フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« カニ食べ放題ツアー (上) | トップページ | TV業界下請いじめ是正へ »

2009年2月22日 (日)

カニ食べ放題ツアー (下)

 途中、蒜山(ひるぜん)高原あたりに残雪が残っていた程度で、非常に暖かい日でした。
私たち夫婦は、申し込み順のせいかバスの最前列の席に座らされました。
横の席は30代後半から40代、という感じの男性二人連れ。

後ろの席が、奥様方(おそらく60代)3人連れですが、「こういうツアーはしょっちゅう行ってますわよ。」という風でこの前のバスはどうたら、添乗員がこうたら、料理がどうやらと、かしましいことこの上ないのですね。
「ま、こういうもんよ」と、妻と顔を見合せて笑ったのです。

           034

      境港の海産物センター「がいな、鬼太郎」抱えてるのはカニです。

がいな、とは大きいという意味だそうです。
当地はいま空前の「だんだん」ブームだそうで、私はNHKなんて一切見ないたちですから知らなかったのですが、なんかドラマでこの地方が舞台らしいですね。
途中寄ったお土産海産物センターでも「だんだん」が溢れかえっています。無知もいいところっすね。

この直前、境港所属のカニかご漁船がロシアに拿捕されていた、という事も全然感じさせず、のどかな雰囲気です。(あたりまえ)

このあと、松江によって松江城堀川こたつ舟遊覧(オプション)というものが有り、私たちはパス。
その代り、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)記念館に行きました。

           040

             < 右側が松江城のお堀です>

小泉八雲というお人は、松江には1年3か月しか居なかったそうで、直ぐ九州・熊本に行ったそうです。
その理由というのが、「寒いから」というもので笑っちゃいますね。

帰りのバスも件のおばは・・失礼sweat01奥様方はずーーっと喋りっぱなしで、休憩時に居ないのを見計らって、横の男性2人連れが「うるさいおばはん達」と言ったので、思わず目と目が合い【にっ】と笑った私です。

« カニ食べ放題ツアー (上) | トップページ | TV業界下請いじめ是正へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/44139448

この記事へのトラックバック一覧です: カニ食べ放題ツアー (下):

« カニ食べ放題ツアー (上) | トップページ | TV業界下請いじめ是正へ »