく、溶いた小麦粉にイカのげそをいれて、鉄板に挟んで(ぺたんこ)に焼いたもの。卵を溶きいれたりもする。

 ガキの頃は、縁日や祭りの屋台でよく食べた。有名どころでは、大阪梅田の阪神百貨店の地下、というものがあるんですが、去年だったかな、実に久しぶりに食ったんですが、私は「うーん、こんなもんだったかな?」というのが率直な感想でして。粉もんだけに(笑)。

 ここは、いつも行列ができるんですが、その時もすごく人が並んでいた。
人それぞれで、評価は分かれるところですが。まあ、はっきり言うと、時間をかけて並んでまで、という感じはしませんけども。名物に美味いものなし、という現実もありますね。

2009/09/21  10:46

2009年9月20日 (日)

また総裁選挙だ 飽きずにお疲れ様だね 

自民党総裁選

(T:タロウ   S:シンゾー)

T:あー、忙し。

S:えっ、あなた暇でしょ?何がそんなに忙しいんですか。

T:何って、今日は俺の誕生日だよ。

S:良くご存じですねー。

T:変なブログで見たんだよ・・って、自分のことだからだよ!

S:ところで、今度は立候補しなかったんですか。

T:やっぱりな、反省してんだよ、これでも。俺がまた出たらおかしいだろ?

S:戦犯ですからね、大敗の。

T:うるせーなー。でもさ、引き継ぎの時ビシッと言ってやったぜ。「針路を間違えるな」って、ポッポに。

S:たろうが偉そうに言ってますね。

T:なんだとっ。俺の方が年上だろ。呼び捨てにすんなよ。(と胸ぐらをつかむ)

S:イテテ、違いますよ。コウノタロウのことですよ。

T:あー、なんだ。コウノね。

S:全員野球じゃなく、派閥の親玉はスタンドで見てろって。

T:モリさんはベンチに入りそうにないからな。でかくて。

S:名指しで批判してましたからねー。

T:T・Kもさ、怖さを知らないからね。あの人にタックルされたら大変だぜ。

S:T・Kって、5億円詐欺をした音楽プロデューサーの?

T:コウノタロウだよ。話の流れで分かるだろ、わざとボケてるだろ。

S:で、誰に投票すんですか。僕はヒラヌマさん。

T:出てないし。自民党じゃないし。俺はやっぱりタロウかな、おんなじ名前だしな。キダタロー。

S:出てないし。自民党じゃないし。浪速のモーツァルトだし。

                           ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

PAT.原案  謙遜と謙譲の音楽

作          something 

<やきとりさん、申し訳ありません。またやってしまいました(笑)。>

2009年9月19日 (土)

新閣僚がいろんな発言したって良いじゃん

 ニュースサイトをあちこち見ていると、はあ?という記事に出くわすのが楽しくて。

これなんかもそう。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<ashi.com>   2009年9月19日14時22分

鳩山政権発足早々、民主党の閣僚らは政権公約の実現に躍起だ。連立与党の社民党には「民主党に走られると埋没する」(幹部)との不安があり、この日の福島氏の発言にもそれがにじんだ。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 これは、【福島消費者相「長官人事、官民問わず」発言に独自色】という朝日新聞の記事の一部です。

【民主党の閣僚らは政権公約の実現に躍起だ】と書いてるんですが。

笑いませんか?公約の実現に「躍起」って。(笑)

言葉が違うでしょ。ここで使うか?

      躍起=(形動)あせって、むきになること。「三省堂辞書より」

政権発足して未だ一週間に満たない段階で新政権は「あせって、むきに」なっているのかだろうか?ま、そうかも知れませんが。でも・・。

それと、公約を実現しようとしていることがいけない?と取れないこともないですな。それとも精一杯のイヤミかな。(イヤミですか、やっぱり)

もうひとつ、自公政権で「公約」とは実現しないもの、という刷り込みがこの記者にある様な気が。

コイズミペテン師の「公約なんて実現しなくったって大したこたぁない」という暗示が解けてないんだろうな(笑)。

かわいそうに朝日新聞に長くいると「あほ」になるという動かぬ証拠(笑)。

「民主党の閣僚らは政権公約の実現に奔走している」こんなもんですかね?添削すれば。

日本航空の経営危機

 日本航空の経営危機で、外資などの支援が焦点になっている。
ナショナルフラッグシップの切り売りになるのか。国交省が主導の?デルタ航空や、アメリカン航空も支援に手を挙げているそうです。

 外資は日航そのものよりも、ドル箱路線と発着枠が欲しいんだそうで、食い荒らすだけという指摘も。

 今日の朝日ニュースター、パックインジャーナルを見ていたら、朝日新聞の山田さんが解説していたが、要するに、赤字路線の拡大と昔からの高給が原因だそうで。新政権の立ち上がりで早速難問が。

 融資の政府保証をすでに、540億円もしている。これ以上日航の支援の長期化を新政府と民主党がするのかどうか、ということらしいです。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>    2009年9月17日2時10分

日本航空の経営問題について、前原誠司国土交通相は17日、経営再建をめぐる国交省の有識者会議について「白紙で見直す」との考えを表明した。自民党政権時代の航空政策のあり方を検証したうえで、日航の経営問題についても判断していく考えを示したもの。前原氏の意向で、日航再建の道筋が大きく変わってくる可能性がでてきた。

 鳩山政権にとって、日本航空の経営危機にどう対処するかも大きな課題だ。巨額の政府保証による金融支援をいつまで続けるのか、思い切ったリストラ策を組合にのませることができるのか。日航の路線削減で打撃を受ける地方空港への対応も注目される。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 日航は「翼のある国鉄」だそうで、我田引鉄ならぬ、「我田引空」策で各県にひとつの空港を作ろうという、国が今までの土建政策で進めてきた犠牲だそうですね。

 空港を作ったから路線を持ってこい、じゃ、日航だ。ということで不採算路線を大量に抱えてきた、そのツケだそう。

日航にも責任はあるんだろうけども、ある意味、国のコンクリート至上主義が生んできた、ひずみがここにもあると思いますね。

2009/09/19    18:14

2009年9月18日 (金)

鳩山内閣の支持率

 各新聞社が世論調査をし、鳩山新政権の支持率を発表しています。

朝日新聞   71%

読売新聞   75%

毎日新聞   77%

日経新聞   75%

産経・FNN  68.7%

 まあ、大体70%越えで高い支持率なんですが、面白いのは自民翼賛サンケイ新聞(笑)。ただ一人無人の荒野を往くか如く、60%台なんすねー。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

(msn 産経ニュース) 2009/09/18

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が16、17両日に実施した合同世論調査で、鳩山内閣の支持率は68・7%に達した。麻生内閣発足時の44・6%を大きく上回り、非自民連立政権として平成5年に誕生した細川護煕内閣以降の11内閣でも、3番目という高水準でのスタートとなった。政党支持率も、民主党が44・4%と初めて40%を超え、自民党の18・8%を2倍以上引き離した。政権交代と、連立政権誕生を国民が高く支持していることがうかがえる。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

なんだろか、これも操作した数字でしょうかね。それともサンプル数が予算の関係で少なかったんでしょうか。経営が苦しくてFNNと合同での調査ですからね、仕方がないか(笑)。
で、朝日も71%だから、これも少し笑ってしまう。

2009/09/18   18:02

労使協調などという お手盛り組織の連合

 このあいだのエントリでは日本労働組合総連合会(連合)は嫌いで・・・、なんてやさしい書き方をしたけど。本音を言えば連合も結局、既得権益団体で、ロクなもんじゃないと思っている。なんなら、記者クラブとともに解体して欲しいくらいだ。こう言うとウヨクみたいだが、当然、労働組合そのものは必要だし否定しない。そして、無くてはならないものだと考えています。

 憲法28条(労働基本三法)が保証しているように、国民の権利として、団体交渉権や団結権、団体行動権は決して棄損してはならない。

 私が言いたいのは、連合も記者クラブと同じ既得権益互助会になっているのはよく知られたことです。多少、その姿勢に変化がみられるけども、基本的にそう変わっていないと考える。「非正規雇用センター」などというおためごかし組織があるようで(実体があるんでしょうかね)、一応のポーズは作っているけどもね。

 それが証拠に、いまだに派遣の製造業への禁止を明確に打ち出していない。自分たち(正社員)の雇用を守るため、労使協調で労働コスト(ふざけた言い方)が安い非正規雇用を利用して企業の存続を果たすとか。したがって会社が海外に逃げられたら困るし、企業あっての雇用だから、派遣を使うのもやむを得ないなどとね。これなんかよく言われる正社員クラブの思考だと思いますね。だったらさ、非正規雇用センターなんて作らずに、特化すりゃいいんです。本音を言って欲しい。連合は「正社員クラブ」ですとね。

 労働貴族と言われる一部の人など、そういう労働者の格差というか、ヒエラルキーを作ったのも連合だろうしね。組織率が低下して、構成人数が減るもんだから、パートや非正規雇用の人を取り込んでるけれど、果たしてどこまで非正規雇用のことを考えているのか、私は懐疑的な目でみている。所詮、御用組合だろうというのが私の認識だ。

 このニュースもそれを裏付けるものかな?新政権のマニフェストである、地球温暖化ガスの削減問題でも、連合が慎重姿勢だそうで。これも、お手盛りの労使協調、経団連との連携だろうか。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>    2009年9月18日5時19分

鳩山由紀夫首相は17日午前、首相官邸で連合の高木剛会長と会談し、世界的な不況の影響で雇用環境が悪化していることから、雇用対策を強化することで一致した。鳩山首相が表明した温室効果ガスの「90年比25%削減」の目標について、高木氏は慎重な対応を要請したが、首相は環境保全の重要性を訴えて理解を求めた。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 連合の高木会長は削減案に慎重姿勢なのは、先も言ったように経団連の意向も入っているのじゃないか?そう言われても仕方がない。経団連は民主党とのパイプが細いもんだから、企業内組合、電力労組や鉄鋼労組を使って、圧力をかけているそうで、その一環で連合も動いているのか。

 連合などの【企業内組合の集合体】は、これからの、いや、本当の意味での労働運動は出来ないと考えている。組織横断的な【ユニオン】でないと、企業側に取り込まれ(出世をエサに懐柔される)、いつまでたっても、御用組合という誹りは免れないだろう。もっと言えば、連合と経団連という名称は同義語なのか?

2009/09/18  13:47

2009年9月17日 (木)

長期政権後の大掃除

 夜中の一時過ぎまで新閣僚の記者会見をテレビで見ていた。内閣記者クラブの主催で雑誌や外国特派員には開いた記者会見でしたが、やはりフリーのジャーナリストには開放しなかったり、と問題もありました。過ちを改めるに憚ることなかれと言いますように、この問題を善処して頂きたいですね、民主党には。今のところそれしかないか。

 で、鳩山総理の記者会見を見ていての率直な感想は、なんというか、前任者に比べてお上品なこと(笑)。そして、官僚の分厚い資料がないこと!鳩山総理は冒頭の所感において、一切メモに目を落とさなかった。まず、内容云々よりもそれが新鮮に映った。そして、記者との質疑応答においても、メモをしてから、答えていくスタイル。えーと、忘れたけど。名前なんだっけ?だみ声の・・、前首相と雲泥の差(笑)。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>    2009年9月17日1時17分

岡田克也外相は17日未明、薮中三十二外務事務次官に、核持ち込みや沖縄返還をめぐる日米間の密約について、外務省内にある資料を調査し、今年11月末をめどに調査結果を報告するよう命令した。

 岡田氏は外務省内で行った会見で「密約の問題は、外交に対する国民の不信感を高めている。事実を徹底的に明らかにし、国民の理解と信頼に基づく外交を実現していく必要がある」と表明した。また、来週に米ニューヨークで予定されている日米外相会談で、米側に密約調査について説明する考えも明らかにした。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「核密約説」、アメリカの公文書公開で存在が確認されてるのに日本の前政府、外務省は知らぬ存ぜぬ、ですから。あと、今朝のテレビでやっていたが「沖縄返還密約」こういったものが洗い出されること。そしてこれだけじゃなく、今までの自民党政権や官僚が隠してきたものが、国民の前に明らかにされることを期待したい。

 いろんな政策の実行も勿論やってもらわなければ困るが、今までの政権の闇も暴いて欲しいものです。そうして、ガツンとやっておくと、別な意味で政権への求心力も高まると思いますね。

2009/09/17   15:48

2009年9月16日 (水)

記者クラブ解体に暗雲か

 昨日自民党政府の最後の閣議とやらが行われ、各閣僚が感想などをマスゴミに語っている。感想ぐらいであれば、まあ分からんこともないが、馬鹿記者は「新政権への注文を」と質問する。それに乗ってあれこれ言うのも勝手だと思うが、中には「なに言ってんだか」という答えをのたまう自民党の政治家。

 防衛オタクの石破(前)農水大臣。
「新政権において、私たちが進めてきたことが、成就することを期待します」と語っている。ハア???なんで、新政権であんたらが進めてきたことを、成就させなければならないのか?継続するのなら政権交代は必要ないじゃん。おかしいんじゃないの?あんたは解党寸前の自民党でのたうちまわっていれば?ま、どうでも良いけど。

 ところで、いよいよ今日連立新政権が発足します。内閣の各閣僚が決まり、正式に船出ということですが、ひとつ心配な種が。
今まで通り新閣僚の記者会見において、内閣記者クラブの主催だからという理由でフリーランスの記者や外国メディアを排除するそうで、昨夜の朝日ニュースター「ニュースの深層」で(司会、ジャーナリストの上杉隆氏、重信メイ氏)神保哲生氏達が非常に憤慨していました。

 今まで、民主党は記者会見をオープンにして来たのだが、今度の記者会見はそうはいかないのだそう。これは今までの「記者クラブ」という、マスゴミの既得権益が存続するということなのか、非常に危惧する事態で。
今回も政府側(民主党)は「記者クラブの主催だから、私たちは何も言えない」と言い、マスゴミ側は「政府がそう言うから」と責任をなすりあっているそうだ。

 神保氏に言わせれば、「いつものことの繰り返しだ」そうで、民主党政権になれば、既得権益団体である記者クラブが解体されると思っていた向きには非常に残念な事態だ。私もそう思っていた一人で、民主党がこのまま進むのか危惧している。民主党は次の政策を掲げている。

▼政府の記者会見をすべてのメディアに開放し、既存のマスメディアの記者クラブ権益を剥奪する。
▼クロスメディア(新聞社とテレビ局の系列化)のあり方を見直す。
▼日本版FCC(米連邦通信委員会のように行政から独立した通信・放送委員会)を設立し、放送免許の付与権限を総務省から切り離す。

 マニフェストには載せていないらしいが、鳩山代表は「これは載せるまでもない政策で、当然実施していく」と述べていたそうで、それなのに早速記者クラブに負けたのか?と言われてもしようがないです。
一応民主党内の記者会見は今まで通りオープンだそうで、そこで矛盾を追及して行くべきでしょう。本当にこのままなし崩しになるようなら、ネットでも声を上げていくべきだと思います。

2009/09/16   12:20

2009年9月15日 (火)

延岡 洋食「おぐら」で食べたチキン南蛮

 知らない街を車でドライブしていて、そろそろめし時となり、どこか適当な食べ物屋さんを探すとする。それが国道などの幹線道路の場合において、特にこれと言って「何を食べる」と決めていない時、車の進行方向の右側にレストランや食堂、ラーメン屋などが現れる。

 幹線道路だから右側に横断するのも気が引けるし、交通のスムーズな流れを遮断するので、やはり左側のお店を探すのだが、そんな時に限ってなかなか現れない。「あーっ、あそこにラーメン屋が」「また、右側だ」やっとあったと思ったら「定休日」だったり、つぶれていたり。「このレストラン!」「入口に不動産屋の張り紙があるし」

だから、「右」は嫌いなのだ。

 ・・なんて、そんなことが多いんだけど、これに賛同してもらえる人がどれだけ国内にいるか想像もできないが、私の中では「空腹時食堂渇望無残に右側の法則」として確立している。しかも、いわゆるファーストフードなどは遠慮したい年齢になってきた身にとって、いくら左側にマクドナルドやケンタッキーの入りやすそうなパーキングがあっても駄目なのだ。特に「ミスド」なんかだと無性に腹が立つ。

 小さな道路で右側のお店に行きやすい時には、私も遠慮せずに横断するのだが、知らない街は幹線道路を通行するし、こんなとこにも原因があるのだろうが、小心者の私にとって腹立たしくも、不思議な法則である。
で、今回もそんなことを2~30分ほど繰り返した揚句、前方200メートル先左側に「洋食・・・」という看板を見つけた。なんか流行ってなさそうなファミレスみたいだが、地元の店だろう、聞いたことがない。定休日でもなさそうだし、つぶれてもいない。ヨシ。

 言い忘れたが、ここは宮崎県延岡市。国道10号線を大分方面に向かっている。時間は夕方6時前。駐車場も空いてるし、客の入りはそんなに多くはないようだ。「洋食おぐら」という店だ。私は全く知らない。
店内も古いタイプのファミレスで、昔の「すかいらーく」を彷彿とさせる。
厨房の仕切りの上に「「おぐらの定番チキン南蛮 980円」と大きく書いてある。そんなにお店が推挙してるんだったらそれにしておくかと、チキン南蛮定食1100円、妻と同じもの二人前を注文した。

 ふと横を見ると、世界少年少女文学全集が数冊置いてある。ヘレンケラーや、トムソーヤの冒険などだ。「こんなもの読んでる時間があるのか?」そんな軽口を叩く。不思議なもので注文したとたん腹が減って来た。ところがかなり待たせるのだ。ウェイトレスのおばちゃんも二人ほどで、動きも緩慢(なように見える)。「待たせるから、ヘレンケラーを置いてるのか?」と妻に皮肉を言う。妻に言っても仕方がないのだが。

 そこへ5名様の家族連れが入って来た。


>45~6歳の父親と、10歳前後の兄弟二人。20代半ばと思われる女性もいる。父親は2歳ぐらいの乳飲み子を抱いている。女性は当然母親だろう、だけど父親との年齢差や、10歳前後の男の子二人は、この母親の子どもじゃない、と瞬間に分かる。父親は短髪で、ゴールドの亀甲タイプのネックレスを首に光らせている。

 今の妻はスナックで知り合い、結婚まで紆余曲折あったけど、何とかゴールしたのが2年前。「お父さん(きっとこう呼んでる筈だ)、わたし、今日は疲れたから晩ご飯外で食べようよ」と若妻にそう言われた。勝敏(恐らくそんな名前)は、本当は車のローンもあるし、節約したいのだけど、前妻の子どもの面倒も良く見てくれてるし、「じゃ、チキン南蛮でも食いに行くか」と家族5人でやって来た。<

 ・・・・グダグダと、妄想に近い、そんな勝手な想像しながら待っていると、ようやく「チキン南蛮定食」が運ばれてきた。鳥のムネ肉だろうか、結構大きめの肉片が5枚。タルタルソースがたっぷりとかかっている。キャベツの千切りが横に添えてある。小さめの茶碗に、ごはんとお味噌汁。
鶏肉にかぶりつくと、これがまたうまい。やわらかい肉にしっとりとした衣で、もっとサクサク感が有ると思っていたので少し意外な感じだったが、タルタルソース、これが此処の肝だな、と思わせる。

 旅から帰宅後、おいしいチキン南蛮だったのでネットで調べると、「洋食おぐら」はWikipediaにも載っている有名店で、タルタルソースのスタイルを確立したのが、このお店。しかも知らなかったのだが「チキン南蛮」の発祥の地が宮崎の延岡だそうだ。

そうだったのか。
そんなこととはつゆ知らず、数々の無礼の段お許しくだされ。

まったく偶然に、そんなおいしい店にたまたま当たることも、いわゆる旅の楽しみの一つだろう。

参考 Wikipedia

 

 

2009年9月 9日 (水)

千葉県の不正経理

 今度の総選挙で目立ちたがり屋の知事が「地方分権」とうるさく言って、一躍選挙の争点みたいになっていた時期がありました。国との直轄事業負担金をめぐって、大阪のトッチャンぼーやは「地方は国の奴隷だ」と息巻いていましたね。だけど出てくる事例は、県の裏金づくりのニュース。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2009/09/09  千葉日報

県職員による5年間で推計約30億円もの不正経理が発覚したことを受け、森田健作知事は8日、県庁1階ロビーで記者団に対し「森田県政はこうしたことは絶対許さない。本当に県民の皆さま申し訳ありませんでした」と関与した職員を厳正に処分する方針を示し、県民に陳謝した。

 今回の調査対象は2003年度から07年度までの5年間で、森田知事は「私が就任してから(不正経理の)うわさを聞き、全庁を挙げて調査しようと指示した」と説明した。

 ただ、30億円もの不正経理に「こんな数字が出てくるとは。しかも、何に使ったか分からないのが1億円を超えている。何を考えているのか」と県職員に対し憤った。

 森田知事はきょう9日夕に記者会見を開き、あらためて不正経理の概要などについて発表する。職員の処分については「県民の皆さまが納得してくれるようにやりたい」と話した。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 こんなことは枚挙にいとまがないですね。記憶に新しいのは岐阜県ですか。補助金を使いきらなきゃ、次期予算が減額されるという悪弊が無くならなきゃ駄目ですね。予算が残れば報奨があるという風に改めないと、いつまでたってもこんなことの繰り返し。全国でやってない県を探すほうが難しいと思いますが。

 地方分権と言っても、こういう体質でやられた日にゃ、たまらんのは国民です。一般国民がこんな風に税金を持っていかれるだけ。県民、国民が行政の奴隷じゃないの?国民の監視体制を強化しなきゃ、地方の裁量で使える金なんか渡せませんわな。橋下知事さんよ。

 で、偉そうに「青春の虚像」知事が県を批判してるけど、「5年前からだかんね。俺は関係ないもんね」という態度に見えるけれど。あんたも人のことを言える?千葉地検は告発を受けての捜査はどうなってるのかな。自分が支部長だった、自民党支部からの迂回献金の疑惑も言われていたのに、最近聞かないけども。首を洗ってらっしゃるのかね。

(お知らせ)

明日から4~5日、ブログを休みます。コメント、T/B遅れることをご了承ください。

 

負けっぷりも往生際も悪い自民党

 特別国会召集日の16日までまだ間があるもんだから、今のところは自民党政府が居座っている状態です。マスコミが報道する民主党の発言や政策などに現閣僚が生意気にあれこれイチャモンつけたり、批判しています。
なんだろうか、私は割とアナーキ―なところがあって、こういう状態も嫌いじゃないですが、でもやっぱり腹立つんですね。

 昨日でしたか、鳩山代表が地球環境フォーラムにおいて、2020年度までの温室効果ガス90年比25%削減を打ち出した。ま、民主党マニフェストに沿っての発言だから驚くことじゃないんだが、現政府は例によって批判する。唯一斉藤環境省が「評価する」と言っていたが、これは自分の立場を考えての発言だろう。言語道断なのが、二階経産相ですな。

                            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<毎日 jp>    2009年9月8日 13時00分

斉藤環境相は「科学の要請に基づいて先進国が25%以上削減を目指すということは、私も閣内で主張してきた。(鳩山代表の)発言は(京都議定書後の枠組み合意へ向け)日本がリーダーシップを取る第一歩だったと評価する」と述べた。

 ただ、民主党が掲げる自動車関連の暫定税率廃止と高速道路無料化については、温室効果ガス排出増につながることが指摘されており「25%減とは両立しない」と指摘した。

 一方、河村官房長官は8日午前の記者会見で「麻生政権では、経済成長との両立も踏まえ、極めて慎重に議論した。家計への負担増や原子力発電の増設、ガソリン車がほとんど使えなくなる覚悟で臨めるのか」と疑問を呈した。二階経産相は「個人、産業界の負担は予想をはるかに超えたものになる。願望を述べたというだけでは済まされない」と述べた。【大場あい、坂口裕彦、赤間清広】

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 新聞記事にはなっていませんが、テレビのニュースで見てると、二階経産相は「実現は極めて難しい」と述べたうえで、「こういう主張をする政党を選んだ、ということを国民に考えて貰いたい」とシャーシャーと発言しています。なんだそれ?ケンカ売ってますよね。お前が何を言うか、と思いますが。こんな政権を選んだ国民が馬鹿だと、言いたいのでしょうね。

 てめえの派閥はオノレ一人しか当選しなくて、悔しいんでしょうけど、国民に八つ当たりするような発言。全然反省なんかしていない証拠ですな。
温室効果ガスがどうこう、という以前に、こんな物言いしかできない自民党は、「負けっぷりをよくせないかん」と言ってたアホーアッソーだけど。負けっぷりも悪いというか、往生際が悪いクサレ政党だということが改めて良く分かって、自民支持層にも良かったんじゃないの?

2009/09/09  10:23

2009年9月 8日 (火)

9月

 九月、セプテンバー。

 その昔、竹内まりやが歌ったように。

♪セプテンバー、そして九月は、セプテンバー、さよならの国。

 だったみたいで、「トリコロールの海辺の服も二度と着る事はない」ならぬ。

 「取り繕った、自公政権、二度と見ることはない」ですね。

 say good-by in September.

 セプテンバーはやっぱり、アース・ウィンドandファイヤーですか。

2009年9月 7日 (月)

民主党さん 派遣法改正も忘れずに

 私の中で、あれほど強く願っていた「打倒自公政権」が一応なされて、政権交代が現実のものになった。そのせいか最近少し、ブログを書くモチベーションが下がり気味で、カッコよく言うと虚脱感?そんなものが少しあって、今日はまあ良いかなんていう日が多くなり。
でも、大変ありがたいことに、こんなグダグダなブログに、毎日のように立ち寄って頂く方がいらっしゃる事実に感謝している、と同時に申し訳ないなと思っています。

 ところで、民主党や野党に批判的な記事のアップは避けてきたのだが、もう選挙も終わったことだし、少し批判をしてみようかなと。
政治ネタを書きだしたのは今年に入ってからで、最初は自分で立ち上げた労働組合結成日記の話から。要するに、自分が派遣切りに有った訳で、そんな理不尽な仕打ちに黙ってへんで!というところからだ。今でも自然と興味は雇用関係などのニュースに集中してしまう。

 自分で労働組合を立ち上げておいて、しかも連合(日本労働組合総連合会)さんの協力を得ておきながら言うのもなんだが、「組織」としての連合は嫌いで(笑)。有る意味、この人たちも雇用の劣化の原因の一つを作ってきたと、今でも思っている。特に大企業内労組。
なぜか?それは企業内労組も結局のところ既得権益を守る団体になっていたからだと考える。

 民主党と社民党は選挙前の合意で、派遣労働者の日雇い派遣の禁止、製造業への派遣の禁止などを打ち出した。政権交替した今、派遣法の改正を早急に法案を提出して欲しい。
合意までの曲折で、民主党は製造業への派遣禁止を反対というか、しぶっていた。この要因は民主党の支持母体である連合が製造業への禁止を打ち出してないからで、この記事を書くにあたって、今日、連合のホームページを閲覧した。派遣法改正のことはたくさん書いてあるのだが、製造業への派遣禁止は、やはり明確には書いてはいなかった。

 どういうことか?私なりに考えてみる。どうも製造業への派遣はそれが彼ら(大企業労組)の立場を守っているからではないか、と邪推してしまう。
つまり、派遣という安価な労働力があってこその国内の製造業の存在。国内の空洞化を招かないための、派遣労働者。
いつの間にか、正社員と非正規労働者という格差が醸成された中で、正社員クラブと言われていたことも否めない。そんな訳で自分たちの雇用を守るため、禁止されては困るんだろうか?と思うのだ。

 製造業の派遣禁止で、これにより仕事が無くなる、或いは請負という隠れ蓑に流れる、なんていう指摘もあるかもしれないが、これからの大手の製造業は派遣じゃなく、期間従業員などの直接雇用にシフトしている、と考える。これも企業の逃げ道になるのだろう。ひょっとして、今度は派遣というよりも「非正規雇用」という大きなくくりでの規制を強化しないと、せっかくの派遣法改正も無駄になるかもしれない。

 期間従業員という問題は細切れの契約で、これも結局のところ不安定な雇用でしかなく、派遣労働の問題を先送りしたに等しいものだと思う。
そしてもう一つ、労働基準法と派遣法の一本化をして貰いたい。
1985年の職業安定法44条で禁じる労働者供給事業の例外として、労働者派遣事業を認めたという馴れ初めからだろうが、派遣法は職業安定課、つまりハローワークの管轄で、労基署の管轄外である。
こんなところにも縦割り行政の弊害がある。派遣労働者の相談窓口として労基署を整備して欲しい。

 実際に私のケースでも、労基署で派遣法の違反を相談したところ「それは安定課の管轄ですから」とハローワークに行けと言われた。
そんな無駄なことはこの政権交代を機に、ぜひ改めて貰いたいと思う今日この頃だ。

2009/09/07   18:31

 

 

2009年9月 6日 (日)

やっぱりあった 国交省のデータ

 国交省が高速道路無料化をした場合、経済波及効果などの試算をしながら、民主党の主張に有利になるからといって、その公表どころか存在すら認めなかったデータが、存在していたそうで。
これなんかも、別に驚くほどのこともなく。ああそう、やはりね。という感想でしかない。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「高速無料化の経済効果 国交省、一転試算認める」

<asahi.com>   2009年9月6日5時5分

高速道路を無料化した場合の経済効果について国土交通省が2年前に試算を行っていたことが明らかになった。一般道の渋滞が解消されることなどから、直接の経済効果を2.7兆円と見込んでいる。これまで政府は「試算は存在しない」として隠してきた。民主党の公約に有利な結果だったため、公表しなかった可能性がある。

 試算は07年度に国交省の国土技術政策総合研究所が実施した。政府が08年度以降に検討していた高速料金値下げの影響を調べるためだった。だが、政府は国会答弁や質問主意書への答弁書などで高速道路無料化の経済効果に関する試算について「国交省が取りまとめたものは存在しない」などと存在を否定してきた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 なぜ公表しなかったかについて「検討段階だったから」と国交省では言っているとのことですね。そりゃね、野党民主党(当時)の主張に有利なデータは発表したくはないわな。官僚と政権側とのズブズブな関係になっていたことは明らかな話で、癒着ベッタリを指摘されても仕方がないですね。
だから、長期の政権には弊害があるという、ひとつの証明でしょうか。

 高速道路の無料化について、いろんな意見があります。CO2が増えるということについて、このデータでも出ていないらしいんですが、自動車の全国保有台数の総和が無料化によって増えるとは考えにくいと思います。結果、二酸化炭素が増大するとは思えないのですが。無料化の導入当初は、「ミーちゃん、ハーちゃん」のお陰で混雑しても、そのうち、「高速が渋滞するから、一般道を走ろうか」ということになるのは分かり切った話で、いずれ高速、一般道双方の平準化がなされると考えます。

 ただ、私は無料化に全面的に賛成では有りません。ただでさえひっ迫している財政。識者に言わせると、料金の二重取りになっているという話ですが、まあ少しでも家計の足しにでもなればという意味で、全国一律の料金を設定すれば良いのに、と考えています。
例えば、青森から鹿児島まで高速を利用しても、1000円で通行できるとか。首都高と阪神高速は除いて良いし。

 もちろん【ETC利用のみ】なんて姑息なことはせずに、現金でもOKにすればいいし、もちろんETCも利用できる。そうすれば現在の料金所の収受システムも存続できるし、なんといってもそこで働いている方の雇用も確保出来るのではないのでしょうか。収受システムの撤去だけでも相当な額が必要な筈です。せっかく、ETCをつけたのに、という向きにも良い話(笑)。

 私んちは人混みが大嫌いな家庭で、混雑を避けるのが当然のような行動をするのですが、世の中にはわざわざ、混むであろう場所と時間に出掛ける人の多いこと。(多いから混雑するんでしょうが)
いくら無料になったとしても、混雑する道路は利用しないぞと考えている私んちは、変わっているのでしょうかね。

2009/09/06    11:18

2009年9月 4日 (金)

民主党小沢幹事長就任へ

 民主党本部から出てくる小沢一郎。それを待ち構える報道陣。またたくフラッシュの閃光、殺到する人垣、「押すな!離れろ!」飛び交う怒号。
差し出されるマイクの束、小沢本人の声もかき消され、聞き取れない。

そこでのマスコミの人達は仕事だろうし、遂行しなければならないのだろうけど。
テレビを見てる視聴者から言わせると、情けないこと。
アホか。

 昨夜、テレビ画面で見てるとなんの一大事かと思えば、鳩山代表は小沢一郎に民主党の幹事長を要請した。そして受諾した。
それだけのことである。曰く「小沢氏の幹事長登用に関しては、『権力の二重構造』になるので、慎重論があった」
小沢が要職に就かなければ影で操り、小沢の傀儡体制だと批判するし、表舞台に出れば、二重構造だという。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

(毎日・jp)  9月4日

>民主党の小沢一郎代表代行の幹事長就任が決まったことに対し、4日午前の閣議後の記者会見で、各閣僚から批判や警戒する意見が相次いだ。河村建夫官房長官は、西松建設による違法献金事件を挙げ、「一連の事件はまだ解決されていない。説明責任をどう果たすかということは、当然あり得る」と指摘。甘利明行革担当相は「閣内に入らないなら、当然(政府と党の)二元体制になる」と述べ、民主党が掲げる「政策決定の政府への一元化」に疑問を呈した。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 くされマスコミとクソ馬鹿なTVコメンテーターの常套句でもあります。そこまで小沢が嫌なのか、或いは怖いのか知りませんが、いわゆる「小沢アレルギー」が蔓延していますね。その尻馬に乗るクサレ自民党。他人の批判してる暇があるのか?自民党に。

 別に私は小沢信者じゃありませんが、民主党に小沢さんが在籍する限り、有形無形の影響力がるのは当たり前で。なけりゃおかしいだろが。幹事長で良いじゃないの。
幹事長で頻繁に記者会見してもらって、いつも考えを聞けば安心じゃないの?小沢恐怖症のマスコミとしても。

 で、今になって細川政権時代のムーミンパパこと、武村正義とか田中秀征などが、当時のことは小沢の剛腕で失敗したと、テレビにしゃしゃり出てきては、あれこれ述べています。「いまだに小沢さんに対しての怨念が、心の中におんねん」ということでしょうか。
ま、小沢さんも敵も多いでしょうから、色々言われるとは思いますが、マスコミはまだ発足もしていない政権をも、引きずりおろそうとしているかのような報道ぶり。

 権力を批判するのがジャーナリズムだろうけど。もう批判の嵐(笑)。
んで、まだ与党は自民党と錯覚しているのか?今となっては全く関係ない、これっぽっちの影響もない自民党の総裁選挙のことをほじくりかえし、今度の首班指名では自民党議員は「首相の名前を誰と書くのか」などと、大層に、繰り返し放送している。
だから、【マスゴミ】と言われるのだ。アホタレ共が。

 自民党の議員がどんな名前を記入しようが、最大で119票しか入らないのだ。そんな分かり切ったことを、政治家の周りを取り囲んでインタビューする。まだ残暑は厳しいのだ。暑苦しい。
「てめえの名前でも書いておけ!」と言ってやればいいのです。

 それに、自民党の御用外人がアメリカで鳩山論文の批判を垂れ流し、これに飛びつく日本のマスゴミ。マスゴミも御用学者も自民党応援団の田原総一朗などの腐れコメンテーターも自民党と一緒に、下野して消えてしまえば良いのに。

2009/09/04   13:55

2009年9月 3日 (木)

ベンツのハイブリッドカー?

 メルセデスベンツのハイブリッドカーが発表された。
で、従来の同クラスより30%もの燃費効率のアップだとか。
なんなのだ、これは。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【共同通信】    2009/09/03   10:50

メルセデス・ベンツ日本は3日、輸入車としては国内市場で初めてとなるハイブリッド車(HV)「メルセデス・ベンツ Sクラス ハイブリッド」を発売した。販売価格は1400万円台に設定。

 高級車メーカーBMWの日本法人、ビー・エム・ダブリューも来年夏、「BMW 7シリーズ」のHVモデルの発売を決めており、今後トヨタ自動車、ホンダが先行しているHV市場に輸入車が加わって競争が激しくなりそうだ。

 Sクラス ハイブリッドは欧州で今年6月から売られている。3500ccのエンジンにモーターを組み合わせた。バッテリーには高性能のリチウムイオン電池を採用し、従来の同クラス車と比べ燃費が約30%向上したという。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 30%燃費が向上したっていっても、リッター11.2キロだそうですから。
しかも、輸入車初のエコカー減税の対象になるとのことですよ。
ちょっと待てよな。リッター11.2キロで何がエコだ。おそらくガソリンはプレミアムの筈。私んちの車なんてリッター16キロは走る。
で、エコカー減税の対象だと?

 ふざけるのも程が有るっちゅうの。【1400万円】もの車を買う人になんで、エコカー減税?必要なのか?そんな金持ちに、補助金が!
しかも、たった11.2キロしか燃費が伸びない車のどこがエコカーなのだ!だったら私んちに補助金持ってこい!バカヤロー(笑)だって、そうでしょ。リッター16キロの車と11.2キロの車のどちらがエコなんだろうか。

 エコと申しますより、景気対策の面がございまして。とか何とか愚にもつかない、言い訳をを並べるんだろ、官僚と経産省の二階は。アホタレが。
結局、大企業と金持ちの為の政策じゃねえかよ。

 こんなふざけまくったことをやりやがった、自公政権に賠償金を請求したいぐらいです。エコカー減税などと、国民を舐めきった名称をやめて「金持ち優遇自動車購入資金」とでも改称しろって言うのだ。
しばらくはこんな風に、奴らの悪政のツケが残るんでしょうね。
あー、腹立つ。

PS.

 トヨタのレクサス LS600hも1000万円オーバーの車があります。
600hL(ロングボディー)は¥15,100,000だそうです。ロングボディーって、平台のトラックかよ。これも簀巻きにして川に叩き込みたいですな。

2009/09/03   17:29

2009年9月 2日 (水)

なんだか、グダグダ話です

 なんで、朝日新聞は、とここまで読んで政治ネタかと思った方はごめんなさい。今日は違います。
セージばかりだと飽きるし、たまにはローズマリーだとかタイムと、レモングラスをタコ糸で縛って、ブーケガルニに致します。それをお鍋に放り込んで、そのあとウイキョウ、カイエンペッパー、クミン、コリアンダー、をそれぞれ入れます。そして最後に、ガラムマサラ。これが大事でございますのよ、奥様。
って、なんでエスニック風カレーの作り方になったんでしょうか。

 そうそう、朝日新聞ですけども、サッカーの記事でイングランドのプレミアリーグのマンUからスペインのリーガエスパニョーラ、レアル・マドリードに史上最高額の128億円で移籍した、クリスティアーノ・ロナウドの名前表記を「ロナルド」と書くんですね。何故でしょうかね。
いちど、口に出して読んでみてください。
言いにくいから。私なんか「ロニャルド」ってなります。

 ほかの雑誌だとかは「ロナウド」って書いてるし。知る限り、朝日だけなんですね。英語読みだろか?ロナウドの方が言いやすいでしょ。
もっと言や、彼はポルトガル人だから本当は「ホナウド」って読むらしいから。
サッカー実況でおなじみ倉敷さんに聞いてみんしゃい。
例えば倉敷さんの実況だと、ロベルトカルロスはホベルトカルロスだし、リカルジーニョはヒカルジーニュになるのだ。

 で、話変わってポルトガル人、ブラジル人は名前が長い。例えばおなじみジーコなんか「アルトゥール・アントゥーネス・コインブラ」で、このロナウドも「クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ」って長い名前だし。
だから、ニックネームで登録するんですよね。昔Jリーグの磐田にいて、今のブラジル代表監督のドゥンガも「カルロス・カエタノ・ブレドルン・ヴェーリー」とまあ、こんな具合。

 ところで、今は現役じゃないと思うけども、確か、私の記憶に間違いがなければ、ブラジルのサッカー選手でコリンチャンスだったかな?「マンクーソ」って言う人がいたんですが、絶対に日本には来なかったでしょうね。
往年のプロレスラーで「ボボ・ブラジル」って言う人が来日してそのテレビの実況中継で福岡の人々は顔を赤らめたっていう話です。って、なんのグダグダ話か訳分からんエントリになってしまいました。(下ネタは嫌いです)

2009/09/02   19:52

2009年9月 1日 (火)

政権変わる哀愁の9月、全国の町に霧が降るのだ

 政権が変わることで、あちこちで悲喜劇が起こっているようですね。ニュースを見てる私は失笑してしまう。或いは思いきり「けっ」と言ってしまうか、そのどちらかです。今まで、自民党候補を応援していた連中が、手のひら返してジャガーチェンジ。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>   2009年9月1日  

「昨日の敵は今日の・・・自民応援の首長、右往左往」

長崎県の金子原二郎知事は31日、県庁で記者団に「総選挙では、自民を特別応援してきたわけではない」と釈明した。知事は、たびたび自民党候補の集会に応援に入り、「民主のマニフェストには財源の裏打ちがない」などと訴え、旗幟(きし)を鮮明にしてきた。しかし、4小選挙区すべてで自民候補が敗北。この日は「お世話になった方から案内があった会合に出た」と説明した。

 金子知事は、長崎2区で落選した自民の久間章生氏の集会で「久間先生がやめる結果になっていいのか。冷静に考えてほしい」と呼びかけたこともあったが、31日には、久間氏を破った民主の福田衣里子氏について聞かれると、「大変しっかりした方。今後、県の事業について説明申し上げたい」と述べた。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「大変しっかりした方」「案内があったから会合に出た」って。これだから。
まー、ミもフタもない(笑)。
中には「選挙中は失礼なことがあったかもしれないが、これからはノーサイドの精神で・・」っていった奴もいるそうです。ま、ノーサイドでもいいんですけれど。外野から見てたら、よくここまで豹変できるなあ、というのが実感ですな。

 あの、ラグビーの試合で「ノーサイド」ってよく言いますね。いわゆる試合が済めば敵も味方もないという意味で。でも、イングランドや本場ではそんなことは言わないそうですね。ラグビーの外国人選手が「日本にやってきて初めて聞いた」と言うらしいです。「敵は敵じゃ」って。なんか日本だけの慣習らしいですよ。

 で、失笑っていう、これほどピタリとはまる言葉が有るか?というほど。
こういうのが、今日も全国で繰り広げられているのだそうだ。ロールプレイングでもこんなに白々しいお芝居はないぞ、と言いたい。
こうして皆さん、権力に擦り寄るんですね。
ここまで露骨じゃなくても、ジリジリとにじり寄り、気がつけば「あれ?お前そんな立ち位置だったっけ?」という、テクニック溢れる人間もいたりして。

 アホーアッソーが選挙中「政権交代は景気後退。革命じゃないんだ、国民は混乱を望んでいない」と言ってたけど。
そうかあ、【混乱】ってこのことだったのね。

2009/09/01   17:56

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »