フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 応援依頼のない総理は、いかがなものか | トップページ | あんたには 言われたくない アソウさん »

2009年7月27日 (月)

テレ朝「サンプロ」を見て腹が立つ日曜日

 昨日何の気なしにCSの朝日ニュースターを見ていたら、テレ朝の「サンデープロジェクト」を20時45分から再放送でやっていました。
電波芸者とか、メディア茶坊主とか揶揄されている田原総一朗の司会です。こ奴が出ている番組は血圧が上がるので、5分と見ない主義なのだけど、昨日は何故か、精神の安定が保たれていたのか、最後まで見てしまった(笑)。
人の顔のことを言える立場ではないのでアレだけど、あの平家ガニみたいな顔を見てると、その発言の不届きさと相まって精神衛生上非常に具合が悪くなってくるので、最近殆ど見ないようにしています。

 前日も、テレ朝の「朝まで生テレビ」を偶然見てしまい、やはり腹が立って、テレビに物を投げつけたくなったので「こりゃいかん」とチャンネルを速攻で変えました。出演している人に「あんたの話はいいんだよ」とか「そんなことは聞いてない」とか「もういいや、次!」などの老害三点セットで聞き苦しいことこの上ない。テレビに物を投げて壊してしまっては我が家の被害が大きい。そんな訳で見ないのですが。


昨日は各党が雇用問題で「激論」ということで、例によって同時に何人もの人が発言したり「うるさい奴らじゃ」と思いながらも見ていました。

 ①1996年 派遣適用対象業務を16→26業務に拡大

 ②1999年 製造業など以外を原則自由化した。 26業務以外の派遣期間を1年に制限

 ③2003年 26業務以外を派遣期間1年から3年へ 製造業も解禁 

 そんな風に流れてきたものを、製造業への派遣の禁止、つまり1999年に戻そうというのが野党案です。そして、日雇い派遣、登録型派遣の禁止など。    
その民主党や社民党の派遣規制に対して、経済評論家の財部氏とかが、「派遣止めれば、国内の製造業の空洞化を招く」と自民党、経団連御用達発言をしていました。
ま、いつも出てくる脅かしと言うか、恫喝なんだけど。
そりゃ、いくつかの企業は海外に工場を作り国内での製造を止めるかもしれない。でも、ゼロになる訳がないのだ。

 製造業は「made in JAPAN」を売りにしてるし、それが海外での高評価になっている。「安心の品質、亀山工場製」なんて、それで国内シェアトップを維持していたりね。だから、決して空洞になるなんてありえない。要するに「雇用がなくなってもいいのか」という脅かしなんだと思う。
で、そんな発言を言うくせに、「日本のGDPの15%ぐらいしか輸出の割合は無いのです。」とのたまう。製造業の柱は輸出なんで、論点が矛盾してたりするのだけど。

 製造業の中でも日本の基幹産業の自動車。そのなかでもトヨタが、リーマンショック以降、真っ先に派遣や非正規雇用の人達を切って、「あのトヨタさんでさえ、派遣切りしてるのだから」と、全産業にお墨付きを与えてきた。
トヨタお得意の「カイゼン」で、「ジャストインタイム」を部品や資材だけじゃなく、人間もジャストインタイムにしてしまえ、という結果がこの製造業派遣労働である、と私は考えています。

 私がこの前まで行ってた、半導体製造の会社。固有名詞は控えるけど。
事実として、派遣などをこの3月末で切っておきながら、4月にはハローワークに大量に募集をかけるという、それこそ部品調達みたいなやり方をしてるのです。近視眼的というか、これのどこが「企業の社会的責任」なんてものがある会社だと言えますでしょうか?
えらそーに「CSR」なんて会社のサイトで言ってますが。

 これは想像だけど、自動車向けの半導体を数多く作っているので、トヨタのプリウスなんかが好調だから、人員募集に踏み切ったのだと思う。
でも、エコカー減税がひと段落すれば仕事がなくなって、また人員整理するんでしょうね。
今は派遣への批判が多いので、期間従業員で直接雇用をしているようです。期限が来ればまた雇止めですか。

 口を開けば「グローバリゼーションで、世界の競争に打ち勝つためには、日本の高い人件費では太刀打ちできない」などと言いますが、派遣労働者の賃金は、大企業は「人件費」に計上していないのです。
大企業・派遣先にとっては、派遣元・派遣会社に支払う金目は「資材、部品」の調達でしかないのに、なにが高い「人件費」でしょうか。(これが人間扱いしていない原因かもしれないけど。)

 さらに言えば、今の制度でもきちんと守っているのならともかく、偽装請負や、派遣期間の無視など、やりたい放題だったろうが。
それでいて、派遣の規制をすれば企業は海外に出て行くだと。
馬鹿も休み休み言えってもんですね。
製造業は人件費だけで商売してるのか?製品の良しあしで勝負してないのか?
それなのに、すぐ人件費を攻撃対象にする。訳分からん。

 それこそ、自公政権と、経団連に毒された考え方で。
いつまでも変な論調が無くならないのは、こんな経済評論家がえらそーに、ご高説をテレビで垂れ流しているからですね。

 

 

« 応援依頼のない総理は、いかがなものか | トップページ | あんたには 言われたくない アソウさん »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、皆さん、こんばんは

サンプロは昔はよく見ていましたが、小泉が出てきたときか、郵政民営化のときかは、忘れましたが、反論する人を怒鳴って黙らせてからは、非民主的な番組として、見なくなりました。
昨日も、ラジオで聞いていましたが、司会というより、自分の意見、番組の意見を押しつけて、違う意見は途中で遮り、同じ意見は広げ、番組を誘導するやり方に、開いた口が塞がりません。
司会者とは名ばかりの、視聴者を騙すペテン師、詐欺師ですね。

グローバル経済こそ、問題で、資本が弱者を駆逐することになっています。
自由な経済こそ、規制されるべきです。
規制すべき条件として、環境や人権、貧困・食糧問題などです。
自由放任の経済競争は、人類の発展を阻害します。
自由競争こそすべてと考える彼らこそ、間違っています。 
活力ある経済活動も健全な社会が営まれてこそ、営利を求める企業も社会に貢献しなければなりません。

今晩は、コメントどうもありがとうございます。
仮に派遣を認めたとしても、セーフティネットも構築しないで企業のやりたい放題。
挙句、困っている人を「自己責任」の名のもと批判する。これこそ市場原理主義が排除型社会の元凶だと言える証左でしょう。

somethingさん。今晩は。
あの司会者田原には私も我慢が出来ません。司会者でありながら、自分好みに論議を誘導し、折角のゲストの発言中に、司会者でありながらその責任を放棄し、割って入って発言を妨害します。司会者の風上に置けない人物です。「知る権利」を有する一視聴者として、私はあのテレビ局に、あの司会者を更迭するように要求しております。

今晩は、コメントありがとうございます。

>「知る権利」を有する一視聴者として、私はあのテレビ局に、あの司会者を更迭するように要求しております。

そうですか、要求されていますか(笑)。あれでも、視聴率取れればテレビ局としてはOKなんでしょうね。
だから、私は見ない方がよしと思っています。昨日は見てしまいましたが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/45754669

この記事へのトラックバック一覧です: テレ朝「サンプロ」を見て腹が立つ日曜日:

« 応援依頼のない総理は、いかがなものか | トップページ | あんたには 言われたくない アソウさん »