フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 朝日新聞130周年 | トップページ | 労働組合結成日記 ① »

2009年1月30日 (金)

There Goes Rhymin’ 

以前書いた記事の中に、ポールサイモンの「ひとりごと」というアルバムのことを書きました。

原題は「There Goes Rhymin’ Saimon」
これに関して思い出したことが有りまして、若かりし日、漫画家を夢見ていた時のこと。

今では超有名な漫画家、柴門ふみさんがメジャーになる少し前、「Rhymin’ Fuming」という単行本を出しています。

「さいもん」という読みと合わせて、Rhymin’という単語、ポールサイモンのファンだったのかな?と今でも思っているのですが。
それはさておき、その後彼女は講談社「ヤングマガジン」紙上で「P.S.元気です。俊平」を連載します。

いや、その、別にワタクシと何の関連もないのですが、ちょうどその頃、マンガの投稿に明け暮れていまして、駄作を講談社に送り続けていました。
ヤングマガジンは創刊したばかりでして、新人を積極的に起用していたようです。創刊したばかりでチャンスは多いと勝手に思い込んだのですね。

幸か不幸か、ワタクシの愚作が月間新人賞の佳作に選ばれました。佳作と云うのが、いやはや何とも・・・。(^^ゞ
当時で確か・・1万円を3か月だったかなー?奨励金として頂きました。
何しろ30年前の事ですからね。はっきり覚えていません。

ある日、講談社から連絡が有りまして、新人賞受賞の人たちと懇親会みたいなものを開くから、東京へおいでとのお達しです。
喜び勇んで、東京へいきましたよ~。ヽ(´▽`)/

その当時の編集長さんの挨拶で、「柴門ふみさんみたいな、優秀な新人さんがこの中から、是非たくさん出て欲しいです」と云うような事を聞いたような覚えが有ります。

ポールサイモンのアルバムの事を書いて、そんな事もあったなと、思い出した次第です。

その時に来ていた、漫画家の卵たちの中で、ワタクシの知る限り、今でも現役で活躍している方は、「片山まさゆき」さんだけですね。

« 朝日新聞130周年 | トップページ | 労働組合結成日記 ① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/43903140

この記事へのトラックバック一覧です: There Goes Rhymin’ :

« 朝日新聞130周年 | トップページ | 労働組合結成日記 ① »