フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 民主党の圧勝 | トップページ | 政権変わる哀愁の9月、全国の町に霧が降るのだ »

2009年8月31日 (月)

総選挙 一夜明けての雑感

 選挙前のマスコミの予想通り、民主党の圧勝という結果になりました。
自公政権の退場を心から望んでいた私としては、ひとまず良かったのだが、やはり、議席を激減させたとはいえ自民党の比例復活当選の連中の顔を見ると、歯がゆい思いもします。

 昨日の晩は、速報見ながら、お気に入りブログのハシゴ。お酒も入ってハイテンションでした。でも一夜明けると、愛媛県はさすが「保守王国」の名に恥じない?自民党の健闘で、小選挙区で3人も当選を出してしまいました。うーん、悔しい。(すんまへんsweat01)お友達シオザキや、メタボムラカミなんかが勝つかな、しかし。どうなってる。

 私の選挙区愛媛三区は連合組織が強い地区でもあり、民主党候補の白石洋一さんが当選しましたが、他の選挙区は比例復活当選で、勝利の喜びも中くらいという感じ。一区の永江孝子さんが比例復活とは・・。
二区では、連合候補で社民党の岡平知子さんが、比例復活当選も果たせず、非常に残念な結果でした。(比例は社民に入れたのにsweat02

 全国に目を転じると、公明の太田や冬柴、北側などが落選したのは非常にめでたいし、中川(酒)、エロ拓、キューマ、カタヤマさつき、ユカリタン、ピンクのおじ?おば?、等々。こいつらが落選したのはOKなんですが、やはり、比例で復活してきた、イエスマン「オホーツク:タケベ」や、町村、野田聖子、マダム寿司、中川(女)などが甦って来たのは腹立つし。それよりも、アベシンゾーやアホーアッソー、森シンキロ―、あなたと違うんです:フクダ、などが勝つのはもっと腹立つ。なんのこっちゃという感じでもあります。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【共同通信】   2009/08/31  10:03

2005年の郵政選挙で初当選した自民党の「小泉チルドレン」83人のうち、今回も立候補した77人の大半は厳しい戦いとなり、再選は比例復活を含めてわずか10人。佐藤ゆかり(東京5区)、片山さつき(静岡7区)両氏らも落選した。

 当時の小泉純一郎首相が巻き起こした追い風に乗ったチルドレンは今回、攻守所を変え「政権交代」を求める有権者からの逆風をもろに受ける結果となった。

 自民党からは73人が立候補したが当選は計9人。小選挙区では稲田朋美(福井1区)、赤沢亮正(鳥取2区)両氏らが再選を果たした。

 平将明(東京)、北村茂男(北陸信越)、阿部俊子(中国)各氏ら4人は、小選挙区で敗れたものの比例代表で復活当選。長島忠美氏(北陸信越)ら比例単独でブロック1位の2人も議席を守った。

 自民党を離党して出馬したのは4人。みんなの党に移った山内康一氏が北関東比例で当選したが、ほかは落選した。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「自民党をぶっ壊します」と言い、国民をペテンにかけたコイズミの選挙で大量に当選した、散る奴連もぶっ壊されちまって(笑)。
アホーアッソーも当然原因だろうが、なんといってもこの結果を作った張本人のコイズミを恨みなさいね。「大きく振れた振り子は揺り戻しがあるので、捲土重来を期したい」と片山サツキが言ってますが、そりゃ、あんた自身の経験を語ってるのだろ。極右城内に負けやがって。

 ま、選挙も終わり、これからの方が大変な訳で。
皆さんそれぞれ、色々な思惑や考えも有りましょう。しかし、しかし。
結果を受けて、国民もこれから政治に注視しなければと。(エラソ―ですね)
ともあれ、民主党の皆さんには、しっかりとした政権運営を期待する次第であります。

2009/08/31   10:53

 

 

 

« 民主党の圧勝 | トップページ | 政権変わる哀愁の9月、全国の町に霧が降るのだ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

sometingさん、皆さん、こんばんは

民主党が世論調査通りに、圧勝でしたね。
社民党の保坂氏、日本新党の有田氏などが落選したり、自民党の小泉次男や森元首相、塩崎元官房長官などが当選したのは、非常に残念で、国民の民主主義の成熟度は未だ、到達せずという印象です。
比例区も民主党に流れていったのは、政治を深読みしないで、付和雷同している人が如何に多いかを表しています。
公明党の幹部や、小泉改革推進者の多くが落選、もしくは小選挙区で負けたのは痛快でした。
自民党が勝ったのは四国や中国、九州が多かったようです。
くしくも明治維新に貢献した地方が、平成維新の妨害をしたというのは、権力に付いた方が奪われる側に廻った興味深い現象となりました。

民主党は待った無し、全速力で命を賭けて、マニフェストを実行しなくてはいけません。
来年は参院選です。
来年の予算は完全民主党の予算にしなければなりません。
予算は年内に上げなければいけません。
勝利の美酒に酔いしれている時間はありません。
必死に国民のために全力で働かなくてはなりません。

愛てんぐさん、コメントありがとうございます。

圧勝は嬉しいけども、喜びも中くらいなりおらが春、というとこですね。
四国はまだ「黒船」が来てないと揶揄されている地域ですから、情けないのですがこれが現実ですね。
ま、これからも民主党政権に期待はしますが、時には建設的な批判をしていくつもりです。

somethingさん。今日は。

全く選挙の一こま、一こまは人間ドラマですね。それでも大局においては、主権者国民は自公政権にNO!の審判を下しましたので一先ず満足しています。ワサビの利いた、ここのsomethingさんの記事が、ミサイル以上の威力を発揮したと思いますよ。
これから、新政権には、主権者国民が願う真の民主政治を実現してもらいたいと思っております。

hamhamさん、コメントありがとうございます。

私なんぞの弱小お粗末、おフザケのブログがどれほどの役にも立ちません。

hamhamさんが書いていらっしゃる、良心ともいえる真摯なブログこそ、この結果に大きな影響を与えられたと存じます。
日本の夜明けになればいいですね。

こんにちは~

こちら岐阜県も、保守大国でがちがちの自民党の牙城でした。
が、一区では野田聖子が羽柴氏に負けました。
ワ~イ、ヤッターと大喜びしていましたが、次の日。
?????野田聖子当選?なに???。
てっきり、落選だと思っていたので、拍子抜けしました。
前日だか、一族郎党が壇上で土下座のニュース。
ドン引きでしたよ。
私を支えてください!と涙声で言っていましたが、
”なんであんたを支えるの?”と正直思いました(笑)

私の投票地区は、見事に自民党落選、ヤッター
次の日復活。
これってジェットコースターに乗った気分で、
自分の気持ち的には、本当に複雑ですよ。

まるこ姫さん、コメントありがとうございます。

>一族郎党が壇上で土下座のニュース。

そうですね、野田聖子いやらしいですね。こんな保身と自分のことだけ。権力にしがみつく輩は見苦しいですね。
見境がないです。比例復活の自民党議員は歯がゆいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46077629

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙 一夜明けての雑感:

« 民主党の圧勝 | トップページ | 政権変わる哀愁の9月、全国の町に霧が降るのだ »