フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 選挙報道拾い読み | トップページ | 派遣から「期間社員」へ 直接雇用という騙しの構図 »

2009年8月19日 (水)

朝日新聞 ある訂正記事

 マスコミの既得権益互助会、記者クラブなんて、官僚と業界の支配と同等かそれ以上の悪辣さだということが分かりますね。
今年の春先。民主党小沢元代表の政治献金疑惑が盛んに報じられていました。同じく4月中旬、障がい者団体の不正郵便発送事件で、民主党の元衆院議員がこの不正に関与していた、と疑われているという事件がありました。

 これには、ネットでもまたもや、国策捜査だという声があちこちから上がっていました。それに手を貸していたというか、率先してネガティブキャンペーンを張っていたのが、朝日新聞をはじめマスコミ各社です。
ちょうど、小沢さんの献金疑惑でアソウ自民党が少しだけ支持率を回復してきた矢先に出たと思われる、不正事件です。

 これで、民主党に確実なダメージを与えられると踏んでいたのかどうか。
マスコミは検察のリークを懸命に報道していました。4月19日の朝日新聞の一面記事で、自称障がい者団体の白山会が障がい者向けの割引制度を悪用して、企業のDM発送に利用されていたこの件で、衆院議員の牧義夫さんの元秘書がこれの口利きをしていたのではないかと、【関係者の話で分かった】と書いている。

 勿論、ここでいう関係者とは地検の人間だろうけども、オフレコでの発言だから責任の所在があいまいなまま、新聞記事にする。これだから偏向報道と言われても仕方がないのだ。ネガキャンだったんだろと言われても反論できない。
これなど記者クラブの弊害以外なにものでもないと思う。
そもそも、外国の新聞などはオフレコ発言は認めないのだそうだ。
小沢さんの件でも「政府高官」などとオフレコ発言があったけど。

 ジャーナリストの上杉隆さんの本(ジャーナリズム崩壊)で読んだのですが、昔、ニューヨークタイムスの記者が、当時の国務長官、キッシンジャーさんを取材した。本人から固くオフレコを言われ、仕方なくデスクに相談したところデスクからは却下された。「オフレコ記事は認めない」と。
で、何度もキッシンジャーと折衝したが、それでも名前を出すことを拒絶されたので、最後に【政府高官】とクレジットのついた写真を新聞紙上に載せたそうだ。
その写真はキッシンジャー氏そのものだったというから、これ位のプライドを持って、ジャーナリストと名乗って欲しいもんです。

朝日新聞は、8月2日の記事でこっそり訂正しました。

>>約158万通の不正DMが日本郵便新東京支店から発送される前に、牧義夫・衆院議員(当時)の秘書が関係支社を訪れ、訪問後に発送が認められたとしたのは誤りでした。その後の大阪地検特捜部の捜査で、訪問時期は新東京支店から不正DMが発送された後であることが分かりました。

 やり方が姑息ですね。また、【分かりました】かよ。
しかも、検証記事で「特捜部は当初白山会の守田会長のメモから、議員秘書の面会がDM発送前だと思っていたが、最終的に発送後であることが判明した。」などとシラ~ッと書いてます。
大阪地検特捜部のミスですよ、みたいな。
腹立ったでしょうね、民主党および名指しされた牧さんは。名誉棄損で訴えたいところだろう。

 民主党政権がもし誕生したら、マスコミの既得権益である記者クラブも、解体されるかも知れませんから、民主党に対して、今のうちによーく謝っておくことでしょうね。THE JOURNAL 神保哲生氏の「大手メディアが決して報じない「メディア改革」という重要政策の中身」

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/08/5.html

ご一読をお勧めします。

2009/08/19    14:42

 

« 選挙報道拾い読み | トップページ | 派遣から「期間社員」へ 直接雇用という騙しの構図 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

程度国民と蔑み侮っていた国策捜査側(メディアも含む)が程度脱却した国民世論に押され恐れをなし方向転換せざるを得なかったのが実状でしょう。権力争いの犠牲となりスケープゴートにされた女性官僚は起訴され将来を閉ざされ散々な挙句、未だ決着していません。無実が証明されたとき、身分の回復が為されるかどうかも分かりません。報道が間違いであったなら彼女への嫌疑は根底から覆ります。この事にメディアは一切触れません‥何故でしょうね…?それとも私が新たな情報を知らないだけでしょうか‥?

今晩は、よんじゃるさん。
コメントありがとうございます。
そうですね!あの女性キャリア官僚の件ですね。私もすっかり忘れていました。
その後彼女はどうなったのでしょうか。全然報道しませんね。
また、スケープゴートだったのでしょうか。

somethingさん、皆さん、こんばんは

訂正記事は気付きませんでした。
前の記事でも、多分女性官僚起訴のときかと思いますが、そのときも起訴されていないのに牧議員の名前が記事の中にありました。
起訴しないなら、議員の名を出さないのが普通なのに、名を出すと言うことは、議員の評判を下げるだけ、ネガティブキャンペーンをしていると受け止められるのに、朝日は名を出していました。
朝日は常識に欠けている、そうまでして民主党を貶めたいのかっていう気がしました。

検察の誤った情報を流して、検察が悪い、それでもジャーナリストか、と思います。
記事の責任を持つのがジャーナリストでしょう。
ネットではリーク記事、記者クラブが問題と言っているのに、正面から取り上げません。
権力の座に胡座をかいて、腐っていますね。

神保哲生氏のメディア改革、一気に読みました。
政権交代すれば、記者クラブは解体、大手マスコミと官僚の談合にメスを入れて欲しいですね。

女性官僚は可愛そうですね。
東京地検に負けじと、大阪地検は大々的に頑張ったが、民主党議員秘書に狙いを付けてが空振り、手ぶらで帰れないので、中間管理職の女性官僚が犠牲になった、そんな印象を受けます。

愛てんぐさん、コメントありがとうございます。
マスコミの政権の狗ぶりには呆れてしまいます。
権力批判をするべきメディアが、彼らのパトロンである大企業にゴマを擦る。結果、政権の延命に手を貸しています。
ま、確信犯ですけども。所詮マスコミも一私企業。利益と自己保身の力学からは逃れられないのでしょうか。

民主党のメディア改革、「やれるもんならやってみろ」と思っているそうですからね。
この件も選挙後にどうなるか。注視したいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/45971089

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞 ある訂正記事:

« 選挙報道拾い読み | トップページ | 派遣から「期間社員」へ 直接雇用という騙しの構図 »