フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 労働組合結成日記 ⑨ | トップページ | 労働組合結成日記 ⑪ ~了 »

2009年2月17日 (火)

労働組合結成日記 ➉

 組合結成という事では、この話も終わりに近づいた。
⑧のなかで、>1月21日に会社側に結成通告を行ったことで、整合性がとれる結果となった<と書いたが、それはこれからも雇用が有るものとして要求書を提出している訳で、22日に雇い止めを言い渡された後に、この要求書を出しても、変な要求になっていただろうと言う事だ。

               006

 1月22日、私たちは夜勤だったのだが、食堂に集まるように言われた。
会社から、取締役(昨日結成通告に立ち会った人)管理課長、係長ら3人が待っていた。「派遣先の非常に厳しい生産受注状況、そして世界的な不況もあり、やむなく3月末での契約終了という事になりました」

何人かの人は、驚いたようだった。私は比較的冷静に受け止めたが、中には興奮した様子で「勝手すぎる」などという人もいた。
3月は出勤せず自宅待機で、賃金の60%支給だと言う事も併せて言われた。

「会社都合による解雇ですか」と私は訊いた。
するとこの時、取締役は「そうです」と答えたのだが、後の団体交渉で彼はそんな事は言っていないと前言を翻した。
あくまでも契約満了による、雇い止めだと云うのである。

この会社発表を聞いてから、かなりの人が組合に加入する意思を見せた。やはり首を切られると言う事がわかって初めて、行動するものなのか?
私が盛んに組合の勧誘をした人の中に、「会社の話を聞いてからだな」となかなかウンと云わなかった人も、発表後すぐ「組合に入るよ」と言って来た。

 やはり会社に対して【何もなければ】組合などと事を荒立てたくはないのだろう。宮仕えの悲しい性というか、会社に睨まれたらやりにくい・・という意識が働くのか。
そう云えば私もそうだが第一邪魔くさい、組合を作るなんて。そう思っている人はかなり多いのではないのか。

今、派遣切りや、労働条件等でお悩みの諸兄。
もし労働組合がなければ結成して、堂々と会社にものを言った方がいいと思う。
それは自分自身の為でもあるし、家族の為にもなると思う。解雇が撤回できなかったとしても、必ず有益な事はある筈だ。

私のような派遣労働者もそうだが、これからは正規雇用の社員も解雇という流れになって行くであろう、先行きの見えない世界的な不況である。
世界に冠たる日本のトップ企業が派遣切り、社員整理するからといって続々と人員整理をする、現在の雇用情勢はどう考えてもおかしい。
安易すぎると思うのだ。

« 労働組合結成日記 ⑨ | トップページ | 労働組合結成日記 ⑪ ~了 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/44092280

この記事へのトラックバック一覧です: 労働組合結成日記 ➉:

« 労働組合結成日記 ⑨ | トップページ | 労働組合結成日記 ⑪ ~了 »