フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 朝日新聞 ある訂正記事 | トップページ | 大勝を予想の記事がバンバン出てますが »

2009年8月20日 (木)

派遣から「期間社員」へ 直接雇用という騙しの構図

 マスゾエネズミ男がクソ生意気なことを言っているそうですね。
よそ様のブログで読みましたが、「派遣村の時に4000人分の求人を持って行ったのに、誰も応募しない。怠けている人間には自民党は税金を出さないのだ」みたいなことをぬかしているそうです。

 これなど許せんのは勿論。全くの嘘であるにもかかわらず、それを選挙演説でわめき散らす。そしてコイズミのペテンを支持した、バカヤロが大好きな「自己責任論」で同意させようという、姑息なやりくちですね。
当然、派遣村の実行委員会の人は即反論したそうですけども。「みんな応募したけども、ほとんど不採用だった」
当たり前です。そんな嘘っぱちを言いまくり、てめーらの都合の良いように話を持っていく、クサレ自民党の「次期総裁」か?と云われて喜んでる奴が言いそうなことです。

 で、考えたんですけど、失業が即住居も失う派遣切りや、格差、貧困、などで批判された企業はもう既に次の手を実行してるかもしんない。今の野党が製造業の派遣禁止を言いだした。政権交代が起こるかもしれない。だから、派遣切りならぬ派遣止めというか、派遣会社切り(笑)というか。

 昨日チャリンコで町を走っていたら、少しだけ風景が違うのです。
「ん?」と思って、わざわざ引き返してその場所に行ってみれば、今までそこに有った派遣会社の地方営業所が無くなっていました。日○ソウ業とかいう会社だったと思うが、事務所はもぬけの殻。デカデカと大書きされていた看板も消えてなくなっています。お盆前に消えたのか。

 工業地帯でもある私の町は、結構な大企業が集まっていまして。偽装請負の先駆者、くされパナ●ニックの工場や、何千億円の赤字を出して合併するかも知んないクサレ電子デバイス工場など。
だから、ビジネスチャンスを求めて、当然派遣会社も集まっていた。
ところが私が知る限り大手の派遣会社の事務所はほとんど撤退しているのです。

 製造業大手企業は今、ほとんど派遣で人集めをしていないのではないだろうか?違うかもしれないけど。そんな感じを受けるのですね。
期間従業員だとか、期間工などと、いわゆる直接雇用にシフトしている。
新聞の折り込みチラシやハローワークに、大企業からの直接雇用の求人が増えているのですね。当然、短期間の雇用ばかりです。

 これからは派遣という形態から期間従業員、契約社員という流れになるのでしょう。もう既に、悪辣な企業はその抜け道を、探っているのかもしれません。結局のところ人間のジャストインタイムはそのまま。
期間だとか契約社員は形態を変えるだけで、何一つ雇用問題を解決することは無いでしょう。

2009/08/20   12:19

« 朝日新聞 ある訂正記事 | トップページ | 大勝を予想の記事がバンバン出てますが »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん。今日は。

>これからは派遣という形態から期間従業員、契約社員という流れになるのでしょう。

働く人たちの怒り、主権者国民の怒りはやはり、悪徳大企業は恐ろしいのですね。もう一息です、8月30日に、働く人たち、主権者国民側が勝利し、国民本位の政治にして、悪徳大企業、マスコミに悪さをさせないことだと思っております。新政権の労働政策の質も問われますね。 (`o´;

hamhamさん、今日は。コメントありがとうございます。

大企業など敵もさる者、なかなかしたたかですよね。
新政権に期待することは、今までの大企業優先、労働者いじめの是正。安定雇用の促進。
それがひいては大企業自身の発展にも役立つはずだと確信しています。

somethingさん、皆さん、こんばんは

派遣は現代の口入れ屋、手配師です。
口入れ、人いれは、人権を害するものとして、禁止された経緯があります。
人材派遣は時代に逆行するもので、禁止すべきです。
ピンハネ、濡れ手に泡の会社は消滅させなければなりません。

労働者の人権をあげて競争するのが、人類の歴史です。
人権を下げて競争するのが新自由主義であり、グローバリズム。
世界も労働者のセーフティネットをルール化すべきと思います。
会社も社会の一員として、労働者の人権を守ることに協力すべきです。

somethingさん、皆さん、こんばんは

舛添大臣の「国民全体の慢心」が感染拡大の原因にもなっているという発言は許せませんね。
猛毒のような大騒ぎをした後、低毒性の発表で、厚労省は一気にトーンダウンしました。
厚労省の姿勢が、国民を慢心させたのではないでしょうか。
自民党政権維持のために、危機を煽りすぎ、その反動が原因でしょう。
手洗い、うがいの励行が大事なのを、テレビでスポットCMを流し続ける、学校で子どもたちに習慣化させることなど、感染拡大対策に手を抜いたからではないでしょうか。

愛てんぐさん、コメントありがとうございます。

マスゾエ。こんな人間が次期自民党の総裁候補だそうですから。
自民党の人材枯渇ぶりは目を覆うばかりですね。
ま、枯渇してくれた方が良いんですけども(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/45978572

この記事へのトラックバック一覧です: 派遣から「期間社員」へ 直接雇用という騙しの構図:

« 朝日新聞 ある訂正記事 | トップページ | 大勝を予想の記事がバンバン出てますが »