フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 非正社員19万人失職 | トップページ | マスゴミの決算特別ネガティブキャンペーンも3月末で終わったのか »

2009年4月 2日 (木)

労働基準監督署に行ったのです

 少し前、組合活動の中、会社側の明らかな労働基準法違反の事実があったので、管轄の労働基準監督署へ行きました。
(この件について、いくらアクセス数がしょぼいブログでも、すべてを書き連ねるのは今の段階で「あれが、アレだから」割愛します)

 私が抱いている役人という印象とかなり違っていて、担当の監督官は真摯に対応して頂きました。
労働者が労働条件などを、法違反ではないかとの疑念を抱いた場合、「申告」とまでは言わずに労基に相談から入ってもいいと言うのですね。
 で、結局私の場合申告して、それは法違反ですね。という事になり、会社側に行政指導してくれました。内容は簡単に言うと「年次有給休暇取得に際し抑止効果があるような労働条件を設定していた」というもので、労基法39条及び同法付則136条の違反になるとの事です。

でも、腹立つことに未だに是正指導勧告を受けながら、アホ会社はそれに従わないのです。
アホ会社は労基に見解の相違があると言って、文書で異議を申し立てると言うんですね。(笑)
後日、監督官に会社はそんな事を言ってますと、伝えたのです。
すると、「そんな事を言われても『法律ですから』というしか無いですね」と語っていました。そりゃそうだ(^.^)
 ただ、監督官が雑談みたいな中で仰っていたのは(いつもと違って敬語かよ(^^ゞ)、「罰則規定が無いので・・・。」そうなんです。法違反していても、罰則規定が無いのです。上記の39条、同付則136条は。
印象的だったのは「武器が欲しいです」という言葉で、罰則規定が無い労基法は意味が無いとまで言われてました。

                 018_2

 この話はもう既に2月のことでして、これからも会社との対決は続くのです。
まあ、この先どうなる事やら。顛末は時系列を追って、いずれブログにもアップします。

 労基署というのはどういうものかと思っていた。
労働基準法というものが、「労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない」という原則があるのです(Wikipedia)それに沿った仕事をこなしているのでしょうね。
もし、会社の労働条件に疑義がある場合、一度相談に行ってみれば?

« 非正社員19万人失職 | トップページ | マスゴミの決算特別ネガティブキャンペーンも3月末で終わったのか »

仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 私は、個人事業主なので、労働基準法等の適用を受けません。
 中には、度を過ぎたダンピング交渉、過度なサービスの要求などがあり、最低賃金の確保が難しくなることも。
 手間損な仕事は、事前にお申し付けいただければ、丁重にお断りするのに、仕事終わってから値引き交渉って、食い逃げと一緒です。
 そうすると、賃金の受け取り方、最低額等が保障されているサラリーマンがうらやましくもなるのですが。

 役人や大企業を取り締まるような法律って、たいてい、罰則規定がないか、グレーゾーンや抜け道があるんですよね。

 よほどの社会問題にならない限り、労働者、中小企業事業主は、なかなか政治や大企業に振り向いてもらえません。

 そこへ行くと、派遣切りは、相当な社会問題ですが、それでもなお、みんな、振り向かないんですよね。

コメントありがとうございます。
そうですね。個人事業主、自営業の方は労基法の適用を受けないんですね。
今の法律というのは、仰るとおり必ず抜け道があったり、「但し~この限りではない」という文言がついて回ります。
それらが、最近のニュースなどによく表れています。

俸給生活者と違い、自営業者の方は厳しい荒波を超えておられるのは、想像に難く有りません。
でも、「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」という時代じゃなくなったのも確かなようですね。
大企業は、人を人として扱っていないのは間違いないでしょう。
それがひいては、国力を貶めている事に気づいてないのか、それとも気づいてるのに知らん顔を決め込んでいるのか。
私には判りません。
おそらく、後者だとは思っています。

今晩は。
いい桜ですね。青い空もすっきりです。湯川秀樹博士は少年の頃、桜花から漏れる光の美しさに魅せられ、後年その経験があの中間子理論の着想に結びついたと、自分で書いておるのを読んだことがあります。労働者は団結が命だと思っております。しかし、役員の方は大変ですね。頭が下がります。皆さんの活動で、私達一般人も生活や権利を下から支えていただいていると思うと感謝の気持ちでいっぱいです。法律があり、労働基準監督署があっても、壁もあるんですね。政治家、政党は、立法をする際には罰則規定ももうけないと駄目なことが分りました。今度選挙をする時には各党の労働政策や労働組合への支援状態も考慮にいれて投票をすることにします。日本には明治維新後から素晴らしい労働組合の歴史もありますし、戦後憲法27条、28条、労働基準法、労働組合法等、一部改悪されたとはいえ、まだまだ優れた労働法がありますから、素人ながらいくらか学び、働く人たちを少しでも理解出来ればと思っております。それに孫達ももうすぐ就職する年頃になりましたから、役にたてることも出来ると思っております。

こんばんは~。
hamhamさん、今日はあなたに気に入って頂いているようなので、新しいさくらの写真を撮って参りました。
新しいスレもご覧ください。今回も気合が入ってますよ~。(笑)
ところで、私は組合の運動をしていますが、(名ばかり委員長です)そんなに偉くもないし、ただの小間使いです。
しかもこの4月で、めでたく?無職になりました。(^^ゞ
ああ、どうしよう(T_T)
でも、こうしていろんな方とお知り合いになれて、これからの人生のモチベーションになっています。
これからもよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/44544802

この記事へのトラックバック一覧です: 労働基準監督署に行ったのです:

« 非正社員19万人失職 | トップページ | マスゴミの決算特別ネガティブキャンペーンも3月末で終わったのか »