フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 近寄るな すり寄るな 橋下知事 | トップページ | 西松違法献金事件 贈収賄での立件だったのか? »

2009年6月19日 (金)

冷血自公政権さんよ 廃止した母子加算手当復活させるべき 

 いつだったか、後期高齢者医療制度で自民党が批判されていた時、クソ間抜けな自民党の小泉チルドレンで、いつも気持ち悪いピンクのスーツを着たオッサンか、オバハンかよう判らん奴が「知らずに賛成してしまった」などと、ぬけぬけとほざいていました。強行採決だったろ、テメー。

 そんな風にこいつらは、日々の法案を通してきたんでしょうね。
で、そのコイズミのペテン師が2003年に「骨太の方針」とかって、何が骨太か意味不明な方針で廃止した、生活保護法の母子加算手当てを復活する改正法案が参院で審議入りしたそう。

>>参院議院運営委員会は19日、3月末で廃止された母子加算を復活させる生活保護法改正案と、父子家庭への児童扶養手当を新設する児童扶養手当法改正案を、厚生労働委員会に付託することを採決で決めた。両改正案は、民主党など野党が参院に提出。23日にも同委員会で審議入りする見通しだ。(2009/06/19-11:35)

<時事ドットコム>

 冷血なポピュリスト、コイズミが社会保障費2200億円抑制の材料として廃止したもののひとつです。
この法案を復活させるのに、野党の見積もりで180億円ぐらい掛かるということです。

 ところで、そのコイズミが06年に凍結していた、いわゆる政治家の地元に通る政治道路を、今度の補正で1兆5190億円もの予算を付けて、ゴーサインを出したり、或いはコンパニオンを呼んでどんちゃん騒ぎをやらかしていた「職業能力開発協会」とかいう、訳のわからない天下り法人に7000億円もの予算も付けています。また、お得意の経団連お手盛り予算の、エコカーエコポイント。

 クッサレ自民党はその他、いちいち書くのも邪魔くさいから書かないけど、いっぱい無駄使いをしている。
そんなことなら、困っている人たちに年間180億円なんて安いもんだろ。さっさと衆院でも法案成立させろ。ばかやろが。
国立マンガ喫茶はいかがなものか、と自民党PT「ムダボ」が偽装宣伝してた。
本当にそう思うんなら、その金を母子加算手当の方に回しやがれってんです。

 このあいだの、党首討論で鳩山代表が「コンクリートばかり大事にして、なぜ人間を大事にしないのか」と言っていたが、クッサレ河村「ポソポソ」官房長官は「お涙ちょうだいの議論をやるゆとりはない」とかで、また支持率を下げるような事をのたまっていました。

 どうせ、冒頭の気持ち悪い、オヤジおばはんなんか今どんな法案を審議しているのか分からん奴らばっかりで、テキトーにやっているんだろうから、法案の整合性やゆとりなんてどうでも良い。
これだけやって、さっさと解散しろ!ということですな。

« 近寄るな すり寄るな 橋下知事 | トップページ | 西松違法献金事件 贈収賄での立件だったのか? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
自民党クサレ議員どものいい加減さは脳死臓器移植の改正問題
でも露見したようで。奴らの多くがまともに中身の検証も勉強も
せずに適当にその場の雰囲気に合わせて議決に参加したようです。
脳死臓器移植に積極姿勢かどうか、A案に賛成したかどうかなど
はその人間の死生観の問題なのでどうでも良いのですが、人間の
根源に関わる問題を扱う法律なんだからもう少し真摯な姿勢で
取り組んでくれよなとだけは言いたい。

kabumasaさん、コメントありがとうございます。
クッサレ自民党の能無し議員どもは、自分たちの金儲けのために政治家やっているのは確かで。
その権益を手放さないために、あれこれ日々策略を練っているようなもん。
どんな法案が審議され、重要な案件だとかは、そのシラミの脳みそほどのキャパしか無い、白痴アタマには入らないようですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/45388479

この記事へのトラックバック一覧です: 冷血自公政権さんよ 廃止した母子加算手当復活させるべき :

« 近寄るな すり寄るな 橋下知事 | トップページ | 西松違法献金事件 贈収賄での立件だったのか? »