フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 夏の不思議話を少しばかり | トップページ | 雇用劣化は政治劣化が招いたもの »

2009年7月30日 (木)

民主党が自民公約の検証

 民主党が自民党のマニフェストを痛烈にこきおろしています。「財源はどこに」と口を開けば、それを言うしか才能がない自民党なんて、言ってやればいいんです。しかも、コイズミが「公約なんて守れなくてもたいした問題じゃない」とぬかした政党です。それを考えればこの自民党マニフェスト、カラ手形は勿論、そうだけど、その期日の長いこと。
10年後に国民一人に100万円の所得アップだって(笑)。

 台風手形と言われているものでも、期日が180日なのに。
倒産間違いない会社が振り出したような手形でして(笑)。
「できません」と初めから宣誓しているようなものですね。
で、民主党検証の記事。

時事ドットコム) 2009/07/30 17:24

 >>民主党は30日、2005年の前回衆院選などで自民党が掲げたマニフェスト(政権公約)の検証結果を発表した。自民党の目玉政策である「幼児教育の無償化」や「道州制移行」について、05年の公約にも同様の記述があると指摘、同党の約束が掛け声倒れに終わっていると批判している。
 政党が他党の公約の取り組み状況を点検し、公表するのは異例だ。与党側が民主党公約を「財源があいまい」と批判を強めていることを踏まえ、自民党の31日の公約発表に先立ち、政権にありながら公約実現に不熱心だったことを印象付ける狙いがある。
 幼児教育については、前回公約では「無償化を目指す」と明記していたと強調、「自民党にとって幼児教育無償化は総選挙の風物詩?」と痛烈に皮肉っている。さらに、前回も「子育て期の経済的負担を軽減させる」とうたいながら、生活保護の母子加算を廃止したとして、「公約違反」と断じている。 
 自民党が今回「17年までに移行する」とした道州制に関しては、前回も「導入を検討」としていたと指摘、「今の今までまともな議論なし」と批判している。

 幼児教育の無償化は選挙の風物詩だと(笑)。
自民党は昨日、自画自賛したような検証を発表しておいて、「達成しつつある」なんて、よく言える。ここまで面の皮が厚いと立派だわ。逆に。
政権与党だから、公約はほとんど達成してなくてはおかしいでしょ。
しかも、衆議院2/3を使ってやりたい放題できたんだから。

昨日は、閣僚が民主党批判オンパレードだっただけに、言われっぱなしじゃ寝覚めが悪いでしょう。ドンドンやれってもんですね。

 ところで民主党さん、大阪府のハシゲを相手にしなさんな。
適当にあしらっておけば良いんです。最近テレビに出ないと思っていれば、またぞろあれこれと。こいつが支持したからって、選挙民がその意向で投票する人がどれだけいるんでしょうか?決して多いとは思えないのですが。
たとえば経団連などが支持をすれば、その組織の圧力で投票行動が決まるかもしれませんが、知事が何かを言って、どう圧力がかかるんでしょうか。私には分かりません。

« 夏の不思議話を少しばかり | トップページ | 雇用劣化は政治劣化が招いたもの »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

幼児教育云々が、自民党のマニフェストに出ていましたが、あれは2005年のマニフェストに出ていたと(笑)
未だに実行不可能で、今度も出して来ていますが、これで本当にいい加減な党だというのが分かりますよね。
選挙の前になると口当たりの良い選挙公約を出して来て、選挙が終わると何事も無かったかのような話になります。

それにしてもメディアは、自民党のマニフェストの批判はしませんが、民主党には総攻撃。
政権を取ってもいないのに、これだけ攻撃をするというのは異常ですね。
本来なら、政権与党に対しての批判なら分かりますが。

こんばんは~。
コメントありがとうございます。
いい加減を絵に描いたような政党とはこのことでしょうね。
選挙前だけとういうのは分かり切ってるのに、これですから。
国民も目を覚ましてほしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/45784783

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党が自民公約の検証:

« 夏の不思議話を少しばかり | トップページ | 雇用劣化は政治劣化が招いたもの »