フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

There Goes Rhymin’ 

以前書いた記事の中に、ポールサイモンの「ひとりごと」というアルバムのことを書きました。

原題は「There Goes Rhymin’ Saimon」
これに関して思い出したことが有りまして、若かりし日、漫画家を夢見ていた時のこと。

今では超有名な漫画家、柴門ふみさんがメジャーになる少し前、「Rhymin’ Fuming」という単行本を出しています。

「さいもん」という読みと合わせて、Rhymin’という単語、ポールサイモンのファンだったのかな?と今でも思っているのですが。
それはさておき、その後彼女は講談社「ヤングマガジン」紙上で「P.S.元気です。俊平」を連載します。

いや、その、別にワタクシと何の関連もないのですが、ちょうどその頃、マンガの投稿に明け暮れていまして、駄作を講談社に送り続けていました。
ヤングマガジンは創刊したばかりでして、新人を積極的に起用していたようです。創刊したばかりでチャンスは多いと勝手に思い込んだのですね。

幸か不幸か、ワタクシの愚作が月間新人賞の佳作に選ばれました。佳作と云うのが、いやはや何とも・・・。(^^ゞ
当時で確か・・1万円を3か月だったかなー?奨励金として頂きました。
何しろ30年前の事ですからね。はっきり覚えていません。

ある日、講談社から連絡が有りまして、新人賞受賞の人たちと懇親会みたいなものを開くから、東京へおいでとのお達しです。
喜び勇んで、東京へいきましたよ~。ヽ(´▽`)/

その当時の編集長さんの挨拶で、「柴門ふみさんみたいな、優秀な新人さんがこの中から、是非たくさん出て欲しいです」と云うような事を聞いたような覚えが有ります。

ポールサイモンのアルバムの事を書いて、そんな事もあったなと、思い出した次第です。

その時に来ていた、漫画家の卵たちの中で、ワタクシの知る限り、今でも現役で活躍している方は、「片山まさゆき」さんだけですね。

2009年1月25日 (日)

朝日新聞130周年

 今日は本当に寒いです。
最近このブログも更新してなくて・・・。

四国でも山々は白いものを頂いてます。
本日1月25日は朝日新聞が創刊130周年だそうで、朝刊に創刊号が折り込みされていました。明治12年(1879年)1月25日創刊。

印刷状態も悪く、拡大されていないし、国語力不足と相まって判読するのに苦労します。
最初に官令・次に大阪府録事・そして雑報と続いています。
皇室の歌会初めの儀が雑報の欄のトップなんですね。

ワタクシがはっきり理解したのは、雑報のひとつ【府下長堀川の鰹座橋は大破に附き近日懸替の着手になると】という記事です。

たった一行で、現在の大阪市西区の、長堀通りと新なにわ筋の交差点にある鰹座橋が壊れたという事を伝えてます。
どんな原因で大破したのか不明ですが。
そうかー、近日懸け替えの工事を致しますとの事ですね。

でも感じるのは、こうして130年前の記事をパソコンで打っていると、変換の難しいこと、他になし。と変な旧文体になります。

それにルビを振っていて、これは当時のものなのか不明ですが、このルビが読めない。当然旧仮名遣いです。(^^ゞ

今こうして書いてる文章も130年後の人々はすんなり読めるんでしょうか?
そんな事考へたのは今日の事と聞く。(明治風で締めくくりました。)

2009年1月20日 (火)

古い話で恐縮ですが

ワタクシ、音楽的なセンスは持ち合わせていませんが、高校時代このレコードを聴け、とか言って勧めてくれた友人がいまして、そいつがピンクフロイドやビートルズの「サージェントペッパーズロンリーハートクラブバンド」、ディープパープル「ライブインジャパン」、シカゴ「長い夜」etc・・・

色々教えてくれました。中にはニールヤング「心の旅」なんてのも有りましたっけ。彼の好みに合わせて聴いていましたが、その内に自我に目覚め、自分でレコードを探すようになりました。

自分で何とはなしに購入したアルバムに今、結構名盤だったんじゃないかというようなものがあったようでした。
例えば、エリック・クラプトン「461オーシャンブールバード」ポールサイモン「ひとりごと」ブルーススプリングスティーン「明日なき暴走」などなど。考えればあの当時今ほど情報が有る訳はないのに、当たりが良かったということは、それだけ良いアルバムが多かったのでしょうか。だってレコード屋でジャケットとそのものと、聞き覚えのあるアーチスト名だけで選んでたんですから。

彼はその後、プロのドラマーに成ったようでしたが、その後疎遠になってしまい、遠く離れた土地に移り住んだワタクシは、消息を知りません。
今もミュージシャンをしているのかな。

もう35~6年前の古い話でした。

その昔

音楽の話題ついでに、ワタクシの音楽遍歴なぞを、と言ってもそんな大したものはないけれど、ちょっと聞いていってみて。
世間では、おやじと言えば、演歌に焼酎、加齢臭。
焼酎、加齢臭はそうかもしれないが、ドッコイ今でも演歌は聴きません。(何故か訳は知らない七五調)

そう言いながら、どっぷり演歌調だし。

ワタクシが青春を送った70年代、勿論ビートルズも聞きました。
でも、あれは私たちの兄姉の世代。僕達は(いきなり僕達かよ)
「グランドファンク」WE ARE AMERICAN BAND
「ディープパープル」HIGHWAY STAR
ちょっとミーハーで、「スリードッグナイト」JOY TO THE WORLD
そんな年代なんです。

中でもワタクシ、ハマったのが「ピンクフロイド」【狂気】
いやー、邦題がすごいですね。今ならレコード会社のディレクターがこれを考えても、絶対却下ですね。その他ピンクフロイドの邦題で「原子心母」なんてーのも有りましたが、原題は「ATOM HEART MOTHER」だそうです・・・。

ワタクシの後輩にこれまたロック好きがおりました。こ奴は当時スティーブン・タイラー率いる「エアロスミス」にぞっこんでして。
爺さんになっても、ロック爺さんになるんです。と息巻いておったがその後どうしたかな。

やはり、ワタクシと同じように演歌は聴いてないんだろうか。
だけどごめん、今はロックは疲れて。
ゴンチチばかり聞いてます。

ピンクフロイドの「狂気」、このアルバムは、もし20世紀の名盤選定委員なんかになった日にゃ、間違いなく1位を推薦するでしょうね。ワタクシは。

2009年1月19日 (月)

南の島

100年に一度と云われる未曾有の不況に、毎日こう寒いとこんな日本は飛び出して、南の島にでも行きたい。
かといってそんな金もある筈もなく、てっとり早い現実逃避はないのかな、と考えていたら、そーいや昔1980年ごろワタクシが毎日聞いていた音楽を思い出しました。

大瀧詠一「 LONG VACATION」。
ちょうどこの頃、もうホントに嫌な事ばかりで本当に逃げ出したい事ばかりで音楽ももちろんですが、このジャケットをずーっと眺めていましたね。

 今のCDじゃ現実逃避もできませんね。やっぱりでかいLPのレコードサイズじゃないと。
「カナリヤ諸島にて」なんて、未だにどこに有るのかさえはっきり判らんくせに、あんなプールが有るんだろうなー、なんて心は北アフリカにある島々に思いを馳せていましたなー。

それに若かかったし。

でも今の方が良いか、やっぱり。
ところで、カナリヤ諸島って、スペインのテネリフェってサッカーのクラブチームが有ったんでしたっけ?間違ってたらごめんなさい。

2009年1月17日 (土)

Jリーグあれこれ

以前から日本代表と云うより、(特に現監督は、ありていに言えば好かんと云う事も有り)クラブチームが好きなほうでして。
海外のリーグは勿論レベルが高いのは分かっているんですが、観戦するモチベーションが高まらないというか。

やはりおらが地域のチームを応援する方が、がぜん盛り上がるのはワタクシだけでしょうか。それにJリーグ入りを目指してチームを立ち上げ、奮闘努力する様を見るのは、サクセスストーリーと相まって関係がない地域のチームでも自然と注目してしまいます。

今年はJ2リーグに栃木、富山、岡山の3チームが加入し全18チームで総当たり3回戦制で51試合を戦うハードな長丁場リーグを行います。
だけどね、3回戦制と云うのはちょっと・・・。
ナビスコカップにJ2を参加させるという方法もなかったのかな、と思うのですが。

リーグの春・秋制から秋・春制にと云う話も、賛否両論あると思いますが、個人的には秋開幕を採用し、ウィンターブレイクを1月から2月まで取り、6・7月をオフシーズンとする案を推したいと思います。こうすれば国際マッチ期間の選手の疲弊も若干緩和されないでしょうか。

ともかく、熱いリーグが展開することを期待しますね。
ところで今年こそ、必ずJ1に上がれるんでしょうね、セレッソ大阪。(^^ゞ
香川や乾など、若い力でもぎ取れJ1。たのんまっせ!

ミスターセレッソ・森島寛晃選手

いささか旧聞に属しますが、2008年のシーズンをもってセレッソ大阪の「ミスターセレッソ」森島寛晃さんが引退されました。
サッカー選手の実働期間は短い。でも18年間ヤンマー・セレッソ一筋お疲れ様でした。

94年頃だったと思うが、ヤンマーからセレッソへと変わるドキュメンタリー番組で、吉村大志郎監督(当時)が「Jリーグで通用するのは森島だけだ」と言っていたのを思い出します。

以降彼を見るにつけ、成る程うなるようなプレーの数々。
セレッソでは遂に歓喜の瞬間を見ることは出来なかったけれど、96年の日本代表デビュー、対メキシコ戦でのゴール以来、2000年親善試合対フランス戦での僚友、西沢明訓選手との大活躍。勿論2002年のワールドカップでのゴール。
鮮烈な印象を残してくれました。

中でもワタクシ、特に印象的なゴールは、いつのオールスターゲームか忘れてしまいましたが、J-WESTの一員としてピクシーことストイコビッチの背後からのロビングパスを、背走しながら見事にとらえボレーでゴールに叩き込んだあのゴールです。
パスをした世界のピクシーでさえ、あんなゴールは初めて見たと言わしめたほどです。公式戦じゃなくマークも緩いという事もあるけど、逆に言えばあれぐらいの事は甘いマークなら、やっちゃう彼の凄さです。

ピッチを所狭しと文字通り神出鬼没に動き回る、精力的な彼のプレーがもう見られないのは本当に残念ですが、これからはサッカーの指導者として頑張って頂きたいですね。
選手の晩年は原因不明の首痛との戦いや、チームの不振など大変でしたが、体調を整えて第二の人生を踏み出してほしい。
地方の片隅から、こんなオヤジでも応援しています。

2009年1月13日 (火)

高校サッカー

鹿児島城西の大迫勇也選手が、首都圏開催以降の大会新記録の10ゴールを挙げました。
超高校級のFWである事は、疑いの余地はありません。

彼はJリーグの鹿島入団が決まっているそうで、これからの活躍が期待されます。
しかし、マスコミが彼を過剰に追いかけて、余計な心労やプレッシャーを与えてしまわないかと、老婆心ながら心配するワタクシです。

サッカーは野球ほどマスコミが注目していないので、例えば早稲田の斎藤投手みたいにモーニングショーが追いかける事はないかもしれませんが、中にはもう既に、日本サッカーの救世主か?などと言う向きも無くはありません。

FWの決定力不足を言うマスコミは多いです。
敢えて言いますが、やはり高校生年代の大会での彼の活躍です。
しかも最近では、Jリーグユースの方にも優秀な人材も沢山いるという現実も勘案すると、彼の活躍はそれはそれとして、長い目で見守っていくべきでしょうね。

テレビ局が中継するということも有り、注目度も高いこの大会ですが、過去の超高校級選手が、プロになってその後あまり芳しい成績を残せていない事実は枚挙に暇が有りません。

ですから、彼がJリーグで活躍し、得点王を争うようになってから、思いっきり騒げばいいんであって、今は静観するのがマスコミの正しい姿勢だと、個人的には考えます。
それにしても鹿島入団は他チームファンとしては残念ですが。
えっ?どこのファンか?ま、それはまたのお話と言うことで。

2009年1月12日 (月)

まあ、安くつくことっ!

パソコンに付属しているゲームで、フリーセルとかソリティアが有りますよね。
これにハマっているのが、ワタクシの妻でして。
ソリティアなんて3000回以上やっていますね。

まあ、飽きもせずよくやるもんです。
実はパソコンを購入した時に教えたのがワタクシでして。
以来、先生を差し置いて、今やすっかり上級者です。
しかもソリティアはクリアするのって、巡りあわせと言う感じじゃないですか?
ポイントも6400ポイントまで達成していまして、3000ポイントがやっとのワタクシは悔し涙のちょちょ切れです。

パソコンは1台しか無いので、取り合いなんですが、ちょっと風呂に入ったり目を離すと、画面にトランプが、だーっと並んでいるんです。

あっ!またっ。「また、しよるー」と言うと「えぇーがねー」
知人にそれを言うと、「うちの嫁も」との事。
女性はあのゲームが好きなんでしょうかね?

安くついて良いんですが。(^^ゞ

2009年1月 7日 (水)

昨日、行ってきました

001 さくらの湯

世間では、もう仕事が始まっていると言うのに、昨日温泉に行ってきました。

と言っても近場でして、愛媛県・東温市に在ります、「川内温泉さくらの湯」という所でございまして、この東温市、道路標示では「TOON」としているんですね、普通ローマ字表記だと「TOUON」となるところ、明らかに狙ってますね。

旧・温泉郡重信町と川内町が平成の大合併で東温市となったそうです。

お風呂のお湯は、肌触りがいかにも温泉ぽくて、ヌルヌル、つるつるするんですね。評判は@nifty温泉でも読んでいただけたらいいんですが、ファンは多いんじゃないんでしょうか。

一時間近く、露天風呂やジャグジーなんかをうろうろしてたら久しぶりに湯あたり致しました。「あー気持ち悪い」なんて思いながら、10分程、動けませんでした。

疲れたのでブログも更新する気がなくなり、なんだかなーと言う風な、くたびれおやじでございました。

2009年1月 5日 (月)

煙が目にしみる

003 遅い夕焼け

たばこを止めて、もう既に4年近くになります。それまで30数年間吸っていて50歳になった時に止めました。
えっ?!たばこは二十歳からですよね。少し計算が合わないんですが、ま、まあその辺は時効と云う事で勘弁して下さい。

昔は、一服と言う言葉が示すように、仕事の合間、休憩時間になれば必ずたばこでしたね。
たまにたばこを吸わずにボーッとしてたら、隣の先輩なんかが「ほれ、たばこ無いのか?」と言いながら、たばこの箱を上下に振って差し出してくれたものです。

今、喫煙人口もかなり減少し、世の嫌煙権運動も盛んになり、肩身の狭いスモーカーも多いと思います。
ワタクシもテレビのニュースなんかで、嫌煙権を声高に言う人のコメントを聞くと「何言ってやがる、喫煙権はどうなんだ!」とテレビに向かって怒鳴ったりしてましたね。

それを聞いていた妻は、やかましいおっさんと思っていたのでしょうね、最近その手のニュースが流れると、「何も言わんの?」とつっこんできます。
「いや、ま、その、たばこは体に良くないから・・」ともごもご。
変われば変わるもんです。「得手勝手な」と云う妻に「誰が、エテ公やねん」
とさんまさんと間寛平さんのおなじみのギャグで逃げるワタクシでした。

2009年1月 4日 (日)

よーやるわ

スーパーや家電量販店などで、良く見る光景なんですが、マッサージチェアーというのですかね?あの展示ブースでマッサージの具合をお試しになっている方々を見ていますと、失礼ながら笑ってしまいそうになるんですが。

気持ち良いんでしょうねー、中には口を大きく開けて爆睡モードにきっちり入っている人がいます。
良い悪いじゃなく、ワタクシ思うんですが、恥ずかしくないんですかねー。

お店側も【このチェアーでの、御飲食、ご休憩は遠慮願います。】と大きく表示しています。ご休憩はともかく、御飲食する人がいるんですか?まだ見た事はないですね。

マッサージ中のご自分のお顔を写真にとって後で見れば、きっと恥ずかしくなると思うんですが・・・。
若いお客はほとんどいません、まあ、一般に言う「おじん、おばん、おっさん、おばはん」ばかりですね。

マッサージを受けてあまりの気持ちよさに寝てしまうほど、お疲れなら外へ出かけずにおうちで安静にしておけばよいものを。
よく解りませんねー。


あと、スーパーで驚いたのは、ベーカリーコーナーでのひとこま。
向こうからやってきたおっさんが(ワタクシもおっさんですけどね)歩きながらパンをヒョイッと取り上げ、口に放り込み、そのまますれ違って行きました。その速さに驚き、ええっ、良いのか??と一瞬思いました。
よく見ると試食のパンですが、うーん、買いもしないのによくやるわ、と言うのが素直な感想ですね。口をモゴモゴさせながら平然と去っていくおっさん。同じおっさん世代としてワタクシはどうなのかと思いますが。

どちらの件もそうですが、当然買わないんでしょうね、パンもマッサージチェアーもね。何度も言いますが、良い悪いじゃなく、よーやるわと云うしか有りませんね。

2009年1月 3日 (土)

今までありがとう、そしてさよなら!

トラックバックに初挑戦でございまして、やはりここはトラックバック野郎でしょうと言う事で、投稿させて下さいまし。

今までありがとうと言えば、何か自分で使用していたものが、まず一番に思い浮かぶのですが、去年さよならしたマイグッズは自転車なんです。
ありがとうと言う間もなく去っていったんですね、つまり盗まれたんだよ!と急に怒りがふつふつ。まだ一年ちょっとしか使用してないのに(`ε´)。
しかもですよ、自宅の前で。カギは勿論。

代わりに鍵をぶっ壊してある、古い自転車が置いてましたな。乗り換えたのかよ。腹立つなー。
ここはきちんとありがとう、と言ってお別れした感が欲しいので、周りを見渡しましたら・・・、有りました!電気炊飯器が。8年使用したものです。001 新しいのを買ったのにまだ有ります

炊飯器は内釜なんだそうで、古い方は内釜のテフロンが剥がれていました。

こうして物にも今までありがとうと言って感謝の気持ちを表すのに、昨今の人を使い捨てるような雇用情勢、どうなんですかね。と、いつになく社会派で締めくくるワタクシです。

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/332/43446629 トラックバック野郎さんのURLです。

2009年1月 2日 (金)

初夢

初夢はご覧になりましたか?1月1日の夜に見る夢を初夢とするか、今日1月2日に見る夢をそう云うのか、諸説あるそうですが、ワタクシ最近とんと夢にはご無沙汰でして、ほとんど見ませんね。
寂しい事です。夢を見なくなることが年をとった証拠なんですかね。004_2

縁起の良い夢と言うのは、一富士二鷹三茄子と云うそうでして、富士は判るんですが、茄子と云うのはどうなのか?調べますと【成す】から来てるそうです、何事も成し遂げたことのないワタクシには耳の痛い話です。

最近と言ってもかなり前ですが、釣りなどしないワタクシが何故だか釣りをしておりまして、しかも40センチクラスの真鯛を釣り上げる夢を見たことが有りまして、「これは吉兆だ、絶対良いことがある」そう思ったワタクシ。
翌朝妻にその話をし、「何か良いことがある」だから「宝くじを買ってきて」。

宝くじを買ってこいと云うのがせこいところでして、情けない話ですが、それに何の疑いも反論もなく、宝くじを買いに行く妻も妻ですが。
ところがです、その時買ったスクラッチで2000円当たりました!
うーん、当たった事は大変嬉しいのですが、そうかー、2000えんか~。

ホントにびみょーな喜びでしたね。
その話を釣り好きの知り合いに話したところ、「40センチクラスの鯛やったらそんなもん」とあっさり言われてしまいました。(^-^;

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年です

本年もよろしくお願い致します。
ざーっと眺めただけでも、皆様、新年のご挨拶のブログでございますねー。
ワタクシ生来の天邪鬼でございまして、他になんか無いのかと、思うような屈折した性格でして…かと言って素晴らしい論文もある筈もなく、まあ「結局のところ個人のブログですからー」なんてお茶を濁すことになるんですが006 本文とは関係ありません

最近(でもないか)少し気になるのが、「あけおめ」と言う言葉ですね。
【あけましておめでとうございます】を略すと「あけおめ」。
ただ単に短縮するだけなら、「ましとう」でも「あけござ」でも構わないと思うんですけど、そうなると何のことかさっぱり判らないという弊害が有りますが。

ま、流行に鈍感なこのおっさんでも「あけおめ」は理解できますけれど、「メリクリ」はメリークリスマスの略ここまでは、良しとしてですよ。
「メ●ーク●スマス」の●の所に【リ】じゃなく、【ソ】を当てはめて書く人もいるんですね。
ま、ギャグなんでしょう。ある意味理解はしますがねー。笑えるほどじゃ有りません。

その昔、「チョベリバ」なんて言うのも有りましたが、要するにその時の流行なんでしょうね。今時、チョベリバなんてセリフ聞きませんから。
これを、短縮形にすると・・・。
【そのむか、「チョベリバ」云う有り、要流、「チョベリバ」セリ聞きせん。】
おおっ解りやすいっ!・・・どこがやねん
こんな風に日本語も乱れて行くんですね。

そんなこんなで、今年も「よろおね」。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »