フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 派遣法改正の前に | トップページ | 日豊本線一人旅 »

2009年7月24日 (金)

ついていくべきかどうかそれが問題だ 経団連と公明党

 外出中一人で昼飯を食うという時、適当にその辺の、そうですね「うどん、丼物」なんて看板の上がったお店に入るとします。
少し腹も減ってるし、しっかりしたものが・・、なんて考えた時、私はどうしてもどんぶり方面に目が行きます。

 で、いろいろ逡巡するのですが、お店の人の「早く決めんかい」という、無言の圧力もあり最終的に「天丼 or かつ丼」の二者択一になる事が多い訳です。
大体の相場において、天丼のほうが若干高い。「でも、今日は給料が出た後だし、思い切って天丼にするか」と頭の中で考えたとしても、水の入ったコップをテーブルに置きながら、店員さんの「何にいたしましょう?」というけだるい一言で「か、かつ丼で」と言ってしまう。

 そんな気の弱い貧乏症の私です。
でも、そうか金持ちも迷うことがあるんだ、と思ったのがこのニュースです。

「経団連 支持政党示せず 夏季フォーラム開幕」

<毎日新聞> 2009年7月23日 21時19分

>>衆院選を控え、日本経団連が正念場を迎えている。保守政党による「2大政党制」を求めてきた経済界にとっては自民、民主両党が真正面からぶつかるのは願ったりかなったりのはず。しかし現実には、支持政党を明確に打ち出すこともできないばかりか、保守合同の55年体制から一貫して支えてきた自民党との距離感さえ定まらない状況だ。23日に長野県軽井沢町で始まった経団連の夏季フォーラムでも財界の困惑ぶりが感じられた。

 今まで自民党と二人三脚で、社会保障費の削減や、わが田んぼにだけ、水をひいてくる政策を実行させて来た経団連ですが、ここにきて自民党の凋落ぶりに、「このまま付いて行くべきかどうか」なんてハムレットの心境だそうです(笑)。今日の朝日新聞の社説でも書かれてました。「経済界はやめる決断を」と題して、企業団体献金の撤廃をエラソーにお勧めになってます。

 それと並行して、公明党も自民党と微妙な距離をとりつつあるそうですから、昔から云うように「金の切れ目が縁の切れ目」なんでしょうかね。
もちろん金だけじゃなく、権力も絡んでるのでなお一層あからさまなんだろうけど(笑)。
ま、こうしてウゾウムゾウが利権を求めて、政権に群がってくるんでしょうね。経団連なんかが民主党にすり寄ってほしくはないけど。

 民主党は3年後の企業団体献金禁止を打ち出してますがまだ、何も決していないのに各方面のこの動揺ぶりですから、本当に政権交代した時は混乱するんでしょうね。

« 派遣法改正の前に | トップページ | 日豊本線一人旅 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、皆さん、こんばんは

経団連の頓珍漢振りは、呆け現象でしょうか。
政権交代すれば、民主党は企業団体献金は3年後に廃止すると言っています。
恐らく、止めるというのを、貰い続けるというのはできなくなり、控えたり、早まったりすることが予想されます。
そういう状況の中で、企業・団体献金を配りたい、ふざけるなですね。
もう、献金の見返りの利益誘導政治はしないと言っているのに。
企業の社会貢献が政権与党への寄付、笑わせますね。
社会貢献というのは、文化とか、スポーツとか、福祉とか、そういうのを言うのであって、献金は利益誘導そのもの。
献金は、民主主義を歪めるもの、投票は無償の行為です。
金が絡むとろくなことはありません。
会社の利益を献金するというのは、社員の賛同、株主の賛同を得た民主主義に則った行動と言うよりは、軍隊のような命令、民主主義ではありえません。
3年とは言わず、即刻、廃止すべきものです。

社説を読んで、小沢西松献金問題に言及しないのはおかしいです。
廃止の論調が弱すぎるし、経団連の献金が、派遣の拡大など、大企業に有利な施策を行わせたなど、もっと具体的に言及すべきです。
その見返りが経団連の自民党への巨額献金と明記すべきでしょう。
それに比べれば、小沢氏への寄付など、微々たるものということもハッキリさせるべきです。
そのために、

こんばんは、コメントありがとうございます。
経団連は献金額を政策実行の貢献度で決めていたそうです。
そんなもの、政権与党が貢献度が高いのは決まり切った話で。
昔のやみ献金問題を踏まえて止めていたものを、トヨタの奥田から「金も出すが口も出す」方針に先祖帰りしたそうですね。
ここでもトヨタかという思いです。諸悪の根源ですかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/45727937

この記事へのトラックバック一覧です: ついていくべきかどうかそれが問題だ 経団連と公明党:

« 派遣法改正の前に | トップページ | 日豊本線一人旅 »