フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 杉村太蔵 まだいたのかよ | トップページ | サッカー日本代表 W杯本選出場決める »

2009年6月 7日 (日)

内憂外患のアッソウ総理 

 日本郵政、西川社長の再任問題で、鳩山総務大臣の正義は我にありとの強気表明で、党内力学の狭間で先行き不透明感が、ますます増大している麻生内閣だけれど。
ここへもってきて、さらに麻生首相の頭を悩ます問題が出てきた。

 2020年の温室効果ガス削減中期目標で、90年比7%削減目標を打ち出すそうだ。

>>日本全体で温室効果ガスの排出量を減らす2020年までの中期目標について、政府は、90年比で7%減(05年比で14%減)とする方向で最終調整に入った。国内の省エネ対策で純減させるとし、他国への技術・資金協力の見返りに取得する「排出枠」を目標値に織り込む欧米との違いを強調する。麻生首相が10日にも正式に表明する。
                                      (中略)

 日本の方針をめぐり、政府の中期目標検討委員会は、90年比4%増(05年比4%減)から同25%減(同30%減)までの六つの選択肢を公表。緩やかな目標を求める経済界と大きな削減幅を主張する環境NGOなどの間で意見が対立した。首相は排出削減に大きな責任を負う経済界の意向を特に重視しており、8日に経済界や労働組合の代表と会談したうえで最終判断する。

<asahi.com> 2009年6月7日3時6分

 言っちゃった(笑)
朝日の報道だけかどうか知らないが、これを言うとアソウ総理の応援団の日本経団連が、黙っちゃいないと思うのだけれど。ダイジョーブか?
以前の記事でも書いた。経団連の温室効果ガス削減、というか、増大目標は4%増で。
しかも「決まった前提は変わらない」と脅かしているのだ。
というのは、京都議定書を批准する時に、時の政府に削減量は押し付けないという密約をしているそうだ。(2002年といえば、コイズミ政権だ。やっぱりな)
その辺を考慮したのかな。
忘れているんじゃないのか。(笑)

 アソウがどう言おうと知ったこっちゃないが、(もう影響力も無いか)新聞報道が先行すると、またお得意の「ブレブレ」になると思うけれど。
どうせ、口をゆがめて「初めからそんなことを決めてたわけじゃない」とか、「あんたがたが勝手に報道したんだろ」なんて、だみ声で言うのだろうか。
経済界の抵抗で頓挫すれば、また「民主党に利すること」になる。
それは、小泉チルドレンの杉村タイゾーも言っていた(笑)。

 解散総選挙までの日にちも少なくなり、どんどんオプションが狭まるなか、それでもまだ、総理の座にしがみつく。
よほどおいしいのか。或いは面の皮が、戦車の装甲みたいに分厚いのか、良く判らない。
これ以上、考え事が多くなると知恵熱が出るよ、アソウ総理。

 タイゾーと一緒に、「退場」した方が良いかと。(笑)
老婆心ながら、申し上げる次第で。
早く選挙して、下野すりゃいいのに。その方が楽だと思うけれどなぁ。

« 杉村太蔵 まだいたのかよ | トップページ | サッカー日本代表 W杯本選出場決める »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/45264903

この記事へのトラックバック一覧です: 内憂外患のアッソウ総理 :

« 杉村太蔵 まだいたのかよ | トップページ | サッカー日本代表 W杯本選出場決める »