フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 政局はぶら下がり、勤め人はぶら下げで | トップページ | 解散そして実質の選挙戦スタート »

2009年7月21日 (火)

アドレナリン過多のガス抜き議員懇談会で、後はガンバローってか

 今日の午後1時過ぎ、衆議院の解散が行われました。
去年のアソウ総理の就任以来、本来「選挙管理内閣」との性格を帯びた内閣でしたが、アメリカ発の世界的な不況が後押ししたのか?そのアソウ総理自身の驚異的な、総理の椅子しがみつきに、一年待たされた挙句の選挙です。

 自民党の議員懇談会をテレビで見てましたが、発言する議員はアドレナリン放出しっぱなしで、何事か怒鳴っていました。 
うすらボンヤリと眺めているこちらは「何を怒ってんだい」という感想なんですが、解散後の就職がかかっている議員さんにとっては、生活そのもでしょうから(笑)、必死のパッチになるんでしょうか。

その、懇談会でアソウさん、真摯な反省とお詫びをした(笑)。

>>冒頭、反省とおわびを申し上げなければならない。一つは私個人についてだ。私の発言やぶれたと言われる言葉が、国民に政治への不安・不信を与え、結果として自民党の支持率低下につながったと深く反省している。もう一つは都議選をはじめ一連の地方選で目的を果たせなかった。多くの方々に多大なご迷惑をかけた。私に対する評価や自民党内の結束の乱れが良くない影響を与えたことは否めない。党内をまとめ切れなかった私の力不足について申し訳なく思っている。

<asahi.com> 2009年7月21日13時23分

 いままで、「ぶれていない、私は一貫して申し上げている」という言葉を何度も聞いた国民の一人として、やっと認めたのか、というため息混じりの昼下がり。
それを聞いた議員たちは、「早く謝罪してほしかった」とか、勝手なことを言うけれど、公認と選挙資金がほしくて、離党はもちろん新党なんてパワーもなく、党とは別に独自のマニフェストを出して、国民に「御訴えしていく」そうで。

 今の選挙制度じゃ認められていない勝手な理屈をのたまっていますが、それなら党を割ってやればいいだけなのにそれもしない。
ま、40日もあるからこれからいろんな動きもあるんでしょうかね。それにしても、いくら選挙がこれから始まると言っても、国民にとって耳触りのいい話をするのが、自民党の常套手段です。

>>政治の責任は安心社会の実現だ。行き過ぎた市場原理主義から決別する。社会保障予算の無理な削減はやめる。徹底した行革をする。国会議員や公務員の削減、天下り・わたりの廃止、行政の無駄を根絶しなければならない。自民党の改革もおろそかにできない。国民から厳しい目を向けられている。国会議員の世襲候補も特別扱いはしない。

 なーにを言ってんでしょうかね。全部、出来なかったんだろ、そしてやる気もないくせに。このウソつきヤローが(笑)。
そもそも「行き過ぎた市場原理主義」を押し進めた、小泉政権の結果を受けての与党議席に寄りかかった現政権が何を言ってるんでしょうか。
そんなことを言うのなら、「コイズミとの決別」とか何とかで、去年、解散するのが道理ってもんでしょうが。その上で国民の信を問う、そうじゃなきゃおかしいでしょ。

 騙されちゃいけません。自分たちの旗色が悪いと見るや、こんなことを言うのが自民党です。
そして一度、「政権を取ってしまえば、こっちのもの」
自分たちと官僚、大企業のための政治しかやらない。それは歴史が証明しています。

 現に、ついこのあいだの補正予算でも大企業優遇政策の目白押し。エコポイント、エコカー減税、そのほか、改正産業活力再生特別措置法とかで、経営の苦しい企業に公的資金の注入もやるし。人間をモノ扱いするような企業に税金で応援するのはどう考えても許せない。

 相も変わらず、ガス抜きすんだら一致団結なんて、嘘くさい茶番劇の「議員懇談会」でしたね。
私の自慢の一つが(と言っても沢山ある訳じゃないけど)選挙権を得てから、一度も自民党および自民党候補に入れたことがない、というものですが(笑)、今回も粛々と実行するだけですな。

 

« 政局はぶら下がり、勤め人はぶら下げで | トップページ | 解散そして実質の選挙戦スタート »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethinさん、皆さん、こんばんは

麻生首相の記者会見で、安心社会実現社会と言っていましたが、不安社会に張本人は、自公政権、自民党、麻生政権ではないでしょうか。
無責任この上ない発言です。

私も自民党議員に1回も投票したことはありません。
小泉氏をマスコミが絶賛したときも、偽善者であることを見抜いていました。

コメントありがとうございます。
私の場合、へそ曲がりが幸いしてきたというか。
ま、感覚ですね(笑)。
コイズミの欺瞞を直感で察知したというのが正しいでしょうかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/45696525

この記事へのトラックバック一覧です: アドレナリン過多のガス抜き議員懇談会で、後はガンバローってか:

» 自民党 幹事長 [ 今日の笑っちゃう超オモシロニュース]
低い支持率、自民に「超逆風」 「受け皿」民主に追い風 2 これまでも低支持率下での選挙戦はあったが、自民党の支持率が他党を下回っている状態で迎えるのは初めて。自民党はかつてない厳しい戦いに挑むことになる。 衆院解散の時期は、時の政権にとって最も勝ちやすいタイミングが選ばれるとされる。例えば、調査方法は異なる ...(続きを読む) 【衆院解散】加藤元幹事長、「自民党にとって最後の解散だ」 1 ž... [続きを読む]

« 政局はぶら下がり、勤め人はぶら下げで | トップページ | 解散そして実質の選挙戦スタート »